カエル(クロノ・トリガー)単語

カエル

  • 5
  • 0
掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

カエルとは、RPGクロノ・トリガー」に登場する、世界一かっこいいカエルである。

概要

A.D.600・中世の時代の人物で、を携えた騎士あふれる人物。
主人公クロノらが中世の時代に訪れた時点では隠遁生活を送っていた身のようで、事件を解決した後はどこかへ行ってしまった。
素性にはが多いが、そのの腕に加え、ガルディア王やリーネ王妃とも旧知の仲である事を匂わせる会話など、名のある人物だった事を伺わせる。

主人公クロノらと初めて会うのは中世の時代、の中の修院。
魔物によって王妃リーネが誘拐されるものの辛くも救出される・・・と言う本来の歴史に変わり、マールがこの時代に迷い込んでリーネ王妃と間違えられて「救出」されてしまったがために打ち切られてしまった本物のリーネ王妃を救出するため潜入した修院の中で、同じくリーネ王妃救出にきたクロノらと出会う。(この時点のカエルは別に歴史が変わってしまいそうになっていた事については知らないが)

を操り人を話すものの外見がどう見ても両生類カエルという事で、が苦手なルッカには敬遠されるも、礼儀正しい物に警心を解いたルッカ慢すると言う方向でクロノらと同行することになる。

 

中世と言う時代が王道ファンタジーに似た時代背景であること、挫折の過去から立ち直り魔を討つストーリー、そして勇気溢れるテーマ曲が合わさって、彼を世界一かっこいいカエルと評するファンは後を絶たない。

カエルの過去

本名はグレン。正正銘の人間であったが、呪いによってカエルの姿に変えられている。
かつてガルディア王騎士団長だった男・サイラスの親友であり、の腕だけならばサイラスをぐとも言われていたが、戦いを好まない性格から騎士団長になるのを固辞していた。

長い事戦争状態にあった魔王軍との決着を付けるため、聖剣グランドリオンを手にしたサイラスと共に魔王に挑む。
しかし及ばず敗北グランドリオンは折られサイラスは命を落とす。グレンも同じを辿るかと思われたが、魔王を前にして動けなくなったグレンを見たビネガーの進言により、命を奪わずカエルに姿を変える魔法をかけて逃がされる。

その後は後悔と自責の念の中で隠遁生活を送っていたが、リーネ王妃が誘拐されたと言う噂を聞いて再びを取る。

 

なおゲーム終盤で、呪いをかけた本人である魔王と手を組むか否かの選択を迫られる場面がある。
この時パーティメンバーカエルがいると、魔王との一騎打ちを選ぶ事も出来、この一騎打ちに勝つと魔王は倒れて死ぬ。
この状態でエンディングを迎えると、エンディング中に登場するカエル人間の姿に戻る。

ゲーム中の性能

を操る騎士であるため、クロノと同じ前衛戦士タイプなのだが、属性を持つため若干回復系の特技に寄っている。

特技名 消費MP 必要技P 効果
ベロロン 1 初期技 味方1人をめてHP回復
ベロロン 2 15 敵をベロで引き寄せて攻撃
若干の強い通常攻撃のようなもの
ウォーター 2 イベント 属性の単体攻撃魔法
ヒール 3 160 味方全員HPを中回復
ジャンプ斬り 4 250 高く飛び上がり落下の勢いをつけて敵1体に攻撃
ウォータ 8 400 属性の全体攻撃魔法
ケアル 5 600 味方一人のHPを大回復
かえるおとし 15 1000 巨大なを落として敵全体を攻撃
カエル自身のHPが少ないほど威上昇

魔法の特技)

総合すると、本人のステータス若干が低い程度で満遍なく伸びるオールラウンダー。
逆に言えばった部分を持たない器用貧乏とも言え、終盤は一人のみではかえるおとしをうまく使わないと決定に欠ける。
HPをうまく調整したときのかえるおとしはとてつもない威エイラの似た技の「きょうりゅう」よりも威倍率が若干高い)で、実質ラストダンジョンの”黒の夢”では割合ダメージカウンター行動、即死攻撃のオンパレードのため、HP調整と低HPの維持が非常に簡単。スーパーエーテルが大量にドロップすること、物理攻撃が通りやすいことも含めて、これはスタッフからのかえるおとしを使えというメッセージなのだろう。

武器若干ややこしくなっており、最強武器であるグランドリオンセット効果を持つアクセサリの存在もありトップクラスの威を誇るのだが、イベントアイテムであるため「強くてニューゲーム」で持ち越せない。他キャラが「にじ」や「クライシスアーム」などで最初から無双をする中、2ランクくらい下の「ブレイブソード」でやっていかなければならないのも決定不足の一因になる(初回プレイ時は関係ないし、序中盤なら十分の火力だが)。ただしどの武器も基本クリティカル率が23%と高めなことや、中盤のノーマルグランドリオン+勇者バッジの組み合わせが3ダンジョン先までになりうるほど強で、それ以降も魔法生物に2倍ダメージのデーモンキラーと魔+4でヒール回復を上げられるルーンブレイドの使い分けが強グランドリオンボス戦なしで簡単に手に入ることも相まって、基本的に武器にはかなり恵まれている(クロノには負けるが)。

価を発揮するのは連携に関わる時。
物理攻撃役も魔法サポート役もどちらもこなせるスタイルの関係上、どのキャラと組んでも大抵単体高威の連携技がある。相手の最強技を絡めた連携が複数存在するのが特徴で、カエルフレアあぐらおちぎりは連携によって相手側の火力を損ねることなく、自身の技の火力を上げることができる。
一応魔が低めである以上、ほぼ同じ効果の魔法で魔が高いマールのそれとべれば威が落ちてしまうが、カエル+他の戦闘キャラの連携技の中では、「やいばのたき」「アイスウィーター」「ひょうが」以外はカエルの魔を使わないため(ただし相対的威はともかくこの3つの連携自体は普通に有用)、どの場合結構な威が確保できる。

これは3人技の時も同じ事が言え、3属性の技をミックスする系の技(デルタストームなど)ではマールに担当させるバージョンべて単純に魔の分ダメージが落ちてしまうが、物理攻撃の3人技は非常に強く3次元アタックボストドメに最適。トリプルアタックやアークインパルスコストパフォーマンスに優れ、連発すると強

回復役としては、HP回復技を複数覚えるカエルマールロボの3者の中ではマールには魔で劣り、ロボには回復技の性で劣るため、回復も一番低い。それでも中盤でひとりで全体回復を行えることは非常に便利であり、連携では「ダブルケアルガ」「ベロロンキッス」という強かつ低コストな全体回復連携を使用可
強くてニューゲームを繰り返して、シャイニングを持つクロノフレアを持つルッカなど、最強魔法を持つキャラべれば魔の底上げをするのは後回しになりがちであり、カエルの魔カンストするのは相当後になるが、上記の連携は自身が低魔でも十分なほどの回復があり、逆に低魔のほうがヒール回復が少なく、かえるおとしの高威維持につながったりもする。ロボのようにポテンシャルを引き出すには相当なお立てが必要なキャラでなく、レベル50そこらまで上げただけでほぼ最強クラスキャラになりうる手軽さもカエルの魅といえる。

オススメのパーティの組み合わせはクロノエイラとの組み合わせ。3人とも物理攻撃に優れ、たたかうが安定して強い。カエルエイラの連携はコスト全体回復ベロロンキッス、単体をピンポイントで狙う物理攻撃あぐらおちぎりと攻守共に強黒の夢ではハヤブザぎり、かえるおとし、たたかうだけでほとんどAボタン押しっぱなしで戦闘をこなすことが可ボス戦もハレーションに対して、かえるおとし、きょうりゅうカウンター後ベロロンキッス回復グランドリオンエネルギー吸収、ピンポイントで顔面にみだれぎり、3だんキック、ひらいしん、あぐらおちぎり、3次元アタックと非常に黒の夢と相性が良い。黒の夢ボスからハレーションを受けたまま(小回復して)戦闘を終わらせられれば、低HPを維持したままラスボス戦を迎えることもできる。ラスボス戦も相手は複数で、属性攻撃を吸収する敵も交じっていたり、回復行動のためしばらく攻撃を仕掛けてこなくなったりするため、かえるおとし無双である。

関連動画

※注・何につけても大抵かっこよくなってしまうので、用法用量を守ってお使いください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 56ななしのよっしん

    2020/06/14(日) 12:06:30 ID: 9UglTph12X

    大体の人が最初に使う連携がXりで、カッケェんだよなw
    クロノクロスでもセルジュとグレンが使えるからスタッフはわかってるわw

  • 57ななしのよっしん

    2020/07/30(木) 21:17:21 ID: wBFa+5oCHs

    ネタバレしの状態で魔王との一騎討ちを回避できた人は居たんだろうか・・・
    少なくともにはあの状況で「いいえ」を選ぶ事は出来なかったわ

  • 58ななしのよっしん

    2020/08/23(日) 20:42:02 ID: IexaWeJsku

    >>54
    黒の夢からはかえるおとし

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/18(月) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/18(月) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP