今注目のニュース
消えたと噂のエド・はるみ(55)現在とんでもないことになっていると話題に
日赤「宇崎ちゃん」献血PRポスターは"過度に性的”か 騒動に火をつけた米国人男性に聞いてみた
内田有紀、梅水晶は「食べますよ、居酒屋さんで」

nine fever単語

ナインフィーバー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

nine feverとは、日本インディーズバンドである。

メンバー

サポートメンバー

概要

maya高校時代(この時の同級生に、後に音楽活動でもNinE feVeRと関わりを持つ、阿修羅crewMC_cHeePがいる)にライヴハウスで意気投合したKと、三束(サンセット)を結成。地元で、路上ライヴデモテープ配布を行う(この時のデモテープは現在ネットオークションなどで高額取引されている)。
約一年間の活動後、ボーカルベースだけでは、次のステージには行けないのでは?との疑問から、二人は衝突を繰り返す。
そんな折、スタジオ練習後に立ち寄った吉野家で、向いの席に座る汚れたギターケースを背負う巨の男を見つける。面半分でmayaギターが弾けるのか?と尋ねると、肥満体の男は、ロバートジョンソンクロスロードのBメロを店内で弾いてみせた。お店からすれば大迷惑だが、これも運命だと、mayaとKは、そのデブを自分たちのバンドに勧誘した。
牛丼特盛、奢ってくれたら」
それが、その豚野郎の加入条件であった。こうして、牛丼特盛らげながら、椿バンドに加入。バンド名を、放課後サンライズめる。
高校卒業後の進路に困窮していたmayaとKだが、高校卒業後、フリーターとして音楽活動を続けていた椿から
「潰しが効くように、親のや世間のもある。大学に行く事が、決して音楽の時間を削り、回りさせるばかりではない」
との提案から、都内の大学受験。見事合格し、上する事になる。
既に地元で高い評価(ドラムを使わない奇抜な構成等)を受けていた放課後サンライズだが、それ故に、上後の活動は熾を極める。
慣れぬ東京での生活で体調を崩す、迫り来るレポート期限が練習時間を奪う、路上ライヴでの警察の介入等、多くの初歩的問題を抱えたままでのパフォーマンスは、彼らが既に地元で得ていた高い評価を知る都心人間達に、落胆を与えた。
そんな問題を抱えたまま、東京で二度を迎えた彼らに吉報が転がりこむ。
100%パフォーマンスを行えない彼らの自を見極めた、都内で爆発人気を誇るfrom彼方が、対バンを申し込んできたのだ。
これに明を見出した放課後サンライズの面々は、対バンに向け璧の仕上がりを見せ、最高のパフォーマンスを行なった。
しかし、その対バンで、予想だにしない出来事が起こる。
最高のパフォーマンスをした彼らだったが、既に二枚のインディーズアルバム(共にインディーズ年間売上ランキング一位を獲得している)をdropしているfrom彼方の演奏に圧倒されていた。そんな高いレベル音楽を行なっている彼らが、最後の曲の演奏前に、解散を発表したのだ。理由はドラム以外のメンバー大学卒業に際しての就職によるものだった。
次元での演奏を行える、爆発的な売上を誇っている、それでも尚、人生に置ける音楽というレールはあまりにも不安定なのだ。
音楽で生計を立てたいと考えていた放課後サンライズの面々に、from彼方の解散理由は現実というを突き立てる。
演奏に刺を受け、自分たちの活動にも一の自信を得た放課後サンライズではあったが、ライヴ後のその顔は下を向きざるを得なかった。
しかし、最後の挨拶で、from彼方から予想外の言葉を受け取る。
「うちのドラムに、たちが見せられなかったを見せてやってはくれないか?」
そう言って、大学卒業し、社会へと立つfrom彼方の面々は、一の年下でありながら、高い演奏を持つ、二階堂放課後サンライズに託した。
二階堂にとっての最初のバンド活動であり、バンドというえて信頼し合っていたfrom彼方との別れは、彼の音楽活動からの別離を意味していたが、そんなバンドメンバーの思いと、対バンで見た、放課後サンライズの熱意に興味を持ち、放課後サンライズへの加入を熱望。これを、放課後サンライズ側も了承し、二階堂が加入。自身の本名と、自分にとって、二つバンドである(from彼方を忘れないという思いから)という事から、名前を2nd名した。
東京人である2ndサポートと、from彼方でのコネクション等もあり、その後の放課後サンライズの活動は順満帆の様相を見せた。
東京での三度目の冬、遂に放課後サンライズHTBエンタテイメントからインディーズデビューの誘いがやって来る。
苦しい時期を乗り越え、自分たちの活動に確かな自信を持ち始めた彼らであったが、悲劇は彼らを離さなかった。
HTBエンタテイメント所属後、初の単独ライヴ。そんな大舞台の直前、椿が病に倒れる。

急性上気

いわゆる、風邪である。36.5℃の熱をえる熱さに倒れた椿ギターしでのパフォーマンスには不安を隠せなかった。
ライヴ二日前、放課後サンライズスタジオ練習に、一人の男が現れる。
放課後サンライズの曲なら、全部弾けます」
それは、ギターを背負った染みのスタジオ店員桜井だった。放課後サンライズファンである彼は、スタジオから漏れる演奏を聴き、放課後サンライズ演奏耳コピしていたのだった。
意外な援軍を得て、放課後サンライズは単独ライヴで成功を収める。その後、回復した椿サポートギターの重要性を訴え、桜井放課後サンライズへ加入。名前を莉める。
その後、莉の加入を機に、バンド名をNinE feVeRへめる。由来は、メンバー同士での大富豪でのオリジナルの役である。
その頃から、ライヴでの各メンバーへの負担軽減や、新たな音楽性開拓をし、サポートメンバーの募集を2ndが提案。これは、from彼方での活動で、正統派としての活動に、なにか一つ面みが欲しいと予てから2ndが想っていた事だったので、その話を聞いていたメンバーはこれを承認。サポートメンバーの募集が開始される。
しかし、既に一定の人気を誇り、バンドとして完成系に近いメンバー構成のNinE feVeRに加わろうという者は皆無に等しく、募集人数も想うように増えず、また、集まる人間も、どこかスキルに事欠く者ばかりであった。
そんな折、mayaバイト先を、高校時代の親友である由井一月が訪れたのである。まったくの偶然の再会であったが、そこで、mayaバンドの話の流れで、由井一月阿修羅crewというHIPHOPグループで、MC_cHeePの名で活動している事を知る。mayaは思い切って、NinE feVeRとのコラボレートを提案。MC_cHeePもこれを了承し、ライヴに出演する(この時の楽曲が、『女性専用車両に置ける戦争』である)。
それをきっかけに、MC_cHeePサポートメンバーとしてNinE feVeRに参加する事になる。
MC_cHeePの加入直後、stylist補として、クレア・ヴィクイット・砂川が現れる。
メンバー面接にて、自身のハーフとしての生い立ち、美容専門学校での挫折、海外留学、そしてする人との死別ーーこの話に涙を禁じえなかったNinE feVeRの面々は、クレアを募集からの加入第一号として、NinE feVeRに迎え入れた。
また、MC_cHeePの加入を聞きつけた、阿修羅crewの楽曲を引き受けたこともある、DJ oneサポートメンバーとして加入。楽曲の幅に大きな影を与える事になる。
新たなメンバーを迎え、NinE feVeRは初の全ツアーお金いNinE feVeR!』を敢行。
そのファイナルである新宿演後に、NinE feVeRに衝撃が走る。
大成功で終幕した初の全ツアー、その打ち上げ後、新宿にてホームレスジャンケンバトルで所持を奪い合う男を発見したのだ。
NinE feVeR、サポートメンバーの面々は、そのあまりの衝撃に彼にかけた言葉は一つだけだった。

んトコ来ないか?」

往年のヤンクロックバンド名言をパクったその一言は、その男の胸を打った。
こうして、当時ギャンブルに明け暮れていた大学生FSサポートメンバーに加入。演奏中にチョークを食べるなどの圧倒的パフォーマンスでNinE feVeRを盛り上げる事となる。

音だけでなく、"動き"にも信条を持っていたNinE feVeRにとって、FSの加入は、ツアー終了後に燃え尽き気味だったそれぞれのメンバーモチベーションを高めることになった。

勢いそのままに、NinE feVeRは初のフルアルバム放課後サンライズ』をドロップ。軒並み入荷店、通販サイトで売り切れが続出し、その年のインディーズチャートを席巻した。

連日の製作作業からのディベルプ、そして販促イベントライヴに奔走するNinE feVeRの面々。その疲れが頂点に達した『放課後サンライズ販促ツアー』最終日、事件が起こる。

サポートメンバーの終結したライヴmayaボーカルき、Kのベースが唸り、椿ギター歪み2ndドラムが跳ねる。そこに、MC_cHeePライムが飛び、FSが弾け、DJ oneサンプリングが深みを持たせ、クレアセットりを加える。高次元融合したNinE feVeRのライヴ、事件は一だった。

DJ oneの針が飛んだのだ。

論、DJ oneサンプリングが一消えたからといって、普段のメンバーならば意にも介さずそのトラブルを処理できただろう。しかし、疲労のピークに達していた面々は自分の事で精一杯であり、フォローに周る余裕はかった。DJ oneトラブル処理する間での僅かな時間は、メンバーモチベーションをギリギリでつないでいた自分たちの絶対的な演奏空白となる間であり、各々の手は止まりかけていた。

その刹那、観客席から一つの影が躍り出る。

その影は、ショルキーアンプに繋ぐと、そのままNinE feVeRの演奏に溶け込んだ。

言葉は必要ではなかった。気づけば、NinE feVeRとその男は、数年来のメンバーかの様に舞台で交差していた。

最後の楽曲演奏後、mayaは小で男に名前を聞いた。

九怒だ」

それを聞くと、mayaマイクを通して、「突然ですが、今日はサプライズがあります。NinE feVeRの新メンバークドです

極限状態での演奏は、その男がNinE feVeRにとって必要不可欠であるとmayaに確信させた。それに異を唱えるメンバー論いなかった。

こうして、NinE feVeRの数年来のファンであったクドキーボードとして加入した。

関連動画

関連コミュニティ

exit_nicocommunity

関連項目

  • nine feverに関する項を紹介してください。

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP