単語記事: マーベル・シネマティック・ユニバース

編集  

マーベル・シネマティック・ユニバースMarvel CinematiUniverse,MCU)とは、MARVEL映画部門マーベル・スタジオによる作品が共通して持つ世界観のことである。

概要

MCUとは、2000年代後半から作られ始めたマーベル・スタジオ製の実写アメコミ作品が共通して持つ世界観であり、すべての作品はこの同一の宇宙の中、すなわちアース199999での出来事を描いている。

そのため、ある作品のヒーローが別の作品のヒーローと共闘できたり、あるいはヒーロー同士が戦うことができる。

この「すべては同一宇宙で起こっている出来事」というアイデアアメコミでは数十年前から一般的であり、だからこそMARVELの『アベンジャーズ』やDCコミックスの『ジャスティスリーグ』などのクロスオーバー企画が刊行できている。作品とキャラクターの版権が作者ではなく出版社に属する、という日本では見られない手法が生み出したアメコミ独自のスタイルである。本家アメコミでは大クロスオーバー企画は数年に一度開催され、そこでは複数の雑誌に渡って通常連載では出会うことのないヒーローやヴィラン達が入り乱れるシリーズが構築される。

MCUでも同様に、各ヒーローが活躍するシリーズを作り、彼ら彼女らを数年に一度の『アベンジャーズシリーズで共演させるというスタイルをとっている。

作品は数年区切りでフェーズという分類がされ、各フェーズの終わりには『アベンジャーズ』が開されるのが通例となる。ただし、フェーズ2は『アントマン』がラストとなった。本来は『アントマン』はフェーズ3のトップに来るはずだったのだが、2014年にフェーズ3のラインナップが発表されたときに修正された。[1]

また、映画とは別にドラマシリーズの中にもMCUに含まれる作品が複数存在する。『エージェント・オブ・シールド』や『エージェント・カーター』は日本国内でもDLifeなどでにした視聴者も多いはず。その他、『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』などNetflixでの配信専用作品もある。他にもHuluでは『ランナウェイズ』の配信が予定されている。

スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマンシリーズは当初権利の関係でMCUには参戦できなかったが、2015年に権利関連の問題をクリアし、再リブートしたうえでMCUに参戦する。しかし、実写版『X-MENシリーズおよびそのスピンオフである『ウルヴァリン』や『デッドプール』はやはりキャラクターの権利の関係でMCUには含まれない。一の例外としてクイックシルバー実写版『X-MEN』とMCU作品の両方に登場するが、設定も演者も異なる全な別人である。実写版『ファンタスティック・フォー』も同様でこちらも権利の関係でMCUには参戦しない。

そんなMCU作品群であるが、作中では必ずと言っていいほどある爺さんが存在する。そう、マーベルコミックスの中核を担うスタン・リー本人である。[2]まったくもって出たがりなお爺ちゃんである。

MCUに含まれる作品

フェーズ1

ヒーローの存在が明確になる「アイアンマン」における”私がアイアンマンだ”発言を皮切りに、ニック・フューリーが各所で動く1週間”Fury's Big Week”を経て「アベンジャーズ」に至るまでの流れを描く。彼らがいかにしてヒーローになったのか、ヴィラン達はどのような的を持っているのか。そういった世界観やオリジンを取り扱う作品が中心。

フェーズ2

アベンジャーズ」でNY戦場になって1年後からの話。ビッグ3のその後の情勢にも切り込んでいき、地球を離れ宇宙で起こっている出来事からインフィニティ・ストーンの秘めたも徐々に明らかになっていく。一方で「アントマン」では縮小世界という、新しい舞台へも広がりを見せていく。

フェーズ3

エイジ・オブ・ウルトロン」でソコヴィアが壊滅、ヒーローの活動自体が世間から疑問視されるように。ヒーロー同士の轢が見え始め、混沌した関係に発展。「ドクター・ストレンジ」で新たに描かれる世界という概念、更なるインフィニティ・ストーンのブラックパンサースパイダーマンキャプテンマーベルといった新世代ヒーローの出現がMCUに大きなうねりを起こす。

以降、続く

ドラマシリーズ

以下、アメリカABC系列ドラマ

以下、Netflix配信ドラマ

以下、その他形式による配信ドラマ

以降、続く

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *Marvel Releases Official Phase 3 Timeline Image
  2. *これに関してはMCU特有と言うよりもMARVEL原作実写全般に言えることであるが…。これまでX-MENやサム・ライミ版スパイダーマン3部作、デアデビルに旧ファンタスティック・フォー2作にもカメオ出演していたが、MCUでも必ずと言っていいほど毎回顔を出している。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9
ページ番号: 5415989 リビジョン番号: 2522367
読み:マーベルシネマティックユニバース
初版作成日: 16/04/23 02:28 ◆ 最終更新日: 17/09/11 12:17
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マーベル・シネマティック・ユニバースについて語るスレ

79 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 00:48:06 ID: 0PDMLnN38W
>>67
凄い事って言うのは悪い意味でか?
もしそうならEP8の出来が悪いのはディズニーのせいじゃなくて監督のせい
EP8はワザとファンに喧売るような内容にしてあるから(ルーク役のマーク・ハミルも苦言を呈してた程)
ジョージ・ルーカスは誉めてたけど、あれは過去リスペクト(EP7みたいな)が嫌いな富野みたいな人だし
80 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 00:51:14 ID: 0PDMLnN38W
>>78
マリオ(アイアンマン)
リンク(キャプテンアメリカ)
ピカチュウ(ソー)
スマブラ界のBIG3
81 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 09:56:49 ID: RavQJH/OPc
>>78
ウルトラシリーズとかもね
82 : ななしのよっしん :2018/04/06(金) 16:38:10 ID: g2U6g2odln
>>76
カーン歴史改変の影で現MCUが消滅してリブートに繋がるんじゃないかっていうのは割と予測されてる
それだとX-MENとF4も最初から出せるし
83 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 04:08:50 ID: +lnqhJx/Y0
社長雷神キャップビッグ3はMCUがコツコツと世界スターにまで押し上げた感じだな
最も有名なスパイダーマンX-MENを他社に取られてる中で凄い根気と手際だと思う
84 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 10:57:29 ID: bG62rUqGJQ
>>81
ウルトラマンスパイダーバース?に近い気がする
>>83
日本だと2012年辺りではハルク以外誰だよこいつら?ダサい(笑)って言われてたな・・・
今じゃもうすっかりおなじみだけど
85 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 12:53:36 ID: au5BUjuD4U
むしろ日本でもアイアンマン普通ヒットしてたからあの中じゃ一番知名度あった気がする
他はほぼないって感じで

アイアンマン>>>キャップ(&ハルク?)>>>>>>>>ソー
体感こんな感じだった思い出
86 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 15:04:14 ID: 2m2WFXSelz
インヒューマンズはアメリカ打ち切りって聞いてたけどやっぱり視聴がきついわ。共感できる人物がもいない。ブラックボルト達王族が高でなく礼も言えない高慢ちきにしか見えないのが致命的。シールドと絡むかと思って見てるけど出てくるんだろうか。
87 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 19:10:24 ID: bG62rUqGJQ
よくよく見ると映画ごとに衣装変わってるのね(当たり前かw)
社長、ウォーマシンキャップは一でわかるけどホークアイ、ソー、アントマンも(アントマンはアベ4の撮影に来てたもSW版と少し違ってた)
逆にほとんど変わってないのってスターロードとストレンジくらいか
88 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 14:49:55 ID: S6iuYH9OrP
インフィニティウォーの何が気になるって制作費だな(あと内訳の中で俳優のギャラは何割なのかとか)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829