カルメン単語

カルメン

『カルメン』(Carmen)とは、

  1. スペイン語圏の女性の名前
  2. プロスペル・メリメの小説
  3. 2.を原作としたジョルジュ・ビゼーオペラ

本項では2.および3.について記述する。

概要

メリメの小説「カルメン」は1845年に刊誌「両世界評論」に発表された。2年後に単行本化され、彼の代表作の一つに数えられている。
作中では考古学者がスペインで出会ったバスク人の男の物語るという体裁になっており、情熱的なジプシー女・カルメンに振り回された挙句、悪事を犯して身の破滅を招いた事が記されている。

これを原作とし、1874年にジョルジュ・ビゼーオペラ『カルメン』を製作
演出としてタバコをくわえて踊る工女や不道徳な内容から批判を受け、初演は不評だったものの、徐々に評判を上げ、ウィーン演の話が持ち上がる。ビゼー契約を結んだが程なく心臓発作で死亡晴れ舞台をそので見る事はなかった。

現在ではフランスオペラの代表作に数えられ、世界的にも人気を博している演である。『ハバネラは野の)』『闘士の歌』などの名曲が広く知られている。
また本作で役を演じるカルメンはメゾソプラノの歌手が演じるのが通例で、メゾソプラノが役をれる数少ない作品でもある。

あらすじ

1820年頃のスペイン・セビリア舞台

衛兵伍長ドンホセ許嫁ミカエラが彼を訪ねて来るところから物語は始まる。同僚のモラレスがそろそろ交替の時間だと告げた為にミカエラは一旦去るが、そこへ入れ違いにドンホセが登場する。
訥なドンホセをモラレスがからかっている所で、煙草工場から休憩時間に入った女工達が登場。その中に一際美しいジプシーの女・カルメンがいた。

くような美貌と大胆かつしい性格で若い男達を魅了するカルメンだったが、ドンホセ彼女興味を示さなかった。挑発するように薔薇を投げつけて去っていくカルメンを礼なだと怒りながらも、ドンホセは徐々に彼女に惹かれてしまう。
そこへミカエラが戻ってきてドンホセから託された手紙を渡す。遠い故郷を懐かしみ、将来結婚する事を確認する二人。

ところがミカエラが去るとにわかに騒がしくなる。女工達が喧を始め、大騒動になったのだ。騒動の中心にいたのはカルメンだった。
上官の命でカルメンを逮捕し、縄で縛るドンホセ。しかしカルメンは彼を誘惑し、縄を解かせる事に成功、逃亡してしまった。逆に逃亡助罪でドンホセ逮捕されてしまう。

時は流れ、セビリアはずれの場。
カルメンは仲間達と踊っていたが、そこに登場した闘士・エスカミーリョに一惚れしてしまう。
そこへ出所したドンホセが現れ、カルメンへのを情熱的に歌い上げた。衛兵の名誉を捨ててまで自分を助けてくれた男相手についその気になるカルメンだったが、衛兵を集めるラッパの音を聞いたドンホセが帰ろうとすると「あんたはその程度なの!?」としくなじり、「私を愛しているなら、一緒に密輸団に入りなさい」と命じる。

こうしてなし崩し的に犯罪者へのを歩む羽になったドンホセだったが、この時既にカルメンの心はエスカミーリョに移っていた。そんな彼女カード占いをするが、何度繰り返してもカードは「死」をし示すのだった。
一人見りに立つドンホセミカエラが訪ねて来る。しかしそこにエスカミーリョが現れ、二人はカルメンを巡って決闘となってしまった。密輸団の連中が二人を制止すると、エスカミーリョは一同を闘場に招待すると約束し、然とその場を立ち去る。
相手は絶大な人気を誇る闘士、既にの勝敗は決していた。打ちひしがれるドンホセに、故郷のが危篤であるとミカエラが告げる。そんな二人に「さっさと立ち去るがいい」と言い渡すカルメンを残し、ドンホセミカエラと共に故郷へと向かうのだった。

所は変わり、セビリアの闘場。大変な賑わいの中、次々と出場する闘士たちが行進する。
歓呼のに迎えられる中、カルメンにを誓い、闘場へと消えていくエスカミーリョ。一人広場に残ったカルメンのの前に、やつれ果てたドンホセが姿を現した。
復縁を迫るドンホセに対し、カルメンは既には去ったと言い捨てる。「復縁しなければお前を殺す」と脅すドンホセに「やれるものならやってごらん!カルメンは自由に生まれて自由に死ぬんだ!」と告げると、かつて彼からもらった指輪を抜き取り、彼に投げつけた。
この仕打ちにドンホセは逆上、カルメンを捕らえて刺殺。狂ったように「するカルメン!」と絶叫する中、物語の幕は下りる。

補遺

スペイン語圏では「マリア」と並びポピュラーな名前で、町中で「カルメン!」とを上げると結構な数の女性が振り向くという。

楽曲は広く人口に膾しており、フィギュアスケートに用いられる事が多い。著名なところではエフゲニー・プルシェンコソルトレイクシティ五輪におけるFSプログラム(通称『やけくそカルメン』)など。
またホラーゲームFive Nights at Freddy's』ではとあるキャラが登場する時にオルゴール版の「闘士の歌」が流れ、みんなのトラウマと化している。

「カルメン」は劇中での描写通り、魔性の美貌と性格で男を破滅に導く「ファム・ファタール(運命の女)」の一例に数えられる。
同時に「に生きに死ぬ、情熱的な女」の代名詞でもあり、ピンク・レディーの楽曲『カルメン'77』など、その名が使われる事がある。

アメリカでは1994年からテレビアニメ怪盗カルメンサンディエゴ』(Where on Earth Is Carmen Sandiego?)製作、放送された。日本でも同年からNHK教育で放送されている。
際的な窃盗団「V.I.L.E.」の女首領、カルメン・サンディエゴの活躍を描いたピカレスアドベンチャーで、いトレンチコートと帽子トレードマーク美女として描写されている。
2018年にはNetflixリメイクアニメオンエア、および実写映画製作が発表された。放送開始は2019年予定。

関連動画


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カルメン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • カルメンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード