今注目のニュース
投票しても無効になる白票の行方
45歳無職男、100均の商品にクレームで脅迫し逮捕 その行動に「せこすぎる」の声
いじめが辛すぎて? 10代少年が多くの友人らの目の前で…

8時だョ!全員集合単語

ハチジダヨゼンインシュウゴウ

掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「8時だョ!」「「「「「全員集合!!!!!!!」」」」」

8時だョ!全員集合とは、1969年10月4日1985年9月28日までTBS系で放送された伝説お笑い番組である。通称全員集合

概要

ザ・ドリフターズ出演のコント番組。原則生放送。16年にも及ぶ長きに渡って放送され、まさに「下を獲った」お笑い番組として君臨した。番組最高均視聴率は1973年4月7日に記録した50.5、全803回の均視聴率も27.3を記録し、数々のギャグも送り出した、「記録にも記憶にも残る番組」である。

生放送舞台上にパトカーを模したセットの上に飛ばす、セットが動いて歌いだす、セットが崩れ客席側に転がってくるなど、現在では安全面や予算面で到底不可能破天荒な演出で視聴者の度肝を抜くドリフ演のコントや、歌のゲストアイドル歌手も積極的に参加させ意外な一面を引き出すことに成功した少年少女合唱隊や後半コントなど、番組終了から30年近く経った現在でも色あせることのい脅威のバラエティショー
放送当時、抽選で当たった番組の開収録の当選ハガキプレミアチケットとして羨望の的になった。

ドリフターズはこの番組でその民的人気を不動のものとし、TBSもこの番組を中心に数々のヒット番組を連発し1970年代黄金時代を迎えた。また、この番組のアシスタントだったアイドルユニットキャンディーズもこの番組から巣立って行き、昭和を代表するアイドルとなった。

放送期間中には加藤茶交通事故による出演自粛ドリフの所属事務所側の独断による不本意な形での放送中断、荒井注突然ドリフ脱退と入れ替わりに加入した志村けん人気が定着するまでの不遇時代、ノミ行為事件による仲本工事志村けんの出演自粛など、数々のトラブルが起こったにもかかわらず何度も人気を盛り返した不屈の番組でもある。

ちなみに、この番組のミニコーナーにあった「ジャンケン決闘」がきっかけとなってジャンケンにおける「最初はグー」が全に普及・定着した。放送当時のこの番組の影い知れるエピソードである。

終焉

しかし、1981年に転機が訪れる。この年に「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)が始まり、80年代前半に正面対決を繰り広げることとなった。このしい消耗戦は土8戦争(両番組の放送時間が土曜8時だったことに由来)と呼ばれ、テレビ業界やお笑い業界では未だに伝説戦争としてり継がれている。

1982年の時点では年間均視聴率で6%以上のアドバンテージを保っていたが、翌83年には「全員集合」の20.8%に対し「ひょうきん族」が19.0%と猛追し、84年には遂に逆転されてしまった(「全員集合」18.2%、「ひょうきん族」19.5%)。結果、「ひょうきん族」に人気を奪われ同時間帯の視聴率トップの座を奪われることが多くなったことや、メンバースタッフとの間の意思疎通がうまくいかなくなったこと、そして「やりたいことは全てやりつくし」ことが原因となって、惜しまれつつ1985年にその幕を閉じることとなった。

なお、土8戦争の話になると決まって『ひょうきん族』が『全員集合』を打ち負かした、という表現が散見されるが、末期でも均15%前後(最終回34.0%を含めた1~9月の年間均視聴率が17.0%)の視聴率を記録していた。ゆえに、視聴率が原因で打ち切られたと言うほど低迷していた訳ではなく、それよりも開形式での生放送限界や気・体限界、そして前述のとおり制作現場の不協和音があったことや「やりたいことをやり尽くした」ことなどが番組終了最大の要因であったことを書き添えておきたい。

最終回では、前半にいかりや演じる母ちゃんと他メンバー演じる息子達による名物コント母ちゃんコント」、後半に16年の歴史を振り返るVTRが流され、エンディングでは最終回に駆けつけた多数のゲスト(旧メンバー荒井注も含む)とともに「ドリフのビバノン音頭」を合唱し幕を閉じた。最後には観覧客もスタンディングオベーションを行った。

後継番組は志村けん加藤茶のみ出演の加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ

番組終了後

全員集合」終了後も継続され1990年代後半まで新作と旧作コントを交えつつ不定期で放送された「ドリフ大爆笑」(フジテレビ)と異なり、「全員集合」は1989年に番組開始20周年を記念して総集編スペシャルが放送されて以降、1990年代再放送される機会がほぼ皆無であった。

しかし、2004年コントを多数収録したDVD-BOX第一弾が発売されると大ヒット。これに気を良くしたTBSがさらに第2弾、第3弾と続編を発売し、飛躍的に番組に触れることが容易になった。
テレビ放送でも2004年リーダーいかりや長介が他界した際に放送した追悼特別番組「長さんだョ!全員集合」が高視聴率を記録したことから徐々に総集編という形で不定期に放送される回数が増えていった。

この番組は当時のバラエティ番組としては驚異的に番組VTRが現存していたこともあり(1982年以降放送分は当時まだしかったステレオで収録されたVTRが今も現存している)、その豊富に残されていたコントや歌を再編集し、現在では一時期よりも頻繁に総集編が放送され、そのたびに安定した視聴率を取っている。未だその「お化け番組」ぶりは衰えていない。
いかりやの「おいっす!」や観客の「志村、後ろ~!後ろ~!」など名物ギャグは、放送当時子供であった後輩芸人によって後に引用された影もあり、放送時にはまだ生まれてもいなかった世代ですら知っているほどである。

ドリフターズの実質的結成40周年を記念して、2004年頃に新作を作ろうという動きがあった。ドリフターズメンバーやる気だったのだが、残念ながら同年3月に、コントを引っり続けてきたリーダーであるいかりや長介が死去し、新作製作の可性は限りなく薄くなってしまった。
加藤茶をはじめとするメンバーは、いかりやの死後もドリフターズとして活動していく旨を表明して、現在ケーズデンキCMに出演するなど活動している。しかし既に4人ともかなり高齢であり、現在テレビでドタバタコントを活発にやれているのは実質的オリジナルメンバーよりも一回り若い志村けんのみである。そのため、新作製作は困難であると思われる。

余談であるが、当時の人アイドル歌手バンドが毎週多く出演し歌を披露していた番組であったため、その映像資産が、今日ではTBSにおける1970年代1980年代歌謡曲映像アーカイブスとして、ザ・ベストテン」「輝く!日本レコード大賞」と並んで懐メロ番組などで活用されている。

この番組で生まれた有名なギャグやフレーズ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

TBSテレビ系列 土曜 伝説ラインナップ
昭和50年代前半
まんが日本昔ばなしMBS)|クイズダービー8時だョ!全員集合Gメン'75
昭和60年代前半
まんが日本昔ばなしMBS)|クイズダービー加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ日立 世界ふしぎ発見!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP