BLACK LAGOON単語

ブラックラグーン

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)とは、広江礼威漫画作品、および同作を原作とするアニメ小説作品である。

概要

2001年より小学館サンデーGENEXにて連載。現在既刊10巻。

荒くれ者達の吹きだまりであるタイの架都市ロアナプラ舞台にしたクライアクション漫画

運び屋ラグーン商会」により拿捕、人質となった日本人商社マン・ロックこと岡島。彼が狂言回しとなり、暴力と硝煙の支配する裏社会舞台に、「二挺拳銃(トゥーハンド」の異名を持つ女ガンマンレヴィ、自称ケビン・ミトニック級の凄腕ハッカーベニー、彼らの雇用であるダッチの3人と共に、様々な事件に関わっていく事になる。
を裏から支配するロシアマフィアホテルモスクワ三合会(トライアド)や、密かに武器売買を行う暴力教会など、一癖も二癖もある組織や人物が登場。容赦ない暴力表現、ケレン味ある台詞ガンアクションてんこ盛り戦闘シーンには多くのファンが魅了された。

コミックス9巻を出した直後から休載していたが、2014年10月から連載が再開......したが、現在再度休止している。
再開直前に開催されたコミックマーケット86では広江礼威が久方ぶりにサークル参加。「この物語が実は映画だったら」というコンセプトの下に書き下ろされた同人誌が頒布された。

また単行本の巻末には毎回おまけまんがが掲載。年齢操作、男女逆転など、血と硝煙の匂いがのような大暴走をかましている。

アニメ

TVシリーズとして2006年マッドハウス制作で第1期BLACK LAGOON、第2期BLACK LAGOON The Second BarrageがUHF局を中心に放映された。各12話、全24話。第1・2期のBlu-ray版が2009年12月23日から毎2巻ずつリリースされている。
第3期BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail」OVAとして2010年7月17日よりマッドハウス制作で全5話がリリースされた。このOVAの各話数はTVシリーズ第2期に引き続いて、第25話から第29話となっている。
監督シリーズ構成、脚本は後に「この世界の片隅に」を手掛ける片淵須直。

アニメの内容は概ね原作準拠だが、エピソードの順番が一部前後している。
第1期が双子編を飛ばして「Goat, Jihad, Rock'N Roll」(タケナカ編)まで、第2期がBloodsport Fairytale」(双子編)Greenback Jane」(偽札編)「Fujiyama Gangsta Paradise」(日本編)で偽札編と日本編が前後している。第3期がタイトルの通り「El Baile de la muerte」(ロベルタ復讐編)の最初から最後までとなっている。
日本編のとあるシーン倫理上非常に問題があるため、進行上不都合のない程度に変されている。

2011年10月14日ニコニコチャンネル公式チャンネルが開設、第1期と第2期が配信されている。
2014年5月16日にはアニメ第3期となるOVA編がニコニコチャンネル公式チャンネルとして開設され、開設直後の限定一週間原作10巻発売記念として第1話は無料配信になっていた(現在は有料配信)。

小説

小学館ガガガ文庫から著者:虚淵玄原作イラスト広江礼威による以下の小説版が刊行されている。
原作漫画収録話のノベライズではなく、オリジナルエピソード外伝的な作品。登場人物に関する過去などの設定が新たに追加されている。

関連動画

第1期1話は無料視聴可。

関連静画

関連商品

書籍関連

アニメ・CD関連

その他関連系

公式チャンネル

関連生放送

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/black%20lagoon

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

BLACK LAGOON

504 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 11:19:24 ID: v0rSm8L0dB
>>502
そもそものシチュエーションからして一般的な日本人の感性に基づいて作られてる作品ですからね。なんだかんだ現実的なのはそのせいかと

基本子はいわゆる異世界ものと同じで、「現代日本では出来ないシチュエーション」に「現代日本人」を投入して感情移入させるタイプ
でも普通日本人は自分も同類も「現代日本人がそのまま異郷に飛び込んでも活躍なんて出来ない」と内心解ってるから、
異世界ものはチートとか転生によっての補正をするし、それができないロックは腕っ節ではなく狂気と頭を活かすしかなくなる
日本編でも、治安のいい日本ヤクザは抗争に不慣れで政治が乏しいからいいようにやられるし、の達人も説得いから出てこない
の達人が出てきたのは好みでもあるだろうけど、逆に言うと社会でもない日本では、強いを出そうにもそれが限界だった訳ですな

これが突飛な発想の作品だと、日本国内に治安最悪ドンパチ上等の巨大スラム爆誕したり、何の説明もなく達人ガンマンが生えてきたりするから、この
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
505 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 15:39:29 ID: L0+4UNkAHd
これこそハリウッド実写化できそうなんだがな
R-15定くらいで1話とロベルタ編混ぜて2時間、どうかな
506 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 15:44:22 ID: zBFd9NBVVg
ハリウッド基準でもセリフが倍増レベルでクサすぎて実写辛いってそれファンの間ですら言われてるから
507 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 15:46:57 ID: SRu4XjWVEz
なんか、作者が「この世界は実は実写映画」ってイメージイラスト描いてた気がする。
508 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 20:43:42 ID: ZJ2zxZB4Cy
お前らちょっと好きなキャラ挙げていこうぜー
ワイ維新すき
すこすこのすこ
509 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 23:45:40 ID: asRP8V0jF+
エダ
スタイル抜群なシスターでプライベートは開放的(ビッチ)なのに 裏の裏はCIAエージェントとかめっちゃソソル
510 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 16:56:52 ID: n7nlmvlvvf
>>500
すまんが、その「強い女」とやらへの迫クソフェミやエセポリを蔓延らせたことを考えると…うん
どうあれそれはイデオロギー々の話じゃなし、もっとシンプルに考えればいいのにな
フェミだのポリコレだのをブラックラグーンを引き合いに>>500のような輩の方が、余程胡散臭さを感じるのだがね
もっとわかりやすく言うか?よそでやれ

好きなキャラっすか…
ピカレスクロマンを感じるのはやっぱロックかなぁ
ああいう堕ちていく主人公は時代を問わず良いものだ
がついて一層好きになったのはバラライカさん
511 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 17:26:02 ID: gOwzO75Otr
>>510
気持ちはわかるけど触れたら同類やで…

>>504
ぶっ飛んだ設定の世界観に現実的な味付けを施すというか、リアリティのある描写を付けする、のではなく
根っこの世界観はあくまでも現実的で、その中でドンパチをやるってのは、確かにその通りかと
結局は権威が物を言うってのも良くも悪くも日本的な創作観だし…眼ですな
そこら辺のもどかしさと、ハリウッド映画を更に煮詰めたかのような言い回しが、かつてのには新鮮だったなぁ…大いにハマったのを覚えている
今でも作品がどういう方向に向かってどう終わるのか、くらいは気になっているけれど
まぁなんとなくで終わっても、らしいというかなんというか…詰まる所ノリが命の作品だしw
しちめんどくさいことはなしに、描き切ってほしくもある
でも最近の絵にちょっと違和感は覚えるんだぜ?変わった?
512 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 08:50:56 ID: brckljWgqV
まだ好きとまではいかんが最近ロニー・ザ・ジョーズが気になる存在になってる
10〜11巻を見る限りではマフィアの本場であるイタリアサイドからやっと実のある人物が台頭してきた感じがするから、この作品の大物クラス仲間入りをちょっと期待してる自分がいる
513 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 21:23:18 ID: yKco7JHaG+
11巻よかったわロックが少し吹っ切れたみたいな感じで安心した
あとレヴィエロかわすぎ