増田大輝単語

マスダダイキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

増田大輝(ますだ だいき1993年7月29日-)とは、徳島県出身のプロ野球選手内野手外野手)である。現在読売ジャイアンツに所属。

概要

小学校から軟式野球を始める。小松高校では1年から内野レギュラーを獲得。2年は県大会決勝で敗退、3年投手に回り、エースキャプテンを務めチームを牽引したが、県ベスト4で敗れ甲子園出場はならなかった。3年の大会後に高校四国選抜代表としてハワイ遠征に参加している。

近畿大学に進学するが、僅か3試合に出場しただけで2年で中退。地元の徳島に帰り、職に就いて休日草野球をする生活を送っていた。しかしそこで野球好き女性と出会って交際を始め、高校時代の監督の勧めもあって野球への情熱を取り戻す。四国アイランドリーグトライアウトを受け、2014年徳島インディゴソックスに入団する。

徳島時代

1年から二塁のレギュラーに定着しチーム独立リーグ日本一に貢献。彼女プロポーズするも、年俸わずか60万円ということもあり彼女父親から猛反対を受ける。今度こそ野球を辞めて定職に就こうとするが、彼女に説得されて「あと1年だけ頑ります、ダメだったら諦めます」 と彼女父親を説得して結婚した。


2年2015年アイランドリーグ選抜チームの一員として北遠征に参加。同年のドラフト会議にて、育成ドラフト1位読売ジャイアンツ名され念願のプロ野球選手となった。背番号015

巨人時代

2016年(1年)は三軍監督川相昌弘に「成長」と認められ、二軍でも44試合に出場。


2017年(2年)はオープン戦での出場機会も得て、登録期限近くの7月28日に支配下登録を勝ち取った。背番号98。この年は一軍昇格はならなかったものの、二軍に遊撃を守り、打率3割をマーク


2018年二軍ではに二塁を守り11盗塁マークしたが、打率.230と打撃で結果を残せず一軍昇格はならず。オフ背番号63に変更。


2019年二軍打率.347マークして4月19日に一軍初昇格し、同日に守備で途中出場しプロ初出場。23日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初打席初安打となるタイムリーを放った。
以降、代走兼内野の守備要員として一軍に定着。勝てば優勝となる9月21日横浜DeNAベイスターズ戦でもいつも通り代走から途中出場し、延長10回に優勝を決める決勝点となるタイムリーを放ってヒーローとなった。そのまま閉幕まで一軍でプレーし、75試合に出場、チームトップの15盗塁マークした。オフ背番号0に変更した。


2020年は開幕一軍入り。前年同様に代走・守備要員として起用される中、8月6日阪神タイガース戦で8回裏に登板した隼人が1死しか取れず7失点と大炎上、0-11の大差になったところで、まさかの投手としてプロ登板[1]直球は最速138km/h、スライダーを織り交ぜて、江越大賀四球を出したものの近本光司大山悠輔を打ち取って2/3回を失点に抑えた。NPBで野手登録の選手が投手として登板したのは2000年五十嵐章人オリックス)以来20年ぶり。74試合に出場し、打率.297、2打点、23盗塁を記録した。

プレースタイル・人物

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2019年 巨人 75 58 50 20 10 2 2 0 6 15 2 0 6 0 11 2 .200 .286
2020年 74 48 37 30 11 2 0 0 2 23 0 0 11 0 12 1 .297 .458
NPB:2年 149 108 87 50 21 4 2 0 8 38 2 0 17 0 23 3 .241 .365

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2020年 巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 0.2 1 0 0 0 0.00
NPB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 0.2 1 0 0 0 0.00

通算守備成績

機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
NPB 二塁手 29 35 56 2 7 .978
三塁手 25 3 8 0 0 1.000
遊撃手 60 22 36 2 9 .967
外野手 26 10 0 2 0 .833
投手 1 0 0 0 0 .---

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *このとき巨人ベンチには中川皓太大竹寛鍵谷陽平大江の4人の投手が残っていたが、全員勝ちパターンリリーフであり、敗戦処理で使う面々ではなかった。本人や宮本和知投手コーチによれば前年からこういった起用の可性を考えて、投手経験者に話が行っていたらしい。ちなみに「敗戦処理での野手登板」はMLBではしくないが、逆にMLBでは野手登板が増えすぎたため「延長戦か6点差以上のみ」という規制2021年から導入予定。
この記事を編集する

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2020/08/15(土) 21:47:59 ID: KGY6hJR1PE

    キャンプの段階で練習やってたみたい。
    巨人投手のランナー置いてる時の投球教育はめっちゃ優秀なイメージだわ。クイックと牽制とかちゃんとできててランナーは帰さなければええからとにかく投げることちゃんとしろという球投げ屋が少ないというか(筋肉くらい?)

  • 26ななしのよっしん

    2020/09/17(木) 21:21:58 ID: 7itVv25c5G

    11点取られてまた投げるとこだった(未遂)
    また阪神戦というのが面白い
    ルペン作ってる時点で両軍のファンの期待が集まるのが面すぎ

  • 27ななしのよっしん

    2020/12/22(火) 01:28:46 ID: vYXJgawUFR

    高い走とそれを活かす高出塁率を兼ね備えて居るから普通にスタメンでも試したいけど、
    内野レギュラー固まってるから急造外野でしか起用できないのと代走の切り札が居なくなるのがなぁ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/22(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/22(金) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP