今注目のニュース
指原莉乃、「何とも言えない」評判を発見し苦言 「なんでそうなるのか」
「出産に立ち会えない…」軍人に飛行機チケットをプレゼント
「思った以上に衝撃的」 海外のマクドナルドの看板がどう見ても偽物

デコード・トーカー単語

デコードトーカー

掲示板をみる(85)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

現れろ、未来を導くサーキット
アローヘッド確認!
召喚条件は効果モンスター2体以上
モンスターリンクマーカーセット
サーキットコンバイン
リンク召喚
現れろ、LINK-3!
《デコード・トーカー》!!

デコード・トーカーとは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ』及び遊戯王OCGに登場するカードである。

概要

遊戯王OCGでは、2017年3月25日発売のSTARTER DECK(2017)にて初めて登場した。
テキスト遊戯王カードWikiexitより引用

デコード・トーカー/Decode Talker
リンク・効果モンスター
LINK-3/闇属性/サイバース族/攻 2300
リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃は、このカードリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドカードを対とする相手の魔法モンスターの効果が発動した時、このカードリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。その発動を効にし破壊する。

コード・トーカーカテゴリに属するリンクモンスター
スターターデッキで登場した玉の新召喚法モンスターであり、共通する攻撃2300、メディアミックスでの活躍から、ジャンク・ウォリアー後輩のようなポジションである。

召喚条件である「効果モンスター2体以上でLINK-3」はかなり重めであり、通常では素材3体、リンクモンスターを使用しても2体にまでしか消費を抑えられない。
その上、効果を生かすならばさらなる展開が必要になるか、相手依存の強化の二択となる。さらに、メインモンスターゾーンではエクストラモンスターゾーン下でしかリンクできず、エクストラモンスターゾーンでは相手にエクストラデッキの広い使用を許してしまうデメリットが非常に重く、リンクマーカーを見ると非常に扱いづらい。

しかし、幅広い素材からリンク先が1体でも存在すれば攻撃2800という打点を手に入れられ、リンク先が2体ならば3300打点となる。こうなれば大抵のモンスター戦闘で破壊できるようになる。
また、(2)の破壊効効果も地味に役立つ。リンク先のモンスターコストにする必要があるため、(1)で得た打点が減少してしまうデメリットはあるが、自分フィールドカードが対である以外に対縛りは特になく、《デコード・トーカー》自身を守る以外にも使用の幅は広い。
特に採用率の高い《ツインツイスターのような魔法や複数対カードを発動された時にでも発動でき、自分の布を守ることができるのは非常に心強い。

採用するならば、やはりデメリットを承知でエクストラモンスターゾーンに置き、耐性アタッカーとして運用するのがよい。「紋章獣」など、少ない消費でエクストラカードアクセスでき、リリースを逆にアドバンテージに変えられるデッキだとなおよい。
同じ「コード・トーカーカテゴリに属するエンコード・トーカーとの相性は、リンクマーカーが噛み合うため較的良好。サポートカードを共有できるため、単純にサポート当てで使用するのも手。

メディアミックスにおける活躍

アニメでは、主人公藤木遊作(Playmaker)ハノイの騎士とのスピードデュエル中において使用したスキルStorm Access」によってデータストームから引き当て、エクストラデッキに加わったカード。その時は実体を持たないデータのみのカードだった。
効果はアニメOCGで変化はない。初登場時は(1)の効果が誤植で(2)と書かれていたが、ニコニコ動画における配信時に修正された。

攻撃名は「デコードエンド」、(1)の効果名は「パワーイングレーション」。

初登場のVS ハノイの騎士戦では、攻撃3000で戦闘破壊耐性を持つクラキングドラゴンカードパルスボムを前に攻めあぐねていたPlaymakerが、Aiに誘導され突っ込んだデータストームからこのカードを手に入れた後、サイバースウィザードスタック・リバイバーバックアップ・セクレタリー》の3体の効果モンスターリンク素材としてクラキングドラゴン前にあるEXモンスターゾーンリンク召喚された。

クラキングドラゴンパルスボムはそれぞれ相手モンスターレベルと表示形式に関する妨効果を持っていたが、リンクモンスターである《デコード・トーカー》にはレベルと守備が存在せず、表示形式も変更できないため通用しなかった。

その後、リンク素材とされたスタック・リバイバーの効果によって生したサイバースウィザードクラキングドラゴンリンク先に存在することで《デコード・トーカー》の(1)の効果により攻撃3300にアップサイバースウィザードの効果で守備表示となっていたクラキングドラゴン戦闘破壊し、貫通ダメージを与えて勝利した。

このデュエルの後、カードは実体化され現実世界でも持ち歩くようになった。

VS Go鬼塚(鬼塚豪)戦では、塚の切り札剛鬼ザ・グレートオーガに苦しめられる中、リンクスパイダーリンクバンパーハニーボット》と怒涛の3連続リンク召喚の末にLINK-1《リンクスパイダーLINK-2《ハニーボット》リンク素材としてリンク召喚された。
この時、リンクモンスターリンク素材にする際のルールが説明されている。

その後、カードサイバース・シャッター》の効果により生したハニーボット》リンクバンパー、そして《デコード・トーカー》自身に装備されたサイバース・アナイレーションそれぞれの効果を駆使して剛鬼ザ・グレートオーガ三度突、遂に戦闘破壊に成功しサイバース・アナイレーションの効果ダメージにより塚に勝利した。
この時、二度デュエル出演にも関わらず、プロレスリング上でグレートオーガ突、サンライズ立ちグレートオーガへの挑発ポーズなど、芸の細かい演出が多数成され、過去作のNo.39 希望皇ホープの後釜のようなポジション既に確立した

以降も多数のデュエルで登場。二枚看となるエースファイアウォール・ドラゴンも遂に登場したが、リンクモンスターリンクモンスター素材リンク召喚が可なため、これからもその足掛かりとして高い頻度で登場すると思われる。

と、思われていたが、実際は新規として「コード・トーカーモンスターはその後も増え続け、《デコード・トーカー》が出ずっぱりということはかった。アニメの二年突入直後に行われたスピードデュエル属性シューティングコード・トーカーが登場したことで、属性を除いた六属性の「コード・トーカー」がう事となった。それでも、《デコード・トーカー》に関して言えば、初期から居るためか登場回数は多い方である。


一年の最後に行われたPlaymakerハノイの騎士リーダーであるリボルバーとのデュエルでは、リボルバーが作中初めてのエクストラリンクを達成し、彼の切り札トポロジックガンブラードラゴンの持つ、エクストラリンクを条件に発動する効果「デウス・エクス・マキナ」によって止めを刺されそうになるも、それをぎ切ったPlaymakerは互いの盤面を1周する「全なるエクストラリンク」を完成させ、永続魔法ゼロエクストラリンクによって、5体の「コード・トーカー」となるトランスコード・トーカーを強化し反撃の準備を整えた。

しかし、リボルバーカードリンクショートによって相互リンクしているモンスターの攻撃を全て封じられてしまう。だが、それらの相互リンクを解除するために土壇場でリンク召喚されたのはなんと《デコード・トーカー》だった。そして、ゼロエクストラリンクの効果を受けていたモンスター素材にした事で攻撃9200に達した渾身の「デコードエンド」を、ヴァレルロード・ドラゴンに撃ち込み勝利した(・・・ガンブラー!?)。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP