護身術 単語

222件

ゴシンジュツ

2.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

護身術とは、身を守るための技術である。

概要

一般には他人に襲われた際に対応する為の格闘技術をす。一般的な武道格闘技なども護身を謳っていることが多いが、専門的に護身術を名乗る流の場合、通常の武道武術よりも実用性、速習性を重視し、実際の状況を想定した技術体系となっていることが多い。

危機管理の為の技術、知識全般をすこともあるが、あまり一般的な用法ではない。

よくある技術

大抵の場合、手首を掴まれる、背後から抱きつかれる、胸倉を掴まれるなどの状況からの脱出技術を有している。また、関節技や急所攻撃を基本的な攻撃法としていることが多い。これには非力人間でも効果を上げられるように、という意図がある。

戦術としては逃走を基本とする。法律的な問題もあり[1]、あまり攻撃は重視されない。とはいえ相手の戦闘力、戦意、もしくは機動を奪う程度のダメージは与える必要があり、流によっては過な攻撃を採用しているところもある。

で、使えるの?

人による。

全く知らないよりはマシとはいえ、実際に相手を撃退、制圧するには繰り返し反復訓練が必要。
ほとんどの人は恐怖で凍り付くかが抜ける、パニックになるなど正常な判断が不可能になる。

「常日頃から複数人が各種器で武装した環境を想定し、素手で対応する訓練をしています」
…という人以外は、自分に迫る脅威や危険な状況に気付いた時点で一刻もくその場を離れた方がいい。

 

それだけではなんなので、

手っ取り早く身を守るために

引きこもる

 なんだかんだで最強である。戸締りはしっかり。

危ない場所に近づかない

 基本中の基本。

外では深しない

 社会人マナー

身だしなみはしっかり

 結構効果がある。らしい。

周囲をよく見る、たまに振り返る

 結構効果がある。歩きスマホとかしてる場合ではない。
 「こいつ警してるな」というアピールにもなる。

曲がりは大きく曲がる

 今時いきなり襲われることも少ないが、他人にぶつかってトラブルになる可性はある。

が合ったら会釈

 習慣付けておくと何かと便利。

とりあえず筋トレ

 体は資本。

とりあえずランニング

 最重要。

とりあえず練習

 意外に重要。

とりあえずシャドーボクシング

 どうせやるなら携帯束を握りこんでやること。あと絶対構えないように。

上級者向け

※「空手教室に通う」などではなく、お金が掛からないもの。

想像を働かせる

 ・周囲の情報を常に確認する。
 ・相手に有利/不利な場所を常に探す。

 潜みやすい物陰や、不意打ち、に引き込まれるパターンも想定する。
 いざという際に逃げ込める場所や、武器になる、投げつけるものを探す。
 日常的に通るであれば、それらをあらかじめ頭に入れておく。「想定外」にしない。

 「厨二病」「学校にテロリスト妄想かよ」と思うかもしれないが
 スパイや某工作員の人は路上で襲われても易々と返り討ち/逃走できる理由はこれもある。
 (もちろん、素で過酷な訓練を受けているのもあるが、その結果意識にやっている)

油断しない、気を抜かない

 簡単そうで難しい。緊は長続きしないため。

 

最後の手段

 序盤にも書かれた通り「逃走が基本」であり、戦うべきではないが、追いつめられて逃げ場がない、次に自分を狙う可性が高く逃走が困難な場合は、諦めて抵抗で殺されましょう…というわけではない。本当に最終手段ではあるが、周囲の武器になりそうな物」を探した方がいい。

  • カバンリュック教室椅子など
    • 較的軽量ながら大きく、身近で防具と武器を兼ねている。
    • 前者は内容物を投げつけることも可
    • 内容物もあり、包丁ナイフで切断や貫通するのは容易ではない。
  • といった長物
    • そのまま武器になる。
  • 物を投げつける
  • 、大きな音を出す
  • 上着などの布(厚みがあればなお良い)
    • 変わり種だが、腕に巻き付けると物を防ぐことができる。
  • ベルト
    • 上着のように巻き付けるのは難しいが、振り回すという手もある。
  • ボールペンなど
  • 消火器、非常ベル
  • 座席マット
  • 相手を殺傷する気持ち
    • 「相手を殺したら逮捕されるだろ!ふざけんな!」と思うかもしれないが、明確に殺意を持って自分を殺そうとする相手に限っては正当防衛なので大丈夫です。殺す気でやってください。むしろこれがないと武器があってもが入らないなど精的な呪縛が大きい。

※もちろん相手との距離や、他の人を襲っているなど時間的余裕がないと使えないものもある。

 

…あくまで最終手段で成功の保はできないものの、本当にヤバい時(最終手段)に限っては
全く知らないよりはマシになるはず…なので書かせて頂きました。

基本は絶対に戦おうとせず、一刻もくその場から逃げてください。
そうなる状況や場所を避ける、予兆にいちく気付くのが最善です。
「戦う」のは最後の手段です。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *問題とされるのは自宅敷地外のみ。日本の自宅敷地内においては『盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律』により、正当防衛の成立要件が緩和される。極端な話、不法侵入者をしても「恐怖を感じてやった」と言いれば、明らか抵抗犯人を攻撃していない限り、無罪になる可性が十分にある。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/15(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/15(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP