今注目のニュース
「絶対に、許せない」「涙とまらん」 京アニ火災に声優などアニメ関係者から怒りや祈りの声
洗剤を使わない理系男性 「本当になくても大丈夫なの?」と聞いたら
京アニ火災 来年公開の「Free!」完全新作劇場版の続報公開を中止

PRIDE単語

プライド

掲示板をみる(37)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『PRIDE』とは、

  1. 世界一総合格闘技イベントであった日本格闘技団体『PRIDE』 (※本稿で解説)
  2. 総合格闘技団体『PRIDE』のテーマ曲「PRIDE」 (※本稿で解説。)
  3. 今井シングル
  4. pride - 音楽ゲームpop'n music」の楽曲。ジャンル名は「スプラッシュ」、アーティスト長沢ゆりか
  5. pride - テレビアニメプリティーリズム・レインボーライブ」 および「KING OF PRISMシリーズの挿入歌。速水ヒロCV前野智昭

英語で『誇り』という意味がある。

概要

1997年プロレスラー高田延彦柔術のヒクソン・グレイシーを対戦させるイベントとしてPRIDEは誕生した。
 初期は様々なルールでの試合が組まれていたが、やがて総合格闘技ルールに一本化された。
(※総合格闘技については、『総合格闘技』の記事を参照してください。)

一つの格闘技だけではなく、この世のあらゆる格闘技ボクシングキックボクシング柔術柔道レスリングサンボなど、)多くの格闘技マスターした本当に強い世界の格闘達や、それぞれの格闘技スター選手達が、世界一、そして『人類最強称号を争うというコンセプトの元に集まり、数々の名勝負を繰り広げた。
それが『PRIDE』である。

中期以降はK-1ぐ視聴率・観客動員数を得るようになり、K-1と共にお茶の間に格闘技を浸透させた。

PRIDEはその選手層、規模、演出面などあらゆる点で世界的に評価が高かったため、富や名・新たなチャレンジめて世界中からあらゆる有名格闘達が次々と参戦。
桜庭和志」や「ミルコ・クロコップ」を筆頭として、「エメリヤーエンコ・ヒョードル」、「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」、「ヴァンダレイ・シウバ」、「マーク・ハント」、「マウリシオ・ショーグン」、「アリスター・オーフレイム」、「クイントン・ランペイジ・ジャクソン」、「ダン・ヘンダーソン」、「ゲガールムサシ」など、世界的に評価の高いファイターたちの参戦・発掘により、異様なほどの人気の高まりを見せ、日本最大の格闘技団体へと成長した。

その後もPRIDEは成長し続け、当時業界No.1であったアメリカの団体「UFC」をかにえる世界的な評価を受け始めると、世界中のファイター達がPRIDE参戦を夢見みて憧れるという世界一総合格闘技団体へと成長した。

しかし、人気絶頂の中、2006年運営会社のDSEと暴力団の関係を示唆するマスコミ(週刊現代)の報道をきっかけにフジテレビでの地上波放送が打ち切りとなってしまう。
その後もPRIDEの大会は規模を落とすことなく開催され続けるが、2007年に当時世界No.2であったアメリカの団体「UFC」を運営するズッファ社に身売りすることとなる。

そして、2007年の「PRIDE.34」を最後に人気絶頂のまま、惜しまれつつも幕を下ろすこととなった。

PRIDEを経営するDSEと、PRIDEを買収したアメリカズッファ社との買収条件では、『PRIDEを存続させること』という条件があったが、様々な要因からPRIDEの再開は困難となっており、権利もズッファ社が保有したままになっているため、新しい動きはないまま本日に至る。

現在WOWOWスカパーなどで多くの団体の格闘技中継は行われているため、日本世界格闘技を追い続ける格闘技ファン達はたくさんいるが、一方で地上波のみを頼りにしていたファンたちは行き場を失い、徐々に格闘技を追わなくなっていったため、PRIDEの閉幕は長く続いた日本格闘技ブームの終焉のきっかけとなった。

ただし、日本でのブームこそ去ったが、世界的に見るとPRIDEの撒いた種により人気の高まった総合格闘技現在人気の絶頂にあり、UFCトップとして市場は拡大する一方である。

PRIDEなき後、PRIDEの選手たちは世界中に散らばり、現世界一の団体「UFC」のタイトル・ベルトを奪取したり、日本格闘技団体で活躍を続けたり、成長して世界トップ10ファイターランクインされるなど、様々な話題提供している。
そして、今なお変わらぬ名勝負を繰り広げ、世界中の格闘技ファンを楽しませ続けている。

PRIDEのVTR・楽曲について

PRIDEにおいてVTRというのは、オープニング映像エンディング映像、そして試合前に流される選手紹介VTR(通称:煽りV、煽りVTR)がある。
それらの映像は元フジテレビディレクター佐藤大輔氏による作品であり、そのクオリティの高さから日本のみならず世界中で絶大な人気を誇る。
選手達の個性を把握したうえで作られる巧みで新なVTRは見る者の心を踊らせ試合に惹きつける。

なお、VTRナレーションを務めているのは、『新世紀エヴァンゲリオンシリーズなどで碇ゲンドウを担当する人気声優立木文彦氏である。

また、PRIDEで使用されるオリジナル楽曲も非常に人気が高く、特に高梨康治氏によって作曲されたオープニングセレモニーのBGM『PRIDE』は、今もなお色褪せず人気が高い。
PRIDEが消滅したことにより、このBGMをPRIDEのオープニングセレモニーとして聞くことはなくなってしまったが、PRIDEに出場していた格闘達がこの曲を入場曲として使用するシーンは今でも見られる。

また、2007年頃からはニコニコ動画での「SUMO動画内にてこの楽曲が使用されるようになる。他にも「ももいろクローバー」のコンサートオープニングにてPRIDEのオープニングの演出が行われていたり、バラエティ番組やスポーツ番組などでもこの曲が使用される事もあるため、時々この楽曲をにすることがある。

ニコニコ動画との関係

ニコニコ動画格闘技の試合の中継を放送することも多く、2007年にはニコニコ動画でPRIDEの試合を中継する計画があった。

また、上記にもあるように、PRIDEのテーマ曲『PRIDE』は、格闘技ファンやPRIDEを見ていた人々の間ではお染みであり、人類最強を決める団体のテーマ曲ということもあってか、その流れで格闘技ファンによってニコニコ動画内で「SUMOU」という動画に使われるようになった。 
そして、その「SUMOU」がニコニコ動画内で人気動画となったこともあり、このBGMめて知られるようになった。

その結果、PRIDEを知らない世代は、この曲を「SUMOU」以外では聞いたことがないためか、この楽曲が使われる動画格闘技動画においてこの曲が流れると、「SUMOUだw」「SUMOじゃん」「SUMOUの曲を使うなよ」などと、そういったおかしなコメントを発することが多いため、度々コメントが荒れたり、格闘技ブームを経験した人々や格闘技ファンを苛立たせることもある。

関連動画


◆PRIDE名勝負


◆PRIDEの煽りVTR


◆その他

関連商品

関連項目

掲示板

  • 35ななしのよっしん

    2018/06/23(土) 22:41:23 ID: j3E194by0v

    ?7つも付けちゃうのか……

  • 36ななしのよっしん

    2019/04/07(日) 00:34:18 ID: qq0EocWrhO

    作曲者のツイートがかなり話題になってたみたいだな
    この曲に対する思いがられてる

    本人もすごく思い入れのある曲らしい

  • 37ななしのよっしん

    2019/04/12(金) 02:49:29 ID: sBh7mrjqnJ

    暴力団がらみで日本MMA潰したDSEの残党がけもフレ潰した犯人だったの判明してて
    9.25からこっち堅気の商売とは思えない不可解な現ばかり続いてたけど
    AGNからあの連中の名前が出てきた時点ですべて納得がいったわ
    今でも行く先々で致命的な迷惑かけて回ってんだな

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP