今注目のニュース
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く
『ストリートファイター』シリーズより神月かりんがBISHOUJOシリーズで立体化
お風呂場から謎の異臭が… その正体にショックで動揺してしまった

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ単語

カトチャンケンチャンゴキゲンテレビ

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビとは、1986年1992年TBS系列土曜20時台で放送されていたバラエティ番組である。通称で『加トケン』や『ごきげんテレビ』と呼ばれることが多い。

概要

8時だョ!全員集合』終了後の後番組として始まった。全員集合は、ザ・ドリフターズメンバー全員が登場していたが、ごきげんテレビ加藤茶志村けんの2人が選抜された。

番組のタイムスケジュールは、OPアニメテーマ音楽後藤次利作曲)→スタジオゲストトークVTRで収録したコントドラマ・THE DETECTIVE STORY探偵物語)→(スタジオに戻り)おもしろビデオコーナーゲストの歌コーナーコントテレビスロットマシーン(会場のお客さんにプレゼントコーナー)という流れだった。
番組末期は、プレゼントコーナーが消滅している。

「THE DETECTIVE STORY探偵物語)」「おもしろビデオコーナーは特に有名。

番組前半の約30分は「THE DETECTIVE STORY探偵物語)」が放送された。志村加藤が私立探偵として様々な依頼を受けて奮闘するという内容の長編コント

ちょうど日本バブル気に沸いていた時代に制作されていたので、潤沢な予算が組まれた手なコントだった。ゲスト出演者に一流の俳優が登場したり、「西部警察」(テレビ朝日)並の爆破シーンカースタントシーンがあったり、加藤志村ヤクザが追ってくるシーンでは、わずか30シーンだけで300人が2人を追いかけてきたり、ゴールデンタイムおっぱいが出たりとまさにやりたい放題であった。
ドラマ冒頭の、2人の探偵事務所に雇いであるボスからかかってくる「私だ…」で始まる電話シーンや、小さな太鼓を三又でひとつにした太鼓を叩きながら志村が歌った「だいじょぶだぁ~♪」はあまりにも有名。後に始まった志村けんコント番組「志村けんのだいじょぶだぁ」(フジテレビ)のタイトルはこれを借用したものである。ちなみに、ボススタッフが持ち回りで担当していた。
また、このコーナー専用のOPテーマ曲は3曲あり、いずれもミュージシャン柳ジョージ作詞作曲・歌唱をしている。これは柳ジョージ志村けんが飲み友達のため志村から「曲作ってよ」と言われて制作されたという。

なお、このTHE DETECTIVE STORY探偵物語)をベースにして、1987年PCエンジン用のゲームカトちゃんケンちゃん』が発売された。

「THE DETECTIVE STORY探偵物語)」が終わると観客を入れたホールから後半パートへ移る。後半パートメイン「おもしろビデオコーナーである。一般視聴者撮影のホームビデオ紹介番組を世界で初めて放送したのはこのコーナーである。視聴者から送られてきた投稿ビデオを、スタジオトークを交えながら評価、ビデオ投稿した人に賞品をプレゼントしていた。また当時ビデオカメラは高価だったので、番組がビデオカメラを抽選で貸し出していた。
このコーナーを考案したのが志村けんである。考案当初はスタッフから当時のビデオカメラ普及率の低さゆえその是非が分かれたが、後に海外にもフォーマットが輸出されて広まり、TBSの番組販売部門から感謝されたという。
世界100以上にフォーマットが輸出されたことが評価され、2013年世界最大規模のテレビ番組見本であるMIPTV(ミップ・ティービー)が選定した、テレビ史に功績を残すとともに世界的にも影を与えたテレビ番組50作品世界テレビを変えた50作」 の1つとして選出された。日本テレビ番組では他に「鉄腕アトム」、「UFOロボ グレンダイザー」、「ドラゴンボール」も選出されたが、日本アジアバラエティー番組では一の選出である。
(ソース元記事) exit

おもしろビデオコーナーの後はゲストの歌を挟み、プレゼントコーナーであるテレビスロットマシーンコーナーエンディングとなった。

前出のように『全員集合』時代とは一線を画した新しい笑いがウケて、『全員集合』を終了に追い込んだ『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)を1989年に終了へ追い込んだ。番組最高均視聴率は1987年11月21日に記録した36.0%、6年間の均視聴率は18.1%。単純に数字だけを見て較すれば『全員集合』(最高50.5%均27.3%)よりは見劣りするが、『全員集合』が「庶民の娯楽はテレビだけ」と言っても過言ではない時代に放送された頃の記録であることを鑑みると、『加トケン』の記録もそれに匹敵する数字であると言っても差し支えはないだろう。

しかし、後に「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」(フジテレビ)、「マジカル頭脳パワー!!」(日本テレビ、後に木曜20時に移動)など、ライバル番組がを付けていったのと共に人気が落ち、1992年4月に一度KATO&KEN テレビバスターズ」リニューアルした後、同年9月に終了した。

ごきげんテレビ終了後、「どうぶつ奇想天外!!」が人気番組となった以外はまったく番組が続かない『死に』となる。2008年に「ROOKIES」でバラエティ番組からドラマに変更、その後再びバラエティに戻されるも、死にのまま現在に至っている。

2012年11月21日ポニーキャニオンより初のDVD-BOXが発売される。

関連動画

関連商品

関連項目

TBSテレビ系列 土曜 伝説ラインナップ
昭和50年
料理天国まんが日本昔ばなしMBS)→クイズダービー8時だョ!全員集合Gメン'75
昭和60年
料理天国まんが日本昔ばなしMBS)→クイズダービー加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ日立 世界ふしぎ発見!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP