今注目のニュース
原動力になったのは“2ちゃんねる”――7年前、VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今
宮迫・田村亮の記者会見に応援の声が殺到 陣内智則「偽りのない会見」
熊の母子に接近しすぎた男性に、子熊を守ろうとした母熊が突進!男性の挑発的行為が物議をかもす!

ビブリア古書堂の事件手帖単語

ビブリアコショドウノジケンテチョウ

掲示板をみる(379)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ビブリア古書堂の事件手帖とは、三上延による小説作品である。メディアワークス文庫刊。2011年3月刊行の第1巻に始まり、2017年2月刊行の第7巻で完結イラストは越はぐが担当。

概要

鎌倉に設定されたビブリア古書堂という架の古書店と周辺を舞台にし、店である篠子と店員である五大輔が訪れた客たちが持ち込む古書にまつわる様々なや事件を読み解いて行くというようなストーリー

ライトミステリーと銘打たれているが、ミステリー要素は薄め。古書にまつわるや事件といっても、今のところ古書の内容で物語に関わってくるところは作中でちゃんと説明されるので、出てくる書籍の知識がくても楽しめる。

メディアワークス文庫ライトノベルとは一線を画すためにイラストをほとんど入れない。そのため、パッと見小難しい小説に見えるが、中身は全にライトノベルなのでその点も安心して良い(ただし話の要素などは一般文学の要素も多い)。

ぶっちゃけ子さんに萌える話。

角川書店刊行の隔刊雑誌『アルティマエース』にてナカノによるコミカライズ2012年3月より連載開始し2014年まで連載されたアルティマエース』休刊後は、『月刊ASUKA』へ2013年1月号より移籍。原作2巻までをコミカライズし全6巻にて終了。

講談社、『good!アフタヌーン2012年23号より、交田稜の作画で連載開始。角川版よりペースめで、全3巻で終了した。

2016年には児童書レーベル角川つばさ文庫からも1巻が発売されている。

2017年実写アニメ、両方同時の映画化という異例の発表がなされた。実写映画2018年11月1日開された。

ドラマ(黒歴史)

2013年1月から3月まで、フジテレビ系列で全11話で放送された。

かつて人気ドラマを多数輩出した9という時間帯で鳴り物入りの放送・・・だったのだが、しかしフタを開けてみれば初回こそ14.3テレビドラマ不況のこの時期ではそこそこの数字だったが、最終回8.19最低の視聴率となった。
均視聴率は11.3。ちなみに均視聴率34.3と歴代最高を叩き出したHERO最終話は36.8

演の剛力彩芽がいけなかったのか、それとも共演者のEXILEAKIRA高橋克実のせいか、あるいは脚本や演出がダメダメだったのか、そもそも「フジテレビ」だから見なかったのか、戦犯探しの議論は尽きない。

既刊タイトル

  • 1巻「ビブリア古書堂の事件手帖 ~子さんと奇妙な客人たち~」
  • 2巻「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~子さんとめく日常~」
  • 3巻「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~子さんと消えない絆~」
  • 4巻「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~子さんと二つの顔~」
  • 5巻「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~子さんと繋がりの時~」
  • 6巻「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~子さんと巡るさだめ~」
  • 7巻「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~子さんと果てない舞台~」

登場人物

ブリア古書堂の店。先代であったの死に伴い、20代前半の若さで店を継ぐ。しかしながら古書についての知識はかなりのものである。
性格は極端な人見知りであり、赤面症。人とまともに話す事も困難である。ところが、話題が本のこととなるとそれが一変。活き活きとして饒舌となる。その変振りは他人が見ると引くほど。
本のことに関しては凄まじい観察と洞察を発揮。一冊の本から持ちの生活習慣、性格、そして人生までも丸裸にしてみせる。
眼鏡巨乳、少し天然という萌えの三大要素を誇っており、その威物語シリアスな展開を台しにするほど。とある事情で足を悪くしており、を使っている。意外なことに日本酒党。
大輔
大卒して就職に失敗した後、とある事情でビブリア古書堂で働き出した男。巨。顔も怖いらしい。ちなみに柔道の段持ち。
幼少時のトラウマにより本が読めない。なので本に対する知識もい。なのに本には興味がある。故に本についての話を聞くことを好み、子さんのとめどない本に対する薀蓄を喜んで聞く。その奇特さが故に子さんに気に入られ、物語り部となっている。人生何が幸いするか分からんね。
ブリア古書堂の近くにある高校の出身。運転免許を持っている。
志田
っぺりに住んでいるホームレスのせどり屋でビブリア古書堂の常連。正義感に厚いが情にも厚い。
文香
子さんの中学生と違い本の知識はない。ただ勘の鋭いところはと同じ。人の話を立ち聞きし、それを言いふらしてしまう癖がある。

関連商品

 

角川つばさ文庫版

コミカライズ

角川書店版(月刊ASUKA連載)

講談社版(good!アフタヌーン連載)

関連項目

掲示板

  • 377ななしのよっしん

    2018/04/11(水) 15:03:51 ID: M8h+tSKDY1

    人が触れた本を通して持ち人間模様を見る話だな
    だからこそ古書堂が舞台なんだろう
    二巻のあらすじはまさにそんな感じだけど一巻のあらすじだと誤解する人も多そう

  • 378ななしのよっしん

    2018/07/29(日) 22:49:48 ID: x2XrctChEu

    >>377
    そういう初期の回が異端シリーズって結構あるよね。
    (路線変更なのかもしれないけど)

    極端なのが「柔道漫画ドカベン」あたりかな?

  • 379ななしのよっしん

    2018/10/24(水) 16:17:58 ID: usE285prOC

    アニメ声声優演技なんて聞きたくないよ
    能登とかは地獄処女でいいし

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP