総務省単語

ソウムショウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

総務省とは、日本政府を構成する「」のひとつ、行政管理・地方自治・情報通信を担当する政府組織である。英語表記はMinistry of Internal Affairs and CommunicationsMIC)。

記事の正確性をめる方は入省exitするか、Wikipediaexitをご参照下さい。

概要

総務省とは、日本国政府部門における行政管理・地方自治・情報通信を担当する省である。
キャッチフレーズ「実はここにも総務省」

中央省庁再編により、総務庁、郵政省、自治省を統合した影により、所管範囲が多岐に渡りすぎて何をしているのかよく分からない人が多い省である、省庁再編時にはのような省ともいわれた。

初期の英語表記は「Ministry of Public Management, Home Affairs, Posts and Telecommunications」で、直訳すると「共管理、内務、郵政および遠隔通信の省」。現在は文頭にあるように「Ministry of Internal Affairs and Communications(内務・通信省)」に称されている。

なお、戦前の内務省はこの省の機に加えて警察庁(警保局)、国土交通省(土木局)、厚生労働省(衛生局・社会局)の機を併せ持った省庁だったため、機的には異なる省と見てよい(それでも再編時は「内務省の復活」とにわかに囁かれたが)。

省庁再編前の名残で、未だに国家公務員の採用自治系行管・通信(テレコム)系の二つに分かれているしい官庁である。特に自治系は採用されると入省後すぐ地方に飛ばされ、やっと中央に戻ったと思ったらまた出向を命じられるなど、数ある中央省庁でも特に地方への異動が多い部署である。その代わり地方でのコネが作りやすいため、退官後に知事や市長になる者がとりわけ多い。かつては天下り国交省警察庁に次いで多いと言われていたが、最近は総務省自らが推し進めてきた地方分権化の影地方自治体天下りを受け入れるメリットが減ったため、天下り先のポストは減りつつあるという。

経済産業省と共にニコニコ超会議2の後援組織である。

ニコニコ超会議3においても前回同様に後援を務める。

インターネット博覧会のことは黒歴史らしい。

総務省公式ツイッターexit現在萌えキャラを採用している。

さすがは黒歴史インターネット博覧会(詳細はインパクを参照)を行った総務省である。

歴史

総務省の前身ともいえる戦前の内務省は警察と官選知事を通した地方行政支配によって絶大な権勢を誇ったが、戦後GHQから戦争遂行に大きく加担したと認定され、底的に解体される。回復後、自民党保守の間で幾度か旧内務省の復活(岸信介の内政省案、池田勇人の自治公安省案など)が画策されたが、いづれも検討にとどまっている。

予算

一般会計

平成24年度の総務省所管予算は174526億600万円、そのうち地方交付税交付が16兆46654400万円と予算の大半を占める。このことからも総務省が地方を管理する官庁であるといわれる所以である。同時に地方の予算は増やしたいが独自予算には消極的だともいわれる。

地方自治体の予算増減について、地方の代表となって財務省とやりあう姿もよく見られる。

宝くじ

総務大臣の許可を得て地方自治体が発売元となり発売事務銀行等に委託。 委託を受けた銀行等では、発売元(地方自治体)の定めた発売計画に従って、宝くじ券の図柄や、印刷、売り場への配送から、宣伝、そして売りさばき、抽選、当せん番号の発表・支払いまで全てを行う。その収益と時効当せん地方自治体に納付されるという構造になっている。

宝くじは総務省の管理する事実上の副予算なのである。

参考までにではあるが、日本現在宝くじ昭和20年7月日本国軍事費調達のためにつくった「勝札」(かちふだ)を由来とする。戦後には被害をこうむった地方自治の再建費用捻出のため、各都道府県が独自にくじを発売できるようになった。そして昭和29年に「政府くじ」が止され「地方くじ」だけが残った結果、現在のような構造へと変化していった。

特別会計

  • 交付税及び譲与税配付(総務省、内閣府の共管)

担当業務

他、多岐にわたる。なお、ゆうちょ銀行かんぽ保険金融庁の、IT業界は経産省の所管であるため関与しない。

所管の外局

所管の法人

特殊法人

独立行政法人

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目・リンク

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B7%8F%E5%8B%99%E7%9C%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

総務省

18 ななしのよっしん
2019/12/22(日) 12:08:12 ID: dRICT46Yd7
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-12220042-sph-sociexit
22日放送のTBS系サンデーモーニング」(日曜・前8時)で、高市早苗総務相がかんぽ生命保険日本郵便保険不正販売問題を巡り、行政処分案の検討状況を日本郵政グループに漏らしたとして、鈴木総務事務次官を停職3かの懲処分にしたことを報じた

コメンテータージャーナリスト青木理氏は、情報漏洩問題に「なんでこんなに失礼ながら質の悪い人が次官になっていたんだろうかということなんです」と摘した。
その上で鈴木上級副社長について「NHKをある種どうして、あろうことか暴力団だっていったわけですね。あろうことか総務省は放送行政を統括しているんです。その権限をもっていた人がNHKにどうをかけて、NHKも残念ながらわび状を持っていったわけですよ」とコメントした。

あえて申し上げれば皮ですけど、1万件以上もお年寄りやだます契約があったんだったら、かんぽ生命の方がよっぽど反社会的な詐欺集団、日本最大の詐欺
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
19 ななしのよっしん
2020/06/13(土) 19:27:50 ID: Uaosbl2Zj/
総務省は権限が集中しすぎ

地方自治と郵便局日本郵便)と通信事業
それぞれ毛色が違う重要事業を抱えている。

少なくとも地方自治とそれ以外は分けたほうがい
日本郵便も純郵便国交省経産省保険銀行金融庁の管轄にしたほうがい

通信業界はそれ自体で1省庁使ってもいいくらいの重要産業
つーかキャリアの横暴だし
20 ななしのよっしん
2020/06/13(土) 19:30:30 ID: xvYNJS0GIP
これでも内務省から権限削ったんでしょ?
内務省すごいな
21 ななしのよっしん
2020/09/02(水) 19:06:38 ID: EG+SkQ1eRP
情報通信省新設して情報通信を分割してくれ
22 ななしのよっしん
2020/10/03(土) 13:43:15 ID: HnRG3+A64t
国交省のように技術屋が強い省庁にしたいの?
23 ななしのよっしん
2021/02/19(金) 22:08:54 ID: zXhYHTs5IH
ガースードラ息子が好き放題してて

接待問題の総務省局長ら2人、20日付で大臣官房付に
https://asahi.com/articles/ASP2M31PHP2MULFA005.html?twicoexit
24 ななしのよっしん
2021/02/22(月) 23:52:25 ID: dRICT46Yd7
立民の奥野総一郎氏は首相の著書「政治家の覚悟 官僚を動かせ」を踏まえ、「間違った方向に官僚が動いている。長男の陰に首相がいるので、官僚が間違った方向に動くのではないか」と厳しく摘した。
立民などの野党が今回の接待問題の追及に前のめりになっているのは、首相の身内がかかわっていることに加え、首相は総務相や総務副大臣を歴任し、同省は首相の「直轄地」と呼ばれるほど、影が強い省庁だからだ。
野党は接待問題への追及は政権の打撃に直結すると踏んでおり、令和3年度予算案への採決拒否もちらつかせ、攻勢を強める姿勢を崩していない。
立民の枝野幸男代表は党の会合でかつての大蔵省の接待汚職事件も念頭に「今時、こんなことが堂々と行われているのか。20~30年、時代が戻っている状況だ」と批判した。福山哲郎幹事長も長男国会招致の必要性にめて言及した
25 ななしのよっしん
2021/04/08(木) 07:37:20 ID: dRICT46Yd7
>>sm38549706exit_nicovideo
26 ななしのよっしん
2021/04/21(水) 23:55:31 ID: dRICT46Yd7
>>sm38343680exit_nicovideo
27 ななしのよっしん
2021/05/09(日) 20:00:58 ID: dRICT46Yd7
成人の息子不祥事を親が謝罪する必要ってあるかな
内閣トップとしての謝罪が中心ならわかるが

1/22の衆院予算委員会の集中審議で、菅義偉首相は自身の長男が勤める放送関連会社「東北新社」から総務省幹部が繰り返し接待を受けていた問題について、「私の長男が関係して、結果として公務員倫理法に違反する行為をすることになった。このことについては心からおわびを申し上げ、大変申し訳なく思います」と謝罪した。
立憲民主党奥野総一郎氏から「(総務省幹部は)さんが黙認しているんだから行っても大丈夫だろうという緩みにつながったんじゃないか。首相に原因があるんじゃないか」と問われ、「私は長男と会社の話は一切していませんでした。報告も受けておりませんでした」と断った上でおわびをした。
首相は、奥野氏から「ご子息が絡んでいたということでのおわびでいいか」と確認され、あらためて「私の長男が関係して、結果として公務員の方が倫理法に違反する行為をすることになったことについて大変申し訳なくおわびを申し上げたい」とし、「総務省において事実関係を明らかにするために
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)