クラシック単語

クラシック
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

クラシック(英:classic)とは、「古典」、「伝統的」、「一級品」、「大会」といった意味の英語である。
ニコニコ動画においてクラシックといった場合は、クラシック音楽(classical music)をしている事が多い。

クラシック音楽(古典音楽、古典派音楽)

狭義のクラシック音楽 (古典音楽) は18世紀にった、バロック音楽に続く音楽スタイルをさすものであり、クーラウやレイハ (ライヒャ) 、ダンツィなどの作曲を挙げることができる。その中でもハイドンモーツァルトに代表されるウィーン古典音楽をさすものとして使われる例が最狭義であると言える。

広義のクラシック音楽は、J・S・バッハ以降の後期バロック音楽から、R・シュトラウスマーラーなどの後期ロマンドビュッシーラヴェルの印までをして言う。それ以前は古楽(early music)、それ以降は現代音楽(contemporary music)とされる。ただし、シェーンベルク等の調音楽や新古典音楽などのように、広義のクラシック音楽と近代芸術音楽界については曖昧である。

そのような経緯もあり、一般的にはポピュラーミュージックと対する概念として、作曲年代にかかわらず単に西洋の古来からの一連の芸術音楽の事をクラシックと呼んでいる。この辺の詳細は Wikipediaexit等を参照の事。

ニコニコ動画では、純然たるクラシック音楽ではないが(楽器編成やアレンジなどが)クラシック音楽っぽいものもクラシックと呼ばれている。オリジナル演奏してみた歌ってみたなどはあまり多くないが、VOCALOIDによる演奏(ボカロクラシカ)、自炊プロ演奏映像や、プロ演奏静止画と共にBGMとして聴かせるものが多い。

バラエティYouTubeべると格段に少ないが、11分以上の曲はクラシックではざらにある為、重宝されていると思われる。交響曲組曲などが丸々アップされている例も少なくない。
クラシックの技法に則って書かれた自作曲動画も存在する。

関連動画

オリジナル(自作曲)系

他のネタとのミックス系

その他

関連商品

ニコニコ市場 - クラシック:CDexit_nicoichiba

ニコニコ市場 - クラシック:DVDexit_nicoichiba

ニコニコ市場 - クラシック:本exit_nicoichiba

クラシック音楽の関連項目

それ以外の「クラシック」の関連項目

クラシック音楽の楽曲

クラシック音楽の楽曲の一覧を参照。

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

クラシック

251 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 18:25:04 ID: DQab+JwBzd
オーディオ的な度からクラシック興味を持った方はサンサーンスオルガン交響曲を是非聴いてみて欲しい。オーケストラピアノ連弾オルガンまで付いていてその音響効果には圧倒される
自分が気に入っているのはミュンシュボストンCD50年代の録音とは信じがたいほど鮮明で、音が良い。
有名なアンセルスイスロマンド管はリズムのキレが悪く、音色もいまいち冴えなくて、ちょっとがっかりだった
ほかにもマルティノン盤、プレートル盤、デュトワ盤と名盤が多く出ているので、聴きべてみるのも面い。
252 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 18:36:03 ID: DQab+JwBzd
ほかにもオーディオ的に聴き映えする曲は、ホルスト惑星
ムソルグスキー展覧会の絵
ベルリオーズ幻想交響曲
リヒャルト・シュトラウス『ツァラストラ』
ストラヴィンスキー『ペトリューシュカ』などが親しみやすい
253 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 19:01:28 ID: DQab+JwBzd
レーベル音響というのも興味深い
例えばフィリップス(現デッカ)で言えば、イムジチ合奏団のヴィヴァルディ四季』は大変人気が高い。イムジチのフレッシュな演奏素晴らしいのは事実だが、フィリップスの暖かい音響がこの録音を名盤として決定付けている
他に内盤か海外盤かという違いも出てくる
例えばロンドンデッカやヴァンガードの録音は、ユニバーサルオリジナル盤よりもキングレコード日本盤を好む人が多いのも、キング独特なアナログな音に親しみを覚える人が多いからだろう
オーディオ的にCDを選ぶというのはクラシック初心者の方には大いにお勧めしたい、良い音で楽しむのにこしたことはないから
マニアになってくるとSPの貧しい音質でも名演だから聴きたい、(例:カザルスドヴォルザークチェロ協奏曲』、リパッティシューマンピアノ協奏曲』、コルトーのショパン『ワルツ集』など)という欲求も出てくるが、初心者較的近年の、綺麗な録音から聴いていった方が音楽に親しめると思う。
254 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 19:36:33 ID: DQab+JwBzd
最新のメディアではSACDというのもあって、段違いに臨場感があるらしい
最新盤だけでなく、昔の名盤もつぎつぎとSACD化されている
ただ一の欠点は再生プレイヤーの値段がバカ高いこと
コストの問題が解決すれば、もっと一般に普及するだろうに
視覚面も考慮するとDVDaudioというのも開発されたが、これは全く普及しなかった
そもそもクラシックDVDBlu-rayはあまり売れないようで、ソフトも少ししか発売されていないのは残念な気はする
255 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 15:16:49 ID: TtdpTngWnX
英語の授業でクラシック和製英語英語だと"classical music"だから日本語はおかしいって教わったけど、ドイツ語だと"Klassik"でクラシック音楽すから全くおかしくないということを後々知った
256 削除しました
削除しました ID: hkagV59Ey9
削除しました
257 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 13:21:27 ID: GqF26P3ncc
録音の話を見てよくよく考えてみたら、録音のオケ曲ってのは本来この世に有り得ないものなんだよな。
一つの大部屋くらいのスペースにミシッと詰め込んだ楽器の群れが発した音の集合をちょっと離れたどこかの1点から聞き取るのが普通の生のオケ曲なわけで、当然楽器ごとに聞き取れる強弱なんかが聞く位置で大きく変わってくるよな。
それをそれぞれどうにかこうにか録音して調整し、スピーカーと言う一つの音から発されるちゃんとした曲にするってのは、『録音して複製する』と言う言葉からは大分イメージがかけ離れた、創造性のいる作業だと思った。
258 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 16:02:24 ID: FAQq0hOcrh
クラシックの場合(ポピュラーは話が違ってくる)ライブ演奏以上に良い音につくりあげると、後々問題になることもある
ピアノとかヴァイオリンの音をプロデューサーが聴き映えするように加工してレコーディングした場合、レコードで聴いたリスナーが「この演奏は凄い!」って思って生のリサタルを聴きに行ったら、「全然違う…」とがっかりして帰る、ということも起こり得る
ポピュラーだと1967年以降のビートルズのように、ライブを最初からしない前提で造られたレコードもあり、録音されたレコードが最高に作り上げられた作品ということになる。そうなると、ライブパフォーマンスは二の次になり、録音こそが芸術として絶対なものになる
そういうアーティストポピュラーでは続々現れるようになったが、クラシックではグレン・グールドのような例外を除くとまだまだ少ない(グレン・グールドライブパフォーマンスが低かったと言っているわけではない、念のため)
クラシックの場合、実以上に良い音で録られても「実演はたいしたことなかった。幻滅した」などとあとで言われてしまうリスクを考えると、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
259 ななしのよっしん
2021/06/07(月) 23:39:05 ID: KOb5D+H3Qu
映画とかで、悲しいシーンだけでなく、人が理不尽に死ぬとかサイコシーン
クラシック系の音楽流して、狂った感じの演出が好きだな。
なんでサイコシーンと、美しい音楽は合うんだろう。
260 ななしのよっしん
2021/06/07(月) 23:44:28 ID: q3ozp0wU9m
>>258
いっそ逆に、全てのパートレコーディングして理想の録音を作るアプローチも面いかもしれないね
クラシックの美しさ=ホールで聴く美しさでは必ずしもいと思う。音楽そのものの美しさを追求するなら、ホールに拘る必要はない

それか未来打ち込みが生音と区別できないほど発達して、個人の璧な録音が作れるようになったり...

急上昇ワード改

2021/06/18(金)04時00分 現在