今注目のニュース
ひとり暮らしの高齢男性の命を郵便配達員が救う
「溢乳」って、どういう意味かわかる? 保育士業界の専門用語クイズ
「教育虐待」された子ども、気づかずしてた親の思い

インターネットサービスプロバイダ単語

インターネットサービスプロバイダ

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

インターネットサービスプロバイダとは、インターネットへの接続を提供する事業者のことである。略して「プロバイダ」「ISP」とも言う。

概要

プロバイダと言われてもピンとこない人もいるかも知れないが、具体例を挙げると@niftyとかBIGLOBEとかOCNのような、インターネット接続の契約を受け付ける事業者だと言えばわかるのではないだろうか。

インターネットサービスプロバイダの守備範囲

ダイヤルアップにせよADSLにせよにせよ(スマホにせよ)、インターネットに接続している人は、NTTなどの回線事業者とNTTコミュニケーションズなどのインターネットサービスプロバイダの2ヶ所に々の支払いをしていることと思う。

インターネットに接続」という一つのことをするのになぜ2ヶ所に支払いをしなければならないのかと疑問に思ったことはないだろうか。以下でADSLを例にとって説明してみよう。

ADSLは既存の電話回線上に通話音とは別にデータ信号を送受信しインターネットに接続する技術である。

自宅・オフィス 基地局 インターネット
個人 ISP 回線事業者 ISP
PC- -ADSLモデム- -スプリッタ-
|
電話
電話回線

電話交換機 ISPサーバ(ルータ) ISPバックボーン

他のISPとか

インターネットへの接続を実際に提供しているのはISPであるが、ISPは自社の装置とユーザーの自宅をつなぐ手段がないので、電話回線という物理的接続とADSLという技術を利用してユーザーPCと通信するのである。

回線事業者事業者によってADSLでも細かい点に多少違いはあるし、なら電話回線がファイバーになったりするが、どの場合でも基本的な考え方は上記の図式とほぼ同様である。

つまり、自宅から基地局までの料が回線事業者から請され、基地局からインターネットに接続する料を請しているのがISPということである。

ISPと回線事業者の混同

原因

  • インターネットを申し込むときは、回線事業者の手続きとISPの申し込み手続きが一括してできてしまうことが多い。
  • 回線事業者とISPである基地局はユーザーからは見えず、また、基地局というものになじみがないのでイメージがわきにくい。
  • さらに回線事業者がグループ企業に名前の似たISPを有していることが多い。

こういった事情により、回線事業者とISPの区別を理解できないユーザーが結構な数存在する。

スマホでは回線(電波)の事業者(キャリア)がISP事業者を兼ねているため、さらに混同しやすいと思われる。

混同の弊害の具体例

突然インターネットに繋がらなくなった」「最近インターネットに繋がりにくい」といったような故障相談をするときに、回線事業者の窓口に相談しようと思うかもしれない。

だが、上記の図を見ればわかるように、回線事業者はモノとしての回線提供しているに過ぎず、モデムや電話回線上のデータ通信サービスバックボーン回線などは回線事業者の管轄外である。

そういう場合はISPに連絡すれば、ISPから回線事業者に回線の調整依頼をかけてくれることもあるので、ISPに相談する方がよいと思われる。

ニコニコ大百科内に記事のあるインターネットサービスプロバイダ事業者

※事業者名あいうえお順。ケーブルテレビや一部光回線等、回線事業者とISPが一体化しているところも含む。

事業者名 ブランド 対応回線 その他備考
朝日ネット ASAHIネット フレッツ
ドコモ光
auひかり
ドコモMVNO
WiMAX2+
ADSL
ISDN
ダイヤルアップ
インターネットイニシアティブ IIJmio ドコモMVNO
au MVNO
光コラボ
hi-ho フレッツ
光コラボ
ドコモ光
コミュファ
ADSL
ドコモMVNO
・かつては松下電器産業下だったが
IIJに身売りされた。
NTTコミュニケーション OCN フレッツ
光コラボ
ドコモ光
ドコモMVNO
ADSL
ISDN
ダイヤルアップ
NTTドコモ iモード
モペラ
SPモード
ドコモnet
ドコモ直系回線
ドコモ光
ドコモ光用のISPドコモnet」のリモホ
OCN扱いになる模様。
NTTぷらら ぷらら フレッツ
光コラボ
ドコモ光
ADSL
ISDN
ダイヤルアップ
ドコモMVNOは撤退済。
金沢ケーブルテレビネット ケーブルインターネット
ケーブルかがやき
CATV
グッドコミュニケーションズ シナプス フレッツ
光コラボ
ドコモ光
ADSL
ISDN
ダイヤルアップ
ケイ・オプティコム eo
mineo
eo
ドコモMVNO
au MVNO
KDDIグループ au one net フレッツ
auひかり
コミュファ
ダイヤルアップ
・旧名称は「DION」。
BIGLOBE フレッツ
光コラボ
ドコモ光
auひかり
コミュファ
WiMAX2+
ドコモMVNO
au MVNO
ADSL
ダイヤルアップ
・かつてはNEC下だったが
KDDIに身売りされた。
J:COM NET ZAQ
(ジュピターテレコム)
CATV
au MVNO
KDDI連結子会社
KDDIと住友商事の2社折半出資。
ソニーネットワークコミュニケーション So-net
nuro
nuroモバイル
0SIM
フレッツ
光コラボ
ドコモ光
コミュファ
nuro
ドコモMVNO
WiMAX2+
ADSL
ISDN
ソフトバンクグループ Yahoo!BB
ソフトバンク
ソフトバンクAir
フレッツ
光コラボ
ソフトバンクAir
ADSL
鉄道情報システム
(JRシステム)
サイバーステーション フレッツ
ADSL
ISDN
ダイヤルアップ
TOKAIホールディングスグループ @TCOM
TNC
LIBMO
TOKAIケーブルネットワーク
いちはらコミュニティー・ネットワークテレビ(あいチャンネル9)
厚木伊勢ケーブルネットワーク
イーストコミュニケーションズ(あすみが丘ケーブルテレビジョン)
エルシブイ(LCV-NET)
倉敷ケーブルテレビ
トコちゃんねる静岡
フレッツ
光コラボ
ドコモ光
auひかり
ドコモMVNO
CATV
ドリーム・トレイン・インターネット DTI
MeX
フレッツ
ドコモ光
auひかり
ドコモMVNO
ADSL
ダイヤルアップ
・かつては三菱電機下だったが
フリービットに身売りされた。
ニフティ @nifty フレッツ
光コラボ
ドコモ光
コミュファ
WiMAX2+
ドコモMVNO
ADSL
ISDN
ダイヤルアップ
・かつては富士通下だったが
ノジマに身売りされた。

ISP選びのポイント

光かADSLか

厳密には「ISP」選びではないかもしれないが、ファイバーか、ADSLか(および回線事業者)によって選べるプロバイダも異なるので、まず回線の種類を選ぶところから始まる。

ADSL
価格 安い。 高い。ただし、最近では低価格化が進んできている。
速度 遅い。といっても高画質動画の視聴や、大容量ファイルダウンロードなどの特殊な用途を除けば実用上問題ないことも多い。
ただしアップロード方向はさらに遅いため、一般開用サーバなどの用途には向かない。
速い。しかし、どんなに回線が速くても、通常は、接続先のサーバーが1ユーザーに割り当てる通信速度(帯域)を制限しているため、回線速度フルに生かされる機会には恵まれないことが多い。
電話 既存の電話回線はそのまま使える。 既存の電話回線を停止して、ひかり電話IP電話)に切り替えることが可。特に長距離通話料が大幅に安くなるが、110番にかけられないなど、細かな制限が複数あることが多い。
コスト的にはかなり不利になるが、既存の電話回線を併存させるという選択肢もある。
地域 都会ではまず問題ないが、田舎だと電話の基地局から遠くて、通信速度が落ちたりいきなり切断されたり繋がらなかったりする。 地域までファイバーケーブルが来ている必要がある。さらに、低価格な集合住宅向けのプランを選択するには、その集合住宅までファイバーが来ていなければならない。

料金

世の中ゼニですね。

たいていのISPは支払いはごとであり、その料は数千円であるが、1年に直すと数万円になる。3万円から買えるパソコン本体を探すときは1円でも安いものをめて血眼になるのに、ISPはなんとなくで選んだりしていないだろうか。

バックボーン

が安いからと安易にISPを決めると、バックボーン(ISPが他のISPと接続するためのインターネット回線)が細くて速度が出ず後で泣きをみることになるかもしれない。

ISPサービス名に~Mbpsと書いてあっても、その速度が出るわけではないので、ネット上での評判などを調べて(まったくネット接続環境がない人はたぶんこの記事を読めない)選ぶ方がリスクが少ないと思われる。

最近ではISP会員の劇的な増減はないが、新ISPが高速で評判がよいということでみんなが加入すると、急に人数が増え、混雑して逆に他社よりも低速になってしまうということが起こりうる。

他には、通信量があまりにも多いと、通信が制限されるISPもあるとか。もちろん常識的な使用量で規制するISPはないが、この辺になってくると情報表されていないことも多く、正確な情報を掴むのが難しい。また、、こっそりISP側の仕様が変わることも多く、せっかく調べたこともいざ加入すると役に立たなくなることもある。

その他

付加サービスの内容でプロバイダを選ぶのもひとつの手である。

例えば電子メールひとつを取っても、サーバーに保存できるメール容量や取得できるメールアドレスの数など、プロバイダによって違いがある。ホームページ用のスペース提供してくれる場合もあるが、その条件や提供方法はメール以上に多様である。

その会社が一般に対しては有償で提供しているサービス償で利用できる特典が得られる場合もある。

他にはIP電話などは細かく見ていくと各社で色々と違いがあることが分かる。

その他、サーバー開している人にとってはIPが固定IPかどうかというのも、ポイントになりうる。

もっとマニアックなところでは、2ちゃんねるISP規制(不正なユーザーを処分しないISPに対しISPごと接続を拒否する仕組み)にあいやすいかどうかというのが判断基準になる人がいるかもしれない。

他にはWinnyを使用するユーザーに対する規制の有など、特定の使い方をする人に対しては致命的になりうる隠し要素がある場合があるので注意が必要である。

インターネット接続にあまり詳しくない人であれば、サポートの手厚さも考慮に入れたい。プロバイダによっては、スタッフが訪問して配線や設定を手伝ってくれるサービスを用意していることもあるので、(慣れた人から見るとボッタクリの場合が多いが時はなり、)初心者はどんどん活用しよう。

IPv6対応

なにそれ?おいしいの?

心配しなくても必要になる頃にはみんな対応すると思います。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP