アマチュア無線単語

アマチュアムセン

アマチュア無線とは、銭上の利益のためではなく、線技術に対する個人的な興味により行う、自己訓練や技術的研究のための線通信のことである。アマチュア無線を趣味とする人(アマチュア無線)のことをハムともいう。

概要

電波は有限の資である。同じ周波数を同時に複数人で利用すると、混信が発生してしまう。そのため、各の所轄部署が規制を行っている(日本では総務省)その中には「ラジオ用」「テレビ用」「業務線用」などがあり、その中に「アマチュア無線用」という専用の周波数(携帯電話キャリア10社分)が用意されている。

「私的な研究のために使う」という大義名分があるため、極めて自由度が高い。「最大1000wの高出線機を運用する(小規模なテレビ局より大きい。ちなみに携帯電話は0.5w)」「自作アンテナを勝手に使う(業務用では許可が必要。例えば携帯電話アンテナは取り外し出来ない)」「出を変更する(業務用では勝手に変更できない)」ことも(免許の範囲内で)自由である。その代わり「仕事に使えない」という規制がかかっている。

これだけ自由度が高いため、下手くそな運用をすると「テレビラジオノイズが入る」「アンテナが火を噴く」「感電する」等の悪影が発生する。そのため、「線機を使う人」に試験(線従事者免許)を課し、合格者のみが利用可にしている。試験範囲は「技術」と「法令」であり、利用可な周波数帯や出の上限に応じて4つの等級に分けらており、国家試験の難易度もそれに例する。試験内容は4級と言えども大学並みであるため、何も勉強しないで行くと間違いなく不合格である。その一方で問題・出題範囲は限定されているため、問題パターンを覚えておけば小学生でも合格できる。

また、線機そのものにも試験(線局免許)があり、合格しないと使えない。「検定済みの線機」であれば何の問題もないが、「古い線機」や「自作」「外製のアマチュア無線機」等については別途認定が必要になる場合もある。

かつて日本国内で盛を極めたコミュニケーションツールの一つであり、「趣味王様」とまで呼ばれ秋葉原市場を席巻した。しかしながら携帯電話およびブロードバンド環境爆発的な普及によりアドバンテージが大きく奪われ、利用者数は年々減少傾向にある。

無線従事者免許証

国家試験合格発表後40日以内に線従事者免許が発行される。4・3級は各地方の総合通信局(沖縄は総合通信事務所)長、2・1級は総務大臣からの発行となっている。なお、この線従事者免許線運用中は常に携帯していなければならない。

アマチュア無線イベント等

いくつかあるうちの一部を紹介する。

QSLカード

 アマチュア無線は技術研究であるため「交信の品質」「技術的課題の確認」等のため、「交信結果の確認」をする必要があった。また、上述のコンテストやアワードについても「交信したこと」を明する必要があるため、同様に交信結果を確認する必要があった。そのため、約100年前ぐらいから「結果を書いたハガキを互いに送る」という慣習が始まった。これをQSLカードと呼ぶ。現在では「自のアマチュア無線連盟にカードを送ると、自・他を問わず代理で集配してくれる」システム確立している。なお、別に法律で強制されているわけではないので、送らずにアマチュア無線をやることには何の問題もない。

 しかしながら「送るのが面倒」「JARL(日本アマチュア無線連盟)の年会費が高い」等の理由でQSLカードを嫌がる人も多い。そのため「カードを出さないなら出るな!」&「メンコなんぞやめちまえ」という不毛な争いが生じている。

 ちなみに、最近では「電子QSL:インターネット上でQSLカードを発行する」サービスもあり、DX(遠距離通信)の世界で普及しているが、一部コンテスト・アワードでは受け付けられないデメリットもある。利用料は無料安価なので「じゃなければOK」という人は検討してみてもよいだろう。

非常通信

 アマチュア無線を業務で使ってはいけないが、一部例外がある。その一つが非常通信である。大雑把に言えば「非常時(細かい規定がある)」で「有線通信が使えない」場合に限り「定された業務をえて」運用できる。

 業務利用の歴史は非常に古く、例えばアメリカではアマチュア無線の解禁と同時に「非常時の協」が定められていた。また、ARRL(アメリカ線中継連盟)の"Relay"には「非常時に通信を中継する」という意図が含まれている。

 日本の場合は法的に強制されたことはく、ボランティアとして活動している。代表的な例としては、1964年新潟地震では「新潟東京間の警察線の補」「本部~支部の連絡」、1995年阪神淡路大震災では「護衛艦しらね神戸港間の連絡」「本部~避難所・被災地の連絡」が行われており、「登山中の救助要請」はきりがない程である。しかしながら携帯電話が普及しているから大丈夫はしても不通にはならない」「通信衛星があるから気」という意見もあり、アマチュア無線は軽視されていた。ぶっちゃけて言えば、に取り組んでいたのは災害に駆り出される日と救急医ぐらいのものだろう。

 ところが、東日本大震災では携帯電話衛星電話の弱点が明らかになった。当時の資料では「広範囲の携帯電話基地局が一斉に破壊される」「衛星電話津波で壊れる、使える人がいない、する」等の事態に陥ることになった。その一方でアマチュア無線は「被災地の孤立集落の救助要請を中継する」「被災地内の情報ぶっちゃけて言えば道路情報)交換」で一定の役割を果たした。そのため、2017年総務省は見解を発表し、非常時にはアマチュア無線を積極的に活用することになった。

 最近では「防災訓練にアマチュア無線を取り入れる」「病院にアマチュア無線の中継局を設置する」などの対策がされるようになっている。特に南海トラフ地震に襲われそうな地域については「四の五の言っていられない」と言わんばかりにアマチュア無線を使う気満々である。また、大阪の某社は「スマホ線機を接続し、位置情報・画像・チャットデータ等を送受信できる」アプリを開発した。いわばアマチュア無線版のLINEである。

 とはいえ少子高齢化が著しいアマチュア無線がどこまで貢献できるかは不透明である。また一昔前とべるとJARLの会員が減少しており「組織だって活動する防災活動には貢献できないのではないか?」という懸念も強くなっている。

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E7%84%A1%E7%B7%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アマチュア無線

13 エンジニア
2012/07/15(日) 12:15:04 ID: Avaqnuqyr7
JARLに入会してきた、後日用が送られてくる予定、QLSカードデザインどうしようかな?
14 ななしのよっしん
2015/01/13(火) 22:04:29 ID: owHL/6h8St
>>9
ファキン
15 ななしのよっしん
2015/01/23(金) 23:08:35 ID: GmtbLI6Oep
>>10
スポーツにおけるプロアマチュアの違いみたいなもんだろうね。
アマチュアだって競技のルール知らなかったら仲間内でのお遊び以上のことはできない。

>>12
免状に記載された範囲内なら線局運用規則に則れば良いんじゃなかったっけ?
もちろん電波障害とか起こして他に迷惑かけたら相応の責任は免れないだろうけど。
16 ななしのよっしん
2015/09/25(金) 06:29:47 ID: 3kyd+o4qqE
携帯電話の普及で衰退したとよく言われるのはなんでだろう
アマチュア無線は「線通信を楽しむ」ものであって「通信手段」ではないと思うんだけどなぁ
個人的には「理科離れ」の影もあるんじゃないかと
17 ななしのよっしん
2015/11/07(土) 09:47:02 ID: LvRKO49vKh
ハムは「アマチュア無線」をす言葉じゃないよ。正しくは
アマチュア無線」をす言葉だよ。だから「私はハムです」って
言ったりするでしょ。
18 ななしのよっしん
2015/11/07(土) 09:50:58 ID: LvRKO49vKh
あと>>16さんの言う通り、携帯電話が普及したから衰退したわけじゃない。
電話代わりに使っていたわけじゃないから。あとアマチュア無線で大量に
データ通信していたわけじゃないからブロードバンド環境の普及も関係ない。
衰退の原因はむしろインターネットじゃないかな。
19 ななしのよっしん
2016/01/23(土) 13:14:35 ID: gya7WCkjVg
今ならメールなり掲示板なりで楽しいおしゃべりはできるもんなあ
20 ななしのよっしん
2016/11/05(土) 20:48:55 ID: XllZlt7VH2
個人局持ってみたいけどTVIとかが心配
21 ななしのよっしん
2017/02/21(火) 22:07:35 ID: 5RvMk8H4DI
アマチュア無線政府から軽視されるたびに、小電大西洋横断とか新しい通信技術を開発して認められていったって話好き。
何がそこまで彼らを動かすのか…。
22 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 18:40:16 ID: QY1QzoNC49
>>16
生活のための仕事とは別に通信をやるだけの銭的・体的・時間的余裕がなくなってきているってことでは

急上昇ワード