AWACS 単語

29件

エーワックス

2.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

AWACS(えーわっくす:Airborn Warning and Control System 早期警戒管制機)とは、大の全周囲レーダーを用いて敵の捜索・追尾を行うと同時に、友軍機の揮管制を行う航空機の一種である。

ではAEWについても合わせて記載する。

概要

AWACSはAEWにべ大幅に管制を増やした機体である。搭載しているシステムに大きな違いはないが、AEWであるE-2Cでは機上管制員が3名搭乗するのに対し、AWACSであるE-767では指揮官以下20名(うち操縦士2名)が搭乗可で、ほぼ地上の警管制組織を代替することが出来る。[1]

レーダーのみならず管制機材・人員も搭載し長時間飛行する必要性から、大輸送機または旅客機ベースとしていることが多い。

AWACSは、機体上部にあるレーダーを使用して航空機の位置・機種等を特定し、その情報を友軍に伝える他、発展した運用の場合友軍の位置を一度中継して友軍内で情報を共有するといった戦術も可である為、現代の中戦において必要とされる情報処理を格段に向上させる。
また、地上の警管制組織が損を受けたときの代替ももつため、一航空全体の抗堪性を高めることも期待できる。

の機体に電子機器を大量に搭載しており、現代の軍用機としてはもっとも高コストな部類に属する。そのため採用しているは多くなく、現在アメリカ日本ロシア中国NATOなどで運用されている。

最近はAEW&Cと呼ばれる機体も出てきているが、これはAWACSとAEWの中間的な存在ということだろう。

AEW(Airborne Early Warning:早期警戒機)

AEWが誕生したのはWW2終了直前。アメリカ海軍空母艦載機で艦隊防システムの一環として期警機の概念が誕生した。これは艦艇レーダーでは(地球は丸いので)線より向こう側、あるいは低、地形上のになるような場合の標発見について、より高いの上からレーダー搭載の航空機で見らせることが必要のため。太平洋戦争後半、日本軍特攻機攻撃対策でもあったレーダー搭載駆逐艦を艦隊輪形の端に置くレーダー・ピケット艦を航空機に置き換えたのが始まり。データリンクが実用化しつつあったのも遠因にある。

WW2以後、航空機ジェット時代になるとより一層艦隊防が難しくなっていた。ミサイルが実用化される一方、核攻撃により被害が甚大化することを踏まえての流れでもあった。つまり敵攻撃を察知できるように輪形を大きくとれば空母まで攻撃される時間を稼げるが、艦隊の防が低下。その反対も…というわけで、レーダー化の動きに合わせて、航空機でより高いところからレーダーで監視しようという流れであった。

余談だが、1950~60年代、アメリカは核攻撃やソ連軍の対艦ミサイル飽和攻撃に対して空母が脆弱であるということでかなり右往左往していたのも事実アメリカ海軍の解答がE-2F-14フェニックスミサイルを使った艦隊防強化で、最終的にはイージス艦にまで行き着くことになる。またフォークランド紛争でも期警機の重要性が認識され、イギリス海軍AEWの任務を持たせたヘリを艦隊前衛に配置する形となる。AWACSとの違いは航空揮管制の有で、AEWであるE-2Cは限定的な管制のみをもつことになる。としてAEW&Cもあり、その明確な区別や基準などはないが、機体サイズが可にする管制の多寡が基準と思っていいだろう。

AWACS/AEW&Cの例

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *軍事研究2014年3月号「尖閣の脅威に対抗する"E-X"」宮脇俊幸
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 18:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/25(木) 18:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP