今注目のニュース
なぜあの踏みつけが一発レッドではないのか VARの「判断理由」が判明
令和初の天皇誕生日 「天皇陛下記者会見」動画とご発言全文書き起こし
スギ花粉 そろそろ飛散ピーク突入か

Ai(遊戯王VRAINS)単語

アイ

  • 9
  • 0
掲示板をみる(346)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Ai(遊戯王VRAINS)とは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ』に登場する謎の生命体である。
CV櫻井孝宏

概要「オラはただの通りすがりのAIですだ~」

Ai

物語の重要なカギを握るAIプログラム

ハノイの騎士SOLテクノロジー社からは「イグニス(個体名なのか種族名なのかは現状は不明)」と呼ばれている。第3話にてAIであることと玉(EYE)だけの姿であることから藤木遊作Aiアイ)」と名付けられた。
草薙翔一と遊作の解析によると、人間にとって未知のアルゴリズムで構築されたプログラムだという。

AIたちの世界サイバース世界を、襲撃してきたリボルバーから護るため、ネットワークの何処かに隠した。そのことからハノイの騎士SOLテクノロジー社から追われる身となる。
元々イケメンヒューマノイドのボディを持っていたのだが、クラキングドラゴンに喰われてしまい、現在玉だけの姿となっている。その際にどの記憶データも破損し、何故追われているのかも覚えていない。

その後5年間を逃げ延びたものの、SOLテクノロジー社イグニスり出すために行ったLINK VRAINS内の大規模スキャンによって逃げ場を失い、その存在を知った遊作のにかかり捕獲され、彼のデュエルディスクプログラムとして強制的に取り込まれる。
その後は遊作からハノイに対抗するための「人質救世主」として扱われ、やむを得ず彼と共闘していくこととなる。

性格はお調子者且つ皮屋で、サイバース世界では嫌われ者を自称している。

遊作のことも「遊作」「Playmaker様」で呼び分けている。遊作からは勝手にハノイとの交渉材料に使われたりと、ぞんざい且つ辛辣な態度で扱われているが、Ai自身も遊作の管理を逃れて勝手に振舞ったり、都合の悪いことはをついて黙っていたりするのでおあいこと言ったところか。
しかし、遊作がハノイ敗北してしまうと自身の身も危うくなるため、デュエルの際に勝つためのアドバイスを送ったり、プログラムに干渉したりと、ハノイとの戦いをサポートしている。
スピードデュエルに挑むPlaymakerに、自身がプログラムした独自のスキル[1]Storm Accessストームアクセス」を与えた。リボルバーの様に自在にとまではいかないようだが、限定的にサイバース世界データマテリアルを開放し、ある程度動的にデータストームを引き起こすこともできる。

飄々とした態度で軽薄な物言いが立つ。
泣きをしたり、慌てたりと、玉だけの姿ながら胡散臭くも表情豊かである。
その一方でプログラムらしく、計算や合理性に基いた思考を持ち、人間の非合理な感情に困惑する様子も見せる。

注意 この項は、作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後にリボルバーった話によると、Aiの属する「イグニス」は、ロスト事件拉致された6人の子供達をそれぞれAIに学習させ、自を持たせた存在である。
その中でもAi藤木遊作を学習材料に形成されたAI。即ち、過去作にも存在した「主人公の分身」の一人である。

また、遊作も知らない未知のプログラムの中にAiの記憶プログラムは最初から入っており、Aiの記憶データの破損は全にだったことが明かされている。これ自体はAiの反応から真実だと思われる。
自分の利益の為に気で他人を欺ける知、これはハノイの騎士イグニスを危険視する理由の一端である。

遊作につけてもらった「Ai」という名前をとても気に入っているらしく、仲間に会うたびに自慢している。(「かわいい名前」「合理的な名前」など、仲間からの反応は様々)

2018年4月1日テレビ東京あにてれ 遊☆戯☆王VRAINSサイトを占拠したことがある。(エイプリルフール企画)
トップページPlaymakerからAiに変わり、「このサイトAiが乗っ取った!」とデカデカと書かれていた。

Aiの嘘と真実

第117話で明かされた衝撃の真実により、以前のAiの言動、特に「知らない」「わからない」「忘れた」という類のセリフはかなり怪しいものになった。このことを踏まえて第1話から見返すのも面いかもしれない。
かどうかの考察だが、仲間イグニスには策を弄さない事、2期以降のPlaymakerに対しては結構信頼していると思われる事が鍵になるだろう。ただし他のイグニスがいる前ですっとぼける事もある(第64話など)。

使用カード

サイバース族/属性イグニスター】
Aiが持つ、故郷や仲間への想いが表されたデッキ
ジェットコースター観覧車がある遊園地のようなフィールド魔法イグニスターAiランドを起点として展開する。このカードは破壊された時、自分フィールドモンスターを全て破壊する。

リンク召喚時の口上は「現れろ闇を導くサーキット」。
ライトニング「光を導く」と対になっていると思われる。

サポートとしてAiの名前がつく魔法カードを多用する。カードイラストでは小さい人Aiが増えたり歌ったりになったりとやりたい放題である。自分が好きすぎる。
キャラクターイラストが入るカードしく、OCG化されないかと思ったっ先にAi打ち》が収録された。おそらく今後のOCGにはAiがいっぱい増えることになる。

切り札はLINK-6《ジ・アライバル・サイバースイグニスター》
Aiイグニスたちの想いを集約させ降臨させた究極のサイバースリンクマーカーは上1横2下3。
ボーマンプログラムから作ったらしい。「ライトニングの遺志を継ぐ」とはこのことかもしれない。

リーダーへの思いなのかはわからないが、レベル4属性《ピカリイグニスター》デッキエンジンとして酷使される傾向がある。(フィールド魔法サーチに加え、ライトドラゴンは4x2エクシーズウィンペガサスは4+3シンクロのため)

リンク召喚!6つのき、今ひとつとなり!
超絶快!絶!エレガントスーパー!……
……ひぃ ふぅ みぃ よぉ、…ひとつ足りないな。え~っと……
ウルトラスーパー!!これで6つ!
見ろ!ボーマンのプログラムを発展させて、が創りあげた究極のの手!
現れろ、リンク6! 《
ジ・アライバル・サイバースイグニスター》!!

 

AIは祈ったりしない。するのは動画を見るための計算だけだ!

関連商品を掴め!Playmaker!!

関連項目

脚注

  1. *後にハノイの騎士リーダーであるリボルバーも使用している。

掲示板

  • 344削除しました

    削除しました ID: fkPlnCcFA3

    削除しました

  • 345ななしのよっしん

    2020/01/15(水) 10:32:21 ID: aLUWG76/m4

    3年開始時は期待したけど今となっては三本のに入るレベルクソキャラ

  • 346ななしのよっしん

    2020/02/16(日) 05:59:07 ID: n3YWHGYERJ

    演じた櫻井さん本人がコメンタリーでAiすごい好きなキャラクターになったって言ってたのは正直嬉しかったな

急上昇ワード

最終更新:2020/02/23(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/23(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP