DQNの川流れ単語

ドキュンノカワナガレ

3.2千文字の記事
掲示板をみる(1,404)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(61)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

DQNの川流れとは、大自然を甘く見たDQN事故に遭う事である。

ことわざの「河童の川流れ」のもじりである為「」流れとなっているが、に限定せずダム等も含む。本記事では、レジャー中の事故全般について扱う。

概要

辺でのキャンプは、気情報を必ずチェックし、になりそうな場合は中止すべきである。

しかし、せっかく休みを取ったのだから、みんなで集まったのだからと強行し、案の定増して事故に遭う例が見られる。特に、梅雨時~にかけての量が多い時期に多発する。

天時であっても、テントをる場所が不適切であったり、アルコールが入っている状態でに入ったり、そもそも遊泳禁止の場所に入ったりしての溺例もある。

このは、インターネット普及期の2000年代初頭に「2ちゃんねる」などで使われ始めたものである。
下記の玄倉川水難事故記憶に新しい時期だった上に、2ちゃんねるが今以上にアングラ色が強く不謹慎ネタを面がる傾向があったこと、「河原バーベキュー」をする人間の代表格が2ちゃんねらー天敵である「DQN」、今で言えば悪ぶった陽キャ勢であったことから、「自業自得」「自己責任」と嘲笑するのが常であり、「の季」とまで言われた。過去形で言っているが、本記事の掲示板を見ての通り、現在でもその傾向が強い。

しかし、大自然DQNだろうが2ちゃんねらーだろうが共通して襲いかかる。対火事と思わず、下記の注意点(そしてそれ以上に気象庁内閣府国土交通省など公式情報)をよく読み、常に最新の知識にあたるようにしたい。

注意

2021年5月20日より、災害対策基本法が施行され、避難情報ガイドラインが変更された。

内閣府HPのPDFexitも参照の上、下記を読まれたい。

異常も毎年のように起きており、これらは河原バーベキューやってるDQNだけの問題ではない。自宅でニコニコ動画を見ていても同じことなので、嘲笑するのではなく、各自自分のこととして捉えること。

全般

  • 立ち入り禁止の場所に入って遊ぶのはやめましょう。わざわざお金をかけてフェンスや看を設置しているのはちゃんと理由があります。

常時の水場について

  • キャンプ禁止・遊泳禁止の看は絶対に守りましょう。死ぬ可性があるから立っている看です。
  • そもそも、氾濫の恐れが非常に少ないと認められた場所でい限り、河原にテントをるのは基本的に危険です。河原が降ったら全部になります。
    • それでもの近くにテントをる時は、が生えていない場所は避けましょう。生えていないのは過去に頻繁にに浸かった場所だからです。が降ってが増すると流される危険があります。
    • の中州にテントをるのは絶対にやめましょう。そこはが降ったらの底です。
  • 晴れていても、ダムの放流、山頂付近の解けなど、増の理由はいくらでもあります。を見たら増すると思い、を見たら満潮で沈むと思いましょう。
  • 後は絶対にに入ってはいけません。
  • どんなに浅い辺でも、子どもにはライフジャケットを着用させ、大人1たりともを離さないようにしましょう。深さ30cmでも人は溺れますし、子どもは1で見えなくなります。

雨天時の水辺、および避難情報について

避難指示(避難勧告)

ダムについて

ダム

  • サイレンが鳴ったら直ちに避難してください。放流の合図です。
    • 法の定めにより、看や電掲示板による注意喚起があります。そういう場所にテントをるのは絶対にやめましょう。晴れていても放流の可性はあります。
  • の時のダム放流は、下流の避難を待っていられないことがあります。コントロール室はダム上部にあり、ここがにつかると制御不能になるためです。繰り返しますが避難指示が出たら絶対に避難してください。

台風について

台風

  • 大きかろうが小さかろうが台風です。に近づかず、で過ごしましょう。
  • 熱帯低気圧台風だと思って行動しましょう。学術上の分類はどうあれ、起きる現は同じ「大嵐」です。
  • 台風通過後も増は続きます。ではなくを見ましょう。

その他マナーについて

レジャー中の水難事故の典型

全国の水難事故マップexit も参照のこと。

増水による事故

の可性を考えずキャンプの計画を立てたり、が降っても甘く見て避難を怠った結果起こるもの。

下記の玄倉川水難事故が典例だが、これは極端な例であって、はここまでバカじゃないから大丈夫」と思っていると大自然の餌食である。小さな油断でも事故は起こる。

旅行者が甘く見た結果だけでなく、2008年都賀川水難事故exitのように、気象警報アナウンスする設備が近くになく、突発的な集中に対応できなかった事例もある。

遊泳による溺水

自然は、プールと違って急に流れが速くなったり、深くなったりするところがある。気づかないままそういったところに入り込み、流されたり足を取られて溺するもの。

そもそも深30cmうつ伏せに転倒したら溺死する可性がある。いかなる深さであろうと、はなめてかかってはいけないのである。子どもの場合は特に、辺では絶対にを離さないことが重要。

については、離岸流の記事も参照。

乗り物からの転落

船・水上バイクからの転落ないし衝突によるもの。

自転車で土手やを走っていての転落事故もある。

遊泳以外のレジャーによる転落

最も多いのは、釣り花火大会である。

釣りの際はライフジャケットを着用すること。花火では縁からなるべく離れて歩くこと。

主なレジャー中の水難事故

玄倉川水難事故があまりにも有名なため、他の事故も同列にられがちであるが、辺のレジャーでは彼らより小さな油断でも事故の危険があることに注意が必要である。

玄倉川水難事故

ダムのすぐ下流、しかもの中州にキャンプり、大のさなかにもかかわらず退避勧告を再三視したことなどが重なり、13名の死者を出す大惨事となった。

藁科川水難騒ぎ

藁科の中州で17-19歳の若者9名が深夜に大を出して盛りをしていたところ、局地的なによる増で身動きが取れなくなり、レスキュー隊に救助された。全員命に別状なし。

玄倉川水難事故とからちょうど1年後に同じようなシチュエーションで起こったこと、こちらではレスキュー隊への暴言が映像としてはっきり残っていることから、併せて非難の対になりやすい。

また、2ちゃんねる話題になったこともテレビ報道された。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1402ななしのよっしん

    2021/08/29(日) 02:01:04 ID: 9ib3ZtHewo

    >>1401
    富士滑落でも見かけたけど、笑わず教訓にすべき!!!って高尚タレるよなw
    バカから学ぶことはない、学びは100%尊いものである、みたいな二元論的な潔癖さというかナイーヴさが感じられる
    昔ばなしとかにもあるように、笑い話として教訓が伝えられることだって普通にあるのに…

  • 1403ななしのよっしん

    2021/09/19(日) 19:34:34 ID: 49JIzJ1+0F

    なぜ毎年どこかしらでDQNの川流れ理な登山で遭難事故おこるのかな
    避難指示を聞くのは負け弱という考えになるのも理解できない

  • 1404ななしのよっしん

    2021/09/19(日) 19:47:23 ID: 6ew9klMivi

    人間社会で傍若人に生き、何かの間違いでそれがまかり通ってきたから、
    自然相手でもそれが通るという驕りがあるんだろう
    そして無慈悲で強大な自然にそんなものは通用しないと悟った時には、
    既に自ではどうにもならない状況に陥っているという構図

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/20(月) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/20(月) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP