モシン・ナガン単語

モシンナガン

モシン・ナガンとは、ロシア帝国で開発され、ロシアソ連)とその近隣諸で使用されたボルトアクション小銃である。

概要

 モシン・ナガンはロシアで開発されたボルトアクション小銃である。重量は約4.4kg、使用弾薬フィンランド(後述)を除いて7.62mm×54R。ちなみに、この弾薬は「7.62mmロシアン」として知られているが、7.62mm×54RのRはロシアン(Russian)ではなく、起縁式(Rimmed)を意味しているので注意されたし。弾倉は固定式で5発装填可である。リー・エンフィールドと同じく、良を受けながら2度の世界大戦を生き抜いた。

 モシン・ナガンはロシア帝国陸軍のモシン大佐と、ベルギー銃器設計者ナガン兄弟の手により開発され、1889年にロシア帝国軍のトライアルに提出される。使用弾薬の7.62mm×54Rも同時に開発された。1891年にロシア帝国はモシン・ナガンの採用を決定し、M1891の名称を与える。しかし、当初の生産は銃器メーカーに依頼する形であり、営造兵で生産が始まったのは少ししてからの話である。その後、騎兵などのバリエーションも開発されて第一次世界大戦ロシア大戦で使用された。
 1930年には照準器に記された数値をメートル法に直すなどの良を行ったM1891/30と呼ばれるモデルソ連で採用された。これが第二次世界大戦におけるソ連小銃となり、大戦中に実に1200万丁が製造された。ちなみに、当時のソ連軍においては銃剣をつけっぱなしで使用するという方針をとっていた。何時でもУра突撃が行えるようにしたんですねわかります
 その後、1940年代後半にセミオートライフルのSKSやAK-47に置き換えられていく。一、狙撃用のバリエーションのみがSVDによって1960年代に更新されるまで軍で使用され続けた。不要になったモシン・ナガンはフィンランドが外貨獲得のために西側に売却したり、ソ連崩壊を機に西側市場に大量に出回ったりした。今でも民間用にモシン・ナガンやそのの製造を行っている銃器メーカーも存在する。

 フィンランドにおいては独立後にモシン・ナガンをベースにした独自の小銃が開発され、使用弾薬は7.62mm×53Rにめられた。ただし、ソ連戦争になっても大丈夫(?)なように7.62mm×54R弾も使用可なように設計されている。かのシモ・ヘイヘが使用したのは照ガードをつけ、タンジェントサイトメートル法にうちなおすなどの良を加えたM/28、通称スピッツと呼ばれるモデルである。シモ・ヘイヘにとってこのは猟師や民間防衛隊(予備役みたいなもの)として活動している頃からの相棒であり、その特性、使い方を知り尽していたことが冬戦争における彼の大戦果につながったのであろう。また、彼の功績を評して与えられたもまたモシン・ナガンであり、これはスウェーデンの実業から「軍で最も優れた狙撃手へ」として贈られたものである。 1978年、彼は彼が大戦で使用した「スピッツ」をカレリア猟兵大隊に寄贈し、現在そのは同大隊の資料室で展示されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モシン・ナガン

9 日本語怪しいの台湾元兵隊
2014/02/11(火) 03:06:09 ID: 7N68T5MmW6
>>5
アメリカ市場での値段は50ドルから。ロシア東欧の軍隊から退役したの中古シンが多すぎるだからな。おまけに7.62mm×54R弾も安い。命中率が拘らないなら、ストレス発散用の射撃には最適のの一つ。
>>8
昔のパーツは標準化されていない、精度のばらつきが大きい。それに狙撃に最適化デザインではない、良いパーツでも600mレベルセミオートの現代軍用狙撃銃(M21/M14EBR)とは大差はない。
まあ、実際イギリス軍もわざわざエンフィールド7.62mm NATO弾仕様修しL42A1狙撃銃として制式採用の例がある、使えないではないですが、さすがに命中率関しては1kmレベルの全新デザイン現代狙撃銃には敵わない。イギリス軍のL42A1もL96A1更新された。
しかし、民兵と後進国の軍隊ならまた現役狙撃銃のモシンがある。おまけに7.62mm×54R弾は安い、バリバリ現役のPK機関銃の弾と同じだからな。ロシア戦争したい貧乏人にはやさしい。
良い狙撃スコープの値段はより高いだけ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
10 日本語怪しいの台湾元兵隊
2014/02/19(水) 06:28:59 ID: 7N68T5MmW6
http://youtu.be/xRHxuEXDpE4exit
魔改造したのモシン・ナガンじいちゃん、若返りすぎる!
11 ななしのよっしん
2014/03/09(日) 14:53:15 ID: J9nEP6ME6n
ナイフくっつけてたのは重い物をつけて跳ね上がりを抑えるためじゃねーのか?
12 ななしのよっしん
2014/05/10(土) 15:38:50 ID: P/WUxHFMZT
古いだけあって魔改造いよな、モシンガンピストルとか。
拳銃サイズにまで切り詰めた魔改造品にわざわざまたストックと延長バレルや
スコープまで着けて狙撃用に改造し直す本末転倒な品とか
13 ななしのよっしん
2014/06/24(火) 05:46:56 ID: xbXOElyAFJ
ん?ヘイヘのモシン・ナガンの片方がフィンランド国立軍事博物館に有るのは知ってるけど、もう片方も保存されてたのか
14 ななしのよっしん
2015/05/20(水) 23:22:06 ID: J8yCOTFRKZ
ソ連軍はずっと銃剣をつけて戦ってたわけじゃないんだが…
それに戦術としての銃剣突撃を重視してたのなら日本軍だって同じだろ
15 ななしのよっしん
2015/12/17(木) 16:56:48 ID: jQnQWgVYy1
銃剣といってもナイフ式のじゃくて、スパイク式のほうだから。
多少はねイメージが。
いや、あまり変わらんか。
16 ななしのよっしん
2016/07/20(水) 18:25:30 ID: rzgNUI8xTY
射撃は銃剣で跳ね返った衝撃波が弾をぶれさせて命中精度に悪影がある。
それに訓練じゃ銃剣なんてつけないからな。訓練は本番らしく、本番は訓練らしく、ってのはスポーツでも軍隊でもいっしょ。訓練でつけてないパーツを余計にぶら下げて訓練よりも命中が良くなるわけもなく。
17 ななしのよっしん
2017/04/05(水) 10:04:23 ID: WmacuupYSG
>>9
WW1とかの頃のモシン・ナガンじゃ修するにも個体差が大きすぎたけども、WW2頃に作られたモシン・ナガンは本格的な工業機械で正確に作られた物が大半で、
7.62x54R弾の品質は近年の方が安定してて当時のスコープよりも高精度、高倍率のスコープを取り付ける事が出来る
>>10動画魔改造モシン・ナガンのように、側面からのマウントではなくレール増設による上部への直マウントを行う
そうすれば概ね有効射程800メートル程度まで狙撃が可であり、M24等の米軍でも使用されていた狙撃銃と同等。ラプアマグナム弾等を使用しない狙撃銃としては十分な射程が確保出来る

あと、モシン・ナガンを着脱マガジン式に変更、ストックを近代的な狙撃銃スタイルの物に変更、上部にマウントレールを設けてバイポットを標準装備する形で、
身設計その物はモシン・ナガンそのままで再生産してたとしてもSV-98を用意するより安く用意出来たハズであるし、モシン・ナガンをの室、バレルをスケールアップして.338ラプアマグナムレベル
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
18 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 14:24:11 ID: GE+ym02sXC
>>5の言ってることはマジ

グアムで撃たせてもらったけどちゃんと付けしていれば大丈夫だが、重くて胸にストック付けて撃つとマジで痛い。胸を思いっきりぶん殴られてる感じ。

ドラグノフの方がかに撃ちやすかったわ。

急上昇ワード