今注目のニュース
コロナでお墓参り代行が活況 「バチ当たらないのか」お坊さんの本音を聞いた
スマホとつながるスマートマスク「C-FACE」 マスク越しの小さな声でも離れた相手のスマホに届く
全長110cmのピカチュウしっぽ抱き枕で癒やされない人なんているんですか?

単語

ショウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、以下のことを表す。

人名

日本語中国語圏の人名である。著名な人物を以下に挙げる。

名前

日本語では、まさる、と読むことが多い。

架空のキャラクター

漢字として

Unicode
U+52DD
JIS X 0213
1-30-1
部首
力部
画数
12画
音読み(常用)
ショウ
訓読み(常用)
かつ、まさる
意味
優れている、勝利する、押さえつける、美しい風景、多い、堪える、持ちこたえる、婦人の飾り、残らず。
説文解字・巻十三〕には「任(た)ふるなり」とある。〔爾雅・釈詁〕に「勝、なり」とある。
字形
符は。朕はもともと𦨶という形の字で、舟にものを入れて贈るという字。勝の古文にも舟に従う字がある。
音訓
音読みショウ音、音)、訓読みは、かつ、まさる、すぐれる、たえる。名のりに、すぐる、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校3年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
勝衣・勝因・勝会・勝槩・勝機・勝・勝・勝・勝算・勝士・勝事・勝者・勝状・勝・勝絶・勝地・勝敗・勝負・勝友・勝利・勝侶

異体字

  • 𢾶は、〔玉篇〕に「古勝字」とある異体字。
  • 𠢧は、〔字彙補〕に「古文勝字」とある異体字。
  • 𠅫は、〔康煕字典〕に〔集韻〕を引いて「古、𠅫と作す」とある異体字。
  • 𡕲は、〔字彙補〕に「古文勝字」とある異体字。〔康煕字典〕は、〔玉篇〕の𢾶字は本字はこの字ではないか、としている。
  • 𠙟は、〔五音篇〕や〔字彙〕に「古文勝字」とある異体字。〔正字通〕はこの字は〔集韻〕が古文とする𠅫の訛字ではないか、としている。
  • 簡体字は胜。胜はの脂の臭いという意味がある別の字と同形。
𢾶
Unicode
U+22FB6
部首
画数
14画
𠢧
Unicode
U+208A7
部首
力部
画数
14画
𠅫
Unicode
U+2016B
部首
亠部
画数
12画
𡕲
Unicode
U+21572
部首
画数
14画
𠙟
Unicode
U+2065F
部首
画数
12画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/15(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/15(土) 23:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP