今注目のニュース
男性が育児頑張ろうと思ったきっかけ2位「妻に褒められた」 一方で「自分ばかり大変」と主張する妻には困惑
だいたひかる、母親が免許返納して訪れた変化 「あっぱれです」
「時短は同僚に迷惑、菓子折り持ってこい」上司に言われた女性の投稿が話題に 専門家に聞いた

ヴァルトルート・クルピンスキー単語

ヴァルトルートクルピンスキー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヴァルトルート・クルピンスキー(Waltrud Krupinski)とは、「ストライクウィッチーズシリーズの登場人物である。
CV.石田嘉代

プロフィール

概要

モデル

モデルドイツ軍のエースパイロット、”プンスキー伯爵ヴァルター・クルピンスキー
東部戦線で多くの戦果を上げてエースとなり、エーリヒ・ハルトマンを僚機にした経験も有する。その後エースを集めたMe262戦闘機部隊JG44に転属し終戦を迎えた。最終階級大尉、撃墜数197
終戦後は西ドイツ軍に入って中将まで昇進し、1976年退役。2000年に死去した。

容姿・人柄

175cm長身に短めの金髪というボーイッシュな雰囲気と優な身ごなし、大人びた言動から「伯爵」とあだ名されるウィッチ装はみがかった軍服タイツ様のズボン重ね履き。

固有魔法マジックブーストは間的な加速を可とするものだが、ストライカーへの負担が大きく頻繁な使用には向いていない。オストマルク防衛戦以来のベテランであり、勇猛果敢な突撃からの一撃離脱戦法を得意とする反面、攻撃のために被弾を軽視する選択を取ることが多く、結果的にストライカーの過剰な消耗と戦傷が絶えない。ちなみにその数の墜落経験により戦傷章章を受けている。

いっぽう地上ではと女が大好きな享楽義者の楽天という困りもので、その中性的な容姿も相まって類の残念なイケメンぶりを発揮している。また物資調達に妙な才を持っているらしく、補給が不足がちの第502統合戦闘航空団を支えている模

某せくしーリーダー率いるせくしー団団員「一号」によく似ている……かもしれない。

戦歴

生まれはカールスラント北東部、デムナウ。移住したバルトの港湾都市ブラウンスベルクで育つ。
幼いころに魔法を発現させて以来軍人をし、航空ウィッチとして軍の養成学校入学。悪戯やへ繰り出すといった問題行動は多かったものの優秀な成績で卒業し、少尉となった。

任官後はヒスパニア戦役終結後のJG52に配属されて飛行経験を積み、1939年の第二次ネウロイ大戦勃発を迎える。オストマルク防衛戦、カールスラント撤退戦を経て多くの戦果と多くの喪失機材を生みつつ奮戦し、カールスラント撤退作戦「ビフレス作戦」のさなかに騎士十字章を受勲、中尉に昇進。JG52第7中隊中隊長に任じられ、東部戦線で撤退の時間稼ぎに奮闘することとなる。

その後、ビフレス作戦時にバルト沿に取り残された兵を基に発動したオラーシャ方面反攻作戦バルバロッサ作戦」に参加。その戦果により、ペテルブルグに設置された第502統合戦闘航空団ブレイブウィッチーズ>結成時に選抜された。

502JFWでもその過剰な敢闘精と『ユニット壊し』と呼ばれるほどの機材消耗は変わらず、『ツイてない』ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン、『デストロイヤー管野直枝とあわせてブレイクウィッチーズ”と呼ばれるようになった。流石に葉付騎士十字章を受けるほどの十分な戦果も挙げているのだが、東部ゆえの補給の不足と本人の悪戯好きの享楽思考とがあいまって戦闘隊長アレクサンドラ・I・ポクルイーシキン大尉を盛大に悩ませている。ちなみに原隊では大尉なのに502JFWでは中尉なのは、機材破損に怒ったサーシャが「謹慎か降格か選べ」と伝えた際、なく降格を選択したため。中尉のほうが気楽って言い出すウィッチ多すぎである。

対人関係

ゲルトルート・バルクホルンエーリカ・ハルトマンハンナ・ユスティーナ・マルセイユとはJG52時代の知り合い。着任したエーリカの前に火を噴いたストライカーで不時着し然と挨拶したという。新人時代のエーリカの長機としてエディータ・ロスマンとともに一撃離脱の戦闘スタイルを教え、ついでにだったエーリカを地上ではダメダメな人間に変えてしまった本人。

その『ロスマン先生』とも旧知の戦友で、502JFWでは互いに信頼しつつもからかったり毒舌を交わしたり後輩に悪戯して怒られたりといった日常。何かと当たりを受けがちな”ブレイクウィッチーズ”の中では最年長かつ最高位であり、頼れる年長者らしくさり気なく他の二人の役を務めている。

初心で純雁淵ひかりにも、初対面々に「可愛い」などとを掛けて困惑させていたが、次第に慣れられたのか、すげなくあしらわれることが増えてきている。

登場

初登場は原作者・島田フミカネサイト内の「next world witches」にて。
書籍媒体では「ワールドウィッチーズ」502編に登場している。

アニメでは『ストライクウィッチーズ劇場版』で台詞しながら他の502JFWの面々とともに僅かに登場。西へと立つエイラサーニャを見送った。『ブレイブウィッチーズ』にもメインキャラクターとして登場する。

『ブレイブウィッチーズ』での活躍

ひかりの着任後は何かとひかりたちをからかったり迫ったりと享楽義的な一面ばかり見せ、ひかりのためのサトゥルヌス祭の際には(ロスマン先生の)偽情報を流して懲罰を受けたり、(サトゥルヌス祭の)情報を漏洩して懲罰を受けたり、(笑いを取ってくるという)破壊活動をやらかして懲罰を受けたりと、ムードメーカーとしての活躍が多かった。補給物資が届いた際には、中にあった拳銃リベレーターを「お守り」と称してひかりに渡すような悪戯もしている。

しかしムルマンスクへの船団護衛任務を最上位士官として揮することになった際には、ロスマンがすでに「上がり」の20歳、自身も18歳で長く戦い続けることは出来ないということを自覚し、ひかりや直枝たちを後進として育てる必要性を考えるといった一面も見せた。護衛任務中の敵襲では、ふた手に分かれた敵ネウロイの一方を一人で支え、戦の末に撃破しつつも被弾し墜落。左胸への最後の被弾から彼女の命を護ったのは、一人で一方の敵を支えると決断した際にひかりから「お守り」として手渡されたリベレーターであった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP