今注目のニュース
NHK「ネット同時配信スタート」で全スマホユーザーは受信料を支払わなければならないのか?
小学校で使っていた『アレ』がミニチュア化! 「需要あるの?」と思ったら…
「本年も宜しくお願い致します!」「青二チャレンジ」声優事務所・青二プロダクション新年会の集合写真が凄すぎる

微笑みデブ単語

ホホエミデブ

  • 18
  • 0
掲示板をみる(117)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

微笑みデブとは、スタンリー・キューブリック監督作品「フルメタルジャケット」に登場したレナードローレンス二等兵のこと。転じて、レナードに似たキャラクターや人物にも使われる。類似に「ヤンデブ」がある。

概要

フルメタルジャケット」で多くの人々の印に残った、ハートマン軍曹の練兵シーン。冒頭では新兵を兵舎内に並ばせて、軍曹は新兵らに罵詈雑言を浴びせつつ変なニックネームを付けていく。新兵の一人、レナードローレンス二等兵は太っちょの体で薄ら笑いを浮かべたような顔をしていることから、軍曹は「微笑みデブ」とあだ名した。微笑みデブの誕生である。

本家の微笑みデブ

微笑みデブは動きが鈍く、規則正しい海兵隊の訓練に当初は対応できていなかった。訓練教官のハートマン軍曹からはいつも怒られ、仲間の脚を引っる。主人公の「ジョーカー」ことJ.T.デイヴィス二等兵は軍曹に命じられて親身に面倒をみるが、中々善しない。挙句に兵舎にドーナツを隠し持っていたのを軍曹に見つかってしまう。軍曹は「デブ責任は、全員責任だ」とし、以後は微笑みデブの失敗は連帯責任として、全員が懲罰の腕立て伏せを受ける羽になる。

ある、これに怒った同じ内務班の仲間から、微笑みデブは石鹸制裁(タオル石鹸を使ったブラックジャックによる殴打)を受けたのだが、これが彼に変化をもたらす。薄ら笑いを浮かべた間抜け顔は、人殺しの顔つきに変わっていった。動きは機敏になり、さらに射撃の才を開させる。軍曹は「やっとお前の取り柄を見つけた」と喜んでいたが、実は彼の変化には恐ろしい側面があった。精が徐々に異常をきたしていたのだ。

初任兵訓練の修了式が終わった日のジョーカーが当直番をしていると、トイレに微笑みデブがいるのをにする。彼は便器掛け、貸与火器のスプリングフィールドM14を携え、弾倉に7.62mmフルメタルジャケット弾を装填していた。ジョーカーが話しかけると、微笑みデブは狂気に満ちた笑顔を浮かべ「ハーイジョーカー…」「は…本当に…ひどいクソだぜ!」「7.62mm…フルメタルジャケット」などとき、彼が正気でないのは明らかだった。そして弾を装填し終えると、急に立ち上がり大り上げ、ライフルドリルを始める。叫びに気付いた軍曹トイレに入ってきて、「なぜデブ便所にいるんだ!なぜデブは武器を持っている!」と問いただすと、ジョーカーは「デブ二等兵は実弾を装填しています」と報告する。状況に気付いた軍曹が説得するが、微笑みデブは応じない。「パパママ情が足りなかったのか!」と軍曹が叱した直後、微笑みデブは軍曹を撃つ。仰向けに倒れる軍曹。そしてジョーカーの前で、微笑みデブは今度は自分の口内へ向けてトリガーを引き、トイレに己の血と漿を刻み付けた。

こういったことからハートマン軍曹と共に、微笑みデブは人々の記憶に残る存在となったのだ。

微笑みデブの原語

微笑みデブというのは邦訳として作られたもので、原ではGomer Pyleexit(ゴーマー・パイルまたはゴマー・パイル)となっている。
ゴマー・パイルは、1960年代に三大ネットワークCBSで放送されたシットコムアンディ・グリフィスショー(The Andy Griffith Show)」(邦題「メイベリー110番」)に登場した人気キャラクターパイルは当初はガソリンスタンド店員だったが、後に海兵隊に入隊している。「フルメタルジャケット」の時代背景ベトナム戦争中であるから、軍曹は当時流行していたキャラクターからあだ名したことになる。

現代の日本で例えて言うなら、陸上自衛隊に入隊して前期課程を受ける二等陸士に、班長である陸曹が「日村」「上島竜兵」「ホリエモン」「宮崎哲弥」「モノマネっちゃん」「まいうー」「デブゴン」などとあだ名するようなものであろう。

(この画像exitの中央の男がゴマー・パイル。「ゴマー・パイル、海兵隊に行く」(TV邦題「マイペース二等兵」)exitより。別にデブではないが、笑っているような顔をしている)

微笑みデブのその後

微笑みデブを演じたのは、ヴィンセント・ドノフリオという俳優である。様々な作品に出演している。

近年の活躍で日本でも知られているものでは、刑事ドラマLaw&Order:クリミナルインテント」のロバート・ゴーレン刑事役であろう。ニューヨーク市警察刑事局重大犯罪班(Major Case Squad)を題材にしたこのドラマにおいて、ゴーレン刑事は知と話術を駆使して重大事件の相に迫る。相変わらず顔が薄笑いっぽい時もあるが、卑劣な犯罪者を厳しく追求したり、時に法律書を手に持ち「この本には、あいつの罪を追及できる法は載っていないのか!」と検事に詰め寄ったりと、正義感あふれる人物を好演している。

2009年アメリカ映画「クロッシング」では冒頭から麻薬密売人役で登場したものの、イーサン・ホーク演じる汚職刑事サルにいきなり撃たれてを奪われてしまった。

日本における派生用例

先述の様に強な印を残した微笑みデブであるから、やがて様々な方面へと生し、微笑みデブの生して使われるようになってくる。

ネット、特にニコ動で一般的なのは、微笑みデブに似た外見の人をそう呼ぶことである。例えばグロック22(グロック17の.40S&W弾使用モデル)を分解し解説する男性は、見たが似ていてが好きそうであることから、コメントにもタグにも微笑みデブが使われている。

セガから発売されたシミュレーションゲーム戦場のヴァルキュリア」に「ケビン・アボット」という兵士が登場するが、彼の見たが微笑みデブに通じるものがあるので、発売前から一部では微笑みデブのように言われていた。同作品には練兵軍曹が登場するが、当然こちらはハートマン軍曹扱いを受けた。

関連動画

本家微笑みデブ グロックでる微笑みデブ
戦場の微笑みデブ Law&Order:Criminal Hohoemi-debu

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/18(土) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/18(土) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP