ジョニーが凱旋するとき単語

ジョニーガガイセンスルトキ

ジョニーが凱旋するとき」(「ジョニーが帰るとき」「ジョニーの凱旋」など邦題表記は揺れる。原題: When Johnny Comes Marching Home (Again)とは、南北戦争時代(1861~’65年)のアメリカの俗謡(流行歌)である。

ジョニー特定の人物ではなく一般的な男性または女性す言葉だが。この曲の場合、狭い意味では南北両軍の帰還兵、広い意味では家族・親類・知人・etc...をもしている。

概要

もともとはアイルランド民謡として歌われていた作詞作曲者不明の曲あのジョニーはもういない」(Johnny I/We Hardly Knew Ye/Yaexit, 直訳すれば「ジョニー方が方だなんてなかなか判らなかった」)で、アイルランド中東部のキルデア州アサイ(Athy)へのすがら、戦争によって半死半生の変わり果てた姿になったジョニーに、それでも生還してくれたことへの素直な喜びを告げる人の歌である。またこの手の民謡の多分に洩れず、失われた部位をとくとくと列挙するさまは言葉遊びの要素を多分に含んでいて、ある種のユーモラスさすら漂っており決して悲しみ一辺倒の歌というわけではない(しかし現代ではジョニーの痛ましい姿と人の驚きが強調され、反戦歌として解釈されて歌われるることが多い。 cf. スカボローフェア)。この民謡に勇壮な歌詞をつけ直して生まれ変わったのが・・・

・・・というのが通説であるが、「いない」のオリジナルは「凱旋」とは曲が異なり、逆に「いない」(出版は’67年)の詞が「凱旋」(同’639月)の曲で歌われることがあった、というのが事実のようだ。「凱旋」の曲の直接のオリジナルとして最有なのは作詞作曲者不明の北軍兵の戯れ歌ジョニーよ鉢を満たせ」(Johnny Fill Up The Bowlexit, 同’636月)で、これは南北戦争西部戦線で勝利を重ねる北軍兵の宴席で、「いない」のジョニーのように傷痍した南軍兵(この時期のジョニーは南軍兵をスラングでもある)の抱える物乞い鉢に食べ物を恵んでやる、といった内容の詞である。この曲に揮者・義勇兵のパトリック・S・ギルモアPatric Sarsfield Gilmore)が歌詞をつけ直したのが「凱旋」であるとされている(ギルモア自身は20年後に「ミュージカルヘラルド」にて「反乱(南北戦争)の初期に、かがハミングしていたのをたまたま聴き、曲想を得て譜面に起こし」たとっており、「鉢」の曲自体は以前から歌われていたようで、その元歌の補も存在する)。

詞の方は北軍兵の栄ある帰還を願うものとも、南軍兵(ジョニー)の名誉の撤退を促すものとも見ることができる。ともあれこの歌は様々なメディア引用されて多くの人口に膾し、果ては戦争末期の南軍諸州の兵士たちにも広く口遊まれていたのは事実である(後にイギリスでも流行った)。全人口の実に15人に1人が亡くなるというアメリカ史上最大の犠牲を生んだこの内戦の中、『風と共に去りぬ』や『若物語』等に描かれるように家族や知人に戦没者がいるのが当たり前という世の中で、敵味方の界を越えて歌い継がれていくものがこの歌にはあったのだろう。現在では他にも幾つかの替え歌が存在しており、パロディを含めて様々なパターンの曲を聴くことができる。

南北戦争から約80年後の1943年には、アメリカ作曲モートングルードが、本曲を題にした変奏曲『アメリカン・サリュート』を作曲した。当時アメリカは、太平洋戦争日本と戦っている最中であり、アメリカ軍兵士の士気を鼓舞する的に作られたが、今では日本でもよく演奏されている。元々は管弦楽曲だが、現在吹奏楽編曲されたバージョン演奏されることが多い。

映像作品でもこの曲はしばしば使われており、洋画では『博士の異常な愛情』『ダイ・ハード3』『風と共に去りぬ』『西部開拓史』『第十七捕虜収容所』、日本では『塀の中の懲りない面々』やアニメBLACK LAGOON』『ガールズ&パンツァー』などの挿入曲としても知られている。

また、スポーツでもサッカーを中心に応援歌としてよく利用されており、リバプールFCなどの欧州名門クラブほか、Jリーグの複数クラブでこの曲をアレンジした応援歌が使われている。

関連動画

あのジョニーはもういない

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%81%8C%E5%87%B1%E6%97%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジョニーが凱旋するとき

23 ななしのよっしん
2016/03/27(日) 17:23:55 ID: 0KMbHguwuT
アメリカ軍歌ってこれしか知らなかったから、なんでサンダース戦で流れないのかと思ってたけど、
サンダースメンバーでは勇壮で哀愁ただようメロディは合わんわな。
24 ななしのよっしん
2016/05/30(月) 01:16:03 ID: 3JiuDUtUWq
レキを粉砕しながらゆっくりと前進する様と相まって最高に好き。
25 ななしのよっしん
2016/06/06(月) 23:57:47 ID: QCvk/BPuoj
ダイ・ハードで使われてて知ったけどこれ気が狂うほど好き
26 ななしのよっしん
2016/07/22(金) 22:09:02 ID: L2sMq+FSL5
この曲のメロディを最初に知ったのが、『アンツ』で流れた替え歌バージョンだったのは多分だけ

アリを倒せそれーそれー♪
27 ななしのよっしん
2016/08/02(火) 20:31:28 ID: m+kz6WFsy4
>>23
サンダースのほうはアメリカ野砲隊マーチが使われてるね
同じアメリカ戦車だけどこっちは敵として出たときの強敵感がイメージととてもマッチしててよい
カール不気味さも感じる曲だけどこっちは純強さを押し出してる感じが好き
28 ななしのよっしん
2016/10/25(火) 21:18:08 ID: HyPG7ci13e
>>sm29861012exit_nicovideo


これの2曲santiano版もカッコいいぞ
29 ななしのよっしん
2017/01/17(火) 13:14:43 ID: nmt0dP6VOr
不動産のことなら連合隊(福岡の人なら分かるかも)
30 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 03:03:41 ID: X5fWzwcp5I
マンガに出てきた"ジェーン・ドゥ"が分からず、日本で言う「名無しの権兵衛」の事だと知ったのはニコ大百科で教わった楽しい知識だ。


ハイジャック」も元々は、おいてめえ!(を出せ、等)と外国人が言うときにHi,Jack!(誰だか知らないけどでもいいやお前!) …と言うのがと言うが

要するにジョンとかジョニーとかは英語にはありふれた名前なのででもないか(あるいは戦死者などかを問わず全員)のことなのだろうと思う。
31 ななしのよっしん
2018/10/04(木) 23:50:50 ID: sBXAq5dVvz
最初に聴いたのが「BLACK LAGOON」だったせいか暗いイメージのある曲なんだよなあ
アイリッシュな曲好きだったからこの歌の作られた(はっきりとはわかってないみたいだけど)経緯聞いて自分の心の琴線に触れた理由分かったわ
32 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 23:03:20 ID: XbA7M/69L6
もともとが反戦色が強い歌詞所がとても気に入っている