今注目のニュース
テレビ業界で「ナメる」ってどういう意味?
名前を聞いただけではわからないESET謎機能の正体
ローソン「スライムわらびもち」スライムベス/メタルスライムも

戦国無双 Chronicle単語

センゴクムソウクロニクル

掲示板をみる(182)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『戦国無双 Chronicle』とは、ニンテンドー3DS向けに発売されたアクションゲームである。
2011年2月26日に、3DSの発売と同時にローンタイトルとしてリリース
2012年9月13日に、続編として『戦国無双 Chronicle 2nd』が発売された。
2014年に、新作として『戦国無双 Chronicle 3』が発売予定となっている。 こちらはニンテンドー3DS及びPlayStation Vita向けとなっている。3の記事はこちら

概要

自分の分身となるオリジナルプレイヤーキャラクターを操り、戦国時代物語を駆け抜けて行くという内容。
従来のような、武将それぞれのストーリーは存在しない。まさに『Chronicle=年代記』的な作品。登場する武将やシステムは発売当時のナンバリング最新作である戦国無双3Z(猛将伝)をベースにしている。

ローンタイトルとしては異例の2GBROMカードを採用し、携帯機でありながら従来作品に登場したほぼ全ての武将を登場させ(石川五右衛門宮本武蔵佐々木小次郎は未登場)、会話・イベントフルボイスで展開するというボリュームを実現した。
また、それらもさることながら、3DSの下画面を利用した『武将切り替えシステム』や史実の重厚さと無双武将たちの熱いキャラを生かしたシナリオなどがファンからの高い評価を得ており、初動12万本から口コミでじわじわと売上を伸ばし、内で18万本を売り上げるヒットを記録した。(4gamerインタビューより)

一方で、携帯機ではあるがローカル通信によるマルチプレイには非対応。
また、ハード立ち上げ初期ということもあってか、表示される敵の数は従来作にべるとかなり乏しい。

しかし、コーエーテクモも今作の評判に手応えを感じたのか、同じようなシステム(武将切り替え、オリジナルキャラクター)を採用した上にマルチプレイにも対応した『真・三国無双VS』を発売した。

戦国無双 Chronicle 2nd

前作の続編として発売された。価格は6090円。
全な新作ではないものの、1作ベースにしながら大きく様変わりしている。本家の猛将伝みたいなものと思って差し支えないだろう。
な変更点としては…

この他すれ違い通信では武器に好きな名前を付けて配信出来る等、既存のシステム/シナリオにも細かい調整が施されている。また閲覧イベントユニーク武器など一部の要素は1作セーブデータから引継ぎできる。

猛将演武には五右衛門、武蔵小次郎リストラ組の他、無双OROCHIシリーズに登場した源義経平清盛弁慶酒呑童子NPCとして登場する。

また2012年10月16日ゲームの不具合を解消する「更新データVer.1.1」が配信されることになった。
このデータでは不具合修正の他、メインモード無双演武」に最も優しい難易度天国”を追加し、「猛将演武」のランクB の基準値を引き下げて、より遊びやすくなる。他にも新ステージ音楽主人公衣装などが(一部)有償で配信されている。

さらに2012年10月25日にはニンテンドーeショップダウンロード版が発売されることとなった。
SDカードの保存容量は1800MB(1万4400ブロック)、価格は5400円。
この価格はファーストサードメーカー含め3DSで発売されているゲームでは初めてパッケージ版のソフトよりも安い価格設定のソフトである。

武将切り替えシステム

本作の玉。
プレイヤーを含む4人の武将で戦場へと繰り出し、それらを随時切り替えて操作しつつ戦場を制覇して行くというシステム

本作では、上画面には従来どおりのプレイ画面が展開されるが、マップが下画面に表示され、そこに、味方武将のそれぞれの位置が表示される。

武将のアイコンタッチすることで、戦場に点在する味方武将それぞれにスムーズに切り替えることが出来る。
これによって、1人の武将で戦場を走り回ってミッションを遂行するという、「お使い感」が否めなかった従来の戦国無双スタイルストレスが大幅に解消されている。

操作していない武将には移動示などを出すことが出来、例えば一人の武将でミッションをこなす間にもう1人の武将に次のミッションの場所に行っていてもらうなど、戦略性が増している。
が、何故か「待機」の示だけはないなど、若干がある設計となっている。
※『2nd』では待機示も出せるようになっている。

戦技

武将がそれぞれ持っている特殊。練技ゲージを消費して発動できる。無双ゲージが溜まったり、攻撃が上がったり、敵の士気が下がったりするなど、様々な効果がある。複数の武将がいて発動する戦技もある。

充実のシナリオ・イベント

Chronicleの名に違わず、史実の戦国時代を駆け抜ける主人公視点シナリオが進んでいく。

関東の動乱を皮切りに、信長秀吉家康を中心として泰へと動いていく戦乱の時代の中を駆け抜けるシナリオは、無双武将がどのように戦国時代を生き、そして死んでいったかが丁寧に描かれている。

また、大筋のシナリオとは別に武将ごとのイベントも搭載。その数は全武将40人(2ndでは43人)☓10個前後と下手なギャルゲーイベント量。内容もシリアスなものからお笑い系まで幅広く、特筆すべきは「兼続と正大判(直江兼続)」「四国の蓋(長宗我部元親)」など、今に伝わる伝承や逸話などを無双アレンジして取り込んでいる点が挙げられる。あと自重しない毛利先生

他にも、慶次のあるイベントには戦国無双無印プレイしていたファンにはちょっとしたサプライズがある。

宝級の器を叩き割る「DQN四天王伊達政宗が見れるのは戦国無双Chronicleだけ!

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 180ななしのよっしん

    2015/11/17(火) 22:34:16 ID: RRessUCjgc

    今まで普通3dsでやっててnewに変えたけどわらわら感がすごいなこれ
    爽快感も全然違う

  • 181ななしのよっしん

    2015/11/24(火) 22:30:53 ID: lsAFNH3NJh

    武器システムが2猛将伝みたいにシンプル改造しやすく、武将のレベルがもう少し上がりやすかったら文句なしの作だったのになあ。

  • 182ななしのよっしん

    2015/12/20(日) 02:43:46 ID: 413VIvaT8z

    3の完全版が出ると思ってるけど、今のところその気配がいな

    コーエーさん、2以前同様に無双武将のレベル主人公に追従する3や
    神速攻撃を搭載した2をやりたいです

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP