今注目のニュース
絶対に寝坊できないJR職員が使う「強制目覚まし」、JRの通販サイトで販売中 お値段たったの9万9000円
知る人ぞ知るマッチョ育成Flashゲーム『マッチョでポン!』がNintendo Switchに登場。5月30日配信
「ここにいてはダメです」 江戸川区の水害ハザードマップが“正直すぎ”て注目を集める 「まさかどっか行けって言われるとは」

聖刻群龍伝単語

セイコクグンリュウデン

掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

聖刻群龍伝とは、千葉著作の長編小説、およびそれを原作にしたコミックス(2巻)である。聖刻シリーズと呼ばれる作品群のひとつであり、TRPGワースブレイドとは世界観を同じくする。ジャンルは大河ファンタジーロボットラブコメ群雄劇。なお、聖刻群龍伝の前編にあたる聖刻伝についても本項で解説する。

小説作品一覧

概要

中世的西洋な世界観のもと、操兵と呼ばれるロボットを使うことのできる騎士戦場役の時代のおはなし。同著者の同世界観の作品である聖刻1092とくらべ、個々の操兵やキャラクター超絶的なは少なく(皆無ではない)、集団戦による戦術戦略のぶつかり合いや、宮廷にうずまく利権特権をめぐる政治劇、国家間の謀略など、ロボアクションよりも群像劇テイストのより強い作品となっている。余談だが本作品の「聖刻」の読み聖刻1092の「ワース」ではなく、「せいこく」で良いらしい。

前編である聖刻伝から始まった本シリーズは、第二部にあたる聖刻群龍伝にそのまま続き、現在ストーリー完結しておらず進行中である。1092ともども最終巻まで完結することを願ってやまない。「伝」からはタイトルに~の刻(とき)という章の名称がつくようになった。刊行順に、

  • 聖刻伝 4巻
  • 聖刻群龍伝 西方大陸編 4巻
  • 聖刻群龍伝 昇の刻 4巻
  • 聖刻群龍伝 の刻 3巻
  • 聖刻群龍伝 攘の刻 4巻
  • 聖刻群龍伝 虎の刻 2巻~

ストーリー時系列とも一致しており、現在進行形虎の刻は最終章となる予定である。ちなみに西方大陸編とあるがその他の章編も西方大陸物語であるので、あまりこの名称に意味はない気がするが気にしない。

漫画版は全2巻で、聖刻伝をアレンジしたストーリーのほか外伝が収録され、2巻は小説版の挿絵やラフが大量に掲載され半ば設定資料のようなていになっている。

ストーリー(群狼伝に準ずる)

舞台大陸(ア・ハーン)とよばれる大地。大陸では聖刻「ワース」なる輝石を配置した仮面が作られ、その仮面によって動かすことのできる「操兵」という兵器が闊歩していた。大小の国家は操兵を使うことのできる騎士を中心としてそのを守り、あるいは他へと侵攻していた。

大陸、その西の方角にあたる地域である「西方」。そのさらに西部域にイシュカークという小国がある。イシュカークはロタール帝国とよばれる大の属であり、旧イスカから続く古い伝統こそあるものの、も軍団も弱小な数あるのひとつに過ぎなかった。このの第二子デュマシオンイスカ=コ-バックである第一子オラストから王位継承権を巡り憎まれ、臣の貴族たちからは軟弱として謗られていた。ただ彼は自らの生存のため、に疎まれ暗殺されぬよう幼いころから立たず騒がずに生きるしかなかった。

しかし、ラストに追い出されるように、帝国への留学のためルーフェン行きが決まったとき、デュマシオンの運命の歯車が動き出した。自らの忠臣である騎士ローエン幼馴染のアーシェラらごく少数の知己に自らの計画を明かし、デュマシオン立つ。自らの命運をかけた王位継承権の獲得と、斜陽のイシュカーの立て直しのため、諸外のつわものどもや有者を味方につける、そんな謀としか言えないような計画。デュマシオン機の古操兵「ソレイヤード」、そしてアーシェラとともに身分を隠し、仲間探しのを始めるのだった。

そして、アーシェラの養である"賢者"キールベールが告げたイシュカーに眠る秘密、古代イスカ以前の時代にまでさかのぼる、歴史上の強大な君の王」と彼が率いた「の軍団」、その遺した秘「シュルティ古操兵」を、デュマシオンたちは探ることになる。 それがデュマシオン自身にどのような「」をもたらすか、彼自身はそのときは知りえなかった・・・

あるものを《》という。そして、その《》たちを御する偉大なるものを《》という。

》は治にあっては乱を起こし、乱にあっては治をなす・・・

各章あらすじ

聖刻群狼伝 全4巻

自称「宝石細工師見習い」の青年”ディア”に扮する第二王子デュマシオン。彼は自身の素性を隠し、西方各地をしていた。彼は数々の冒険を経て西方傭兵たちにわたりをつけ、徐々にだが権者、王となるものとしての量を身につけてゆく。に命じられた帝国操兵闘技大会への出場、ロタール帝国サクヤ皇女とのささやか瀬、伝説に残る『の操兵』の末裔たちとの邂逅、そして、の"奇岩”に眠る古の操兵…太古より定められた”宿命”が動き出す。

聖刻群龍伝 西方大陸編 全4巻

 奇岩の『の王』の試練、そしてを退け、故郷イシュカークへと帰郷したデュマシオンたち。しかしイシュカーク本は彼らにとって穏の地ではなく、新たな戦いの舞台でしかなかった。第二王子を憎むラストと、父親たる国王の妃であるラオメイア。彼らとの政争のみならず、隣カーダの”蛮人王”ガイザス率いる”ギガース”操兵部隊が侵攻をも、デュマシオンは退けなければならない。外憂内患のイシュカークを、彼は守ることが出来るのか。

聖刻群龍伝 昇龍の刻 全4巻

 帝国の討伐軍すら返り討ちにしたナカーによる侵略を、デュマシオンは5カ国連合の成立という離れ業で対抗し、ついにはガイザスを退けることに成功した。しかし、それらの一連の騒動は、ナカーダの後押しをしていた大エリダーヌによる帝国弱体化と西方制覇の策謀だと判明したとき、イシュカーはあまりに強大な敵、エリダーヌに対抗せざるを得なくなる。苦戦続きのデュマシオン。そんな中、古の「の王」の"計画"の駒がまた一手進む。東の山脈をえて、""の配下の末裔たちが4本足の駿「人操兵」の大群を駆って押し寄せる。

聖刻群龍伝 亢龍の刻 全3巻

操兵の凄まじい威帝国を震撼させた。そして、彼ら蛮族の長を討伐したデュマシオンの名もまた、帝国内にいた。死の床にあった皇帝に”征夷大将軍”の位を任じられた彼は凱旋し、の相手であるサクヤ皇女との甘い一時を過ごす。帝国民の名とは裏に、戦いによって明かされていくの王の宿命を恐れ、に溺れ堕落してゆくデュマシオン。かつての政友によって嵌められ、帝国を追われイシュカークに戻ったあとも、内の内紛を御することは出来ず、も彼を奮い立たせることは出来ない…いや、ただ一人、忠義の騎士、側近であるローエンだけが、その方法を知っていた。デュマシオンにとって最も辛い、そのやり方を。

聖刻群龍伝 龍攘の刻 全4巻

壮絶な内乱の果てに、デュマシオンは王としての生き方を見出した。多くのものを失い、そしてこれ以上失わないために、の王の後継者とならないために、彼は再び戦いに舞い戻る。かつて友として帝国の行末をり合い、今や最大の敵となった男、帝国宰相サイオンとの全面対決。そこには、勢を取り戻し以前以上に危険な存在と化した、蛮人王ガイザスの姿もあった。西方西部域の覇を決する戦いが、今始まる。

聖刻群龍伝 龍虎の刻 2巻以後続刊

帝国宰相サイオンとの戦いから9年が過ぎ、イシュカー国王デュマシオンを盟とする連合西方西部域の最大勢となった。これに対抗しうるのは、未だ大軍を擁し勢を衰えさせていない、第二帝国と名乗るエリダーヌただ一のみ。このエリダーヌとの対立を除けば、イシュカークは穏のもと、過去にない繁栄を謳歌していた。しかし、いつかはこの緊関係に決着を付けねばならない。たるイシュカー国王デュマシオンと獅子たるエリダーヌ国王レクミラー勝利女神はいずれに微笑むのか。そして、の王の計画も、ついに最終段階・・・

キャラクター

デュマシオン
イシュカーの第二子にして操兵「ソレイヤード」の操手(操縦者)。くに亡くしており、後ろとなる者がいなかったために、第一子オラストや、第三コラムの母親ラオメイアに虐げられ、かなりの人間不信。基本的に臆病だが、ときに謀ともいえるほどの勇気と戦略で状況を打開する本的に主人公タイプ。片っ端からヒロインたちに惚れられるが、それに気づかない朴念仁一級フラグ建築士
アーシェラ
デュマシオン幼馴染女性。間者組織「」の大頭であり、手勢を率いてデュマシオン支援する。探索のに同行し、その後も没の行動でイシュカー軍を影から支え続けるが、デュマシオン謀な行動に常にヒヤヒヤしている。勝気な性格で、迷い悩むデュマシオンを引っっていく。彼女には双子がいるが・・・。ヒロイン補その1。
ローエン
イシュカー貴族であり、帝国の操兵大会優勝者の功績、帝国貴族称号をも持つ、の達人。彼は幼少のデュマシオン兄弟にして、心としてデュマシオンが信頼しうる数少ない臣下。大会優勝で賜った操兵「ラシュード」を機としており、お世辞にも普段は強いとはいえないデュマシオン本人やその乗機を守る。礼儀正しく政にも明るいが、策謀を巡らすのは不得手。
フィーン
本名フィーン=ランツェル。操兵狩りを専門とする賞稼ぎ、全身い甲冑の「」を名乗る女武者。踊り子と兼業してとある的で賞稼ぎを続けていたが、途中のデュマシオンと出会い、協関係になった。幼いころから両親をなくし、のマイアにしか心を打ち解けていなかったため、ぶっきらぼうで人付き合いを苦手とする。ヒロイン補その2
サラ
本名サライ=ランツェル。フィーンのであり、同じく「」の片割れである。後的な理由で視を失っており、「」用のい面覆いを付けたときだけが見える。もとは吟遊詩人のなりをしていたが、デュマシオンの軍団に参した際は軍師として卓越した采配を振るった。冷静で穏やかな表情と性格の裏に、武人として熱情を押し隠している。
アグライア
に里をかまえる傭兵集団「サイガ党」の党首の。夫のバルドゥルもそうだが自身も歴戦のつわものであり、重量級の操兵「メガバンデス」をく染め上げ「サイガ赤鬼」として敵に恐れられた。一族をまとめ上げる胆で包容のあるカーチャン。里の危機を救おうとしたデュマシオンに、亡くしたおさない息子の面影を見出し、わが子のように慈しみ、傭兵にさえ満足に雇えない貧乏イシュカークを支援した。
エアエル
サイガ党」の一員。サイガの里で計画的に行き倒れになったデュマシオンを介抱した女性。両親は傭兵として戦死したため、下の兄弟たちを食わせるためくから戦場傭兵稼業を続けており、操兵の操手としては一流。とくに軽量級操兵を使った速攻を得意とする。軟弱そうなデュマシオンを最初は嫌っていたが、のちにご他聞にもれず惚れてしまう。ヒロイン補その3。

関連動画

あったらいいね動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/25(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/25(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP