今注目のニュース
AIで「恋人選び」は出来ない 法則性なし 「フェロモンは惚れ薬」
マリカー訴訟で任天堂が勝訴「5000万円」支払いを命じる 知財高裁
寿司職人一本巻き寿司屋の恵方巻 今年の恵方は西南西! 具がたっぷり 「恵方巻」「海鮮恵方巻」 2種類ご用意 2月3日(月)数量限定販売

AK-74単語

アーカーナナヨン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

AK-74とは、冷戦期にソ連が開発・運用した突撃銃である。

概要

全長は943mmで重量は3.3kg。使用弾薬は5.45mm×39mm弾で、弾倉に30発装填できる。口初速は900m/s、作動方式はガス圧式で発射レートは毎分650発である。

第二次世界大戦の教訓をもとに、ソ連AK-47を開発した。口径は従来の歩兵と同じ7.62mmだが、火の量を半分ほどに減らし、弾丸重量も9.6gから7.9gに落とした小弾薬を使用した。米国ベトナム戦争AK-47と戦うことで、この小弾薬メリットを初めて認識した。ただ、米国は「火の量を半分にするなら口径も小さくすることで空気抵抗を小さくして速度の低下を防ぎ、距離判断の誤差による弾着誤差を減らそう」と考え、口径5.56mmのM16を採用した。この「小口径高速弾」は命中すれば従来の7.62mm弾に負けない威を示したため、ソ連小口径高速弾の小銃を開発することになり、AK-74が誕生した。[1]

AK-74はAKMをベースに開発されており、AK-47やAKMと較して使用弾薬以外にも以下のような違いがある。

おおよそ的とした性アップは達成しており、ソ連では一線級部隊にAK-74を配備し、二線級部隊や同盟に余剰となったAK-47やAKMを回した。その後、ソ連はAK-74の生産を同盟が行うことを認めたが、同盟のほとんどは大量に流入したAK-47やAKMで満足してしまったためAK-74を配備したは少ない。

バリエーション

これ以外にも、輸出を意識したAK-100シリーズや旧東側諸が独自良を行ったバリエーションが存在する。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *科学 知られざるファイア・アームズの秘密」かのよしのり SBクリエイティブ 2014年初版第8刷 p.66

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/29(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/29(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP