今注目のニュース
テレビアニメの映像を使って全編を再構築した「シュタインズゲート」のリメイク作『STEINS;GATE ELITE』のiOS版が発売記念セール【スマホゲームアプリ セール情報】
美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気
教員間暴行問題で“給食のカレー中止”に野口健「やめるのはカレーではなく…」

ToK単語

ティーオーケー

  • 2
  • 0
掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ToKとは、
1、同人ソフトサークルはちみつくまさん制作した同人ソフトである。正式名称は退魔ハチクマToK。
2、音楽グルーブ集団T.O.K.(ちなみにこちらもToKで検索すると動画ヒットする)
3、タイムオーバーキルの略(タイムオーバーデスとも言われる。ほぼ遊戯王OCG。昔の遊戯王公式大会のルールを利用した制限時間切れ勝利のこと)

ここでは1のはちくまRPGのToKを紹介する。

概要

ToKははちみつくまさんRPGシリーズ第四作(久瀬RPGは除外)としてコミックマーケット67にて頒布された。

KanonRPG(かのG)→AirRPG(えあG)→RomancingKanon(ロマカノ)→ToK(これ)→東方冥異伝

左から頒布順。

なお最初に発売されたのは前編であり、後編(完全版)も追って頒布された。同70にて前後編を全収録し、またクリアダンジョンなどを実装した(EXモード搭載)FinalEditionが登場した。

ちなみに、前々作AirRPGの続編的な作品であり1000年後の世界舞台
またAirRPGからToKの間の時系列に位置するのが東方冥異伝である。
そのため前作をプレイしないと分からないネタが多数出てくる、とくにAirRPGは必ずと言ってよい程やったほうが良い。

登場人物は主人公ゆきと(国崎往人)をはじめ、AIRKanonONEと言ったKey系の登場人物を中心としたメンバーでここに、一部の東方キャラクター(紅魔郷組 妖々夢組の一部)、オリジナルキャラクター若干混ざる構成となっている、久瀬斉藤などいつものキャラはもちろん、スピアードやナチ大佐など今作から登場するオリキャラもいる。

登場キャラクター


パーティメンバー
ゆきと(前述通り、主人公)。
前世はえあGの往人と同一。二年以上前の記憶がないが仲間に示唆されるまで自覚がない。
突如に出た母親を探して都市へとやってきた。人間タイプのため非常に成長させやすく、総合的に全トップクラス、後半は選択により専用スキルを2者1択で習得出来る。

・ランシア・・・外見の元ネタうたわれるものムツミ。ただしオリジナルキャラである。
西域無敵という師匠がいて、どこぞの東方不敗ドモンと同じような展開が待っている。技もそれっぽいのが多い。
勇者の肩書きを持つもいる。ゆきとと同じ人間タイプのため、アビリティ数や成長方法に優れており、としては申し分ない性を誇る。

川口さん・・・原作AIR。全身サイボーグな人。Sagaシリーズのそれと同じ。
武具の強さ=彼女の強さのため、レベル依存にならない特徴がある。
イベントではことあるごとに斉藤り倒す。産子なのか北海道方言である「なまら」をよく使う(注:なまらは一般的には北海道方言だが発祥は新潟である)。サイボーグシステム上その場しのぎのとしては非常に便利であり、前作ロマカノ斉藤べると非常に強化されており使いやすいのだが、1週ではどうしてもに不満が残ってしまう、2週以降になると・・・・・

斉藤・・・原作Kanon……だが、もはやはちくまの顔である。詳しくははちみつくまさんの項を参照。
Sagaモンスター互換であり、敵の細胞変身できるという特徴がある。
イベントではことあるごとにうわらばしそして生還する。そして終盤で大きな見せ場がある、というかキーパーソン
毎度の事ながら立ち絵が複数ある。細胞によって強さがまったく異なる上にスキルの引継ぎなど、ロマカノみちる同様やや成長にクセがある、その分うまく調整出来れば非常に頼りに出来る。

パチュリー東方作品から仲間になる人。ちなみに表記はパチュ。
表記には理由がある。原作で「パチェ」が初出したのは妖々夢EDであり、製品版発売と同時に開発が始まったため。また紅魔郷が発売した当時のユーザー達の称でもあった。
ちなみにレミリアも登場するが、この作品では友人関係ではなく従関係のため「お嬢様」と呼んでいる
(とは言うものの、レミィと呼ぶのは原作でもプライベートな時だけである。紅魔郷STAGE4参照。)
アルと遭遇し契約を果たす。その名残りが後作となる東方冥異伝でも残っている。
械術を彼女が使うのはこのせいである(ただしToKでは使わない)。
魔女であり装備によってステータス上昇が変動する特徴がある。原作の五行術も再現されている。

アル原作デモンベイン擬人化している世界最強魔術書
しかし今作ではでの逃亡中にページが散ってしまった為に弱体化している。
ページを取りもどすために主人公営に加わる。
械術という独自の技があり、支援、攻撃と臨機応変にこなす、物理反射スキル「イゴールナク」が強
彼女もまたモンスター細胞で強化されるという特徴がある、ただし細胞での上昇がシステム上後半から上がりにくくなっていくため、終盤以降(特にEX)では非常に成長させにくくなってしまう、別名本編での救世主

しおり原作Kanon主人公営が利用する宿屋のウェイトレス
彼女病弱であり、によって強化される。いや本当。
かけた額に例して彼女は強くなる。そして専用技ドーピング次第では人間系同様の成長率を期待出来るので較的使いやすい、アビリティ人間同様6個装備出来る。

・佐…まじかるな魔法使い
ラーニング出来るのは彼女だけ。上位魔女であり成長システムパチェに似てるが微妙に違う。

NPC

久瀬・・お染みの三ボス、今作ではいつもの久瀬四天王を率いての大会優勝補として登場。以外にもゆきと助けてくれる場面が多く、ロマカノまでとべてヘタれている部分が少ない。今作の裏主人公とも言うべき存在であり、彼がいるからこそのTOKである。

高槻・・お染みの天才物語序盤から登場しゆきとたちの邪魔をしてくる、今作から「チート」を多様するようになった、参ったぁ!

闇(ツクヨミ)・・・闘神大催者であり都市カリフ物語の鍵を握る重要人物であり、その正体は終盤で明かされる。

システム

前作ロマカノ自由成長に加えて、今作ではスキルシステムを採用しており、ロマカノべて多様性が非常に増した、ただし斉藤川口さんなど、一部のキャラは通常のスキルシステムとは違ったシステムのため、キャラによっても成長は大きく異なる。

また今までのターン戦闘からFFのようなセミアクティブ戦闘へと変わっており、敏捷の数値が今までよりも重要な要素となった、ヘイスト、ラピッドストリームなどの行動回数に影するスキルは非常に強となっている、このシステム変更により「やられる前にやれ」という傾向が強い。(4作東方冥異伝でもセミアクティブシステムを使用している)

はちくまRPGを含め、とてつもなく長い(前編&後編&EX)のでクリアには非常に時間がかかる、時間にゆとりを持ってプレイするように心がけよう、クリアするだけでも100時間以上はかかる。

その他

ネタはちくまの例に洩れず豊富であり、今作は前作もそうだったが特に聖闘士星矢ネタが豊富である。また北斗サガ系等からも多数のネタが含まれている。たとえばキャラクターシステムSaGaシリーズのものであるし、舞台設定等は闘神都市(アリスソフト)が元ネタである、過去作品ネタも当然あり。

最新作はぢきせを含め、本作TOKが今まで発売されているはちくまRPGの時間軸で最後の物語である、故にAirRPG冥異伝などとべて非常にインフレしており、登場人物たちの強さが他作品にべて段違いである。

関連動画

視聴は自己責任で。

久瀬戦は全はちくまRPG恒例の

 

関連商品

市場はないが、メロンブックスにて最終版のFE版・CE版がDL販売中。
FEDVDCECDなので対応した物を購入しよう。

関連コミュニティ

tokに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP