二十四節気単語

ニジュウシセッキ

二十四節気とは、地球太陽転する1周期(1太陽年)を24等分して、それぞれに季節としての名前をつけたもの。古代中国戦国時代において考案された。

概要

中国においてはとして、の満ち欠けを元にした太陰が用いられていたが、この周期は地球太陽転周期とは一致しないことから、季節の変化と合致せず、農耕等に用いるには不便な面があった。

そこで太陰の1年を実際の太陽年に合わせるため、として時折調整用のを入れて1年を13ヶにすることが考えられ、その季節をはかるための標として1太陽年を12の節気と12の中期、24に区分した二十四節気が生み出された。

二十四節気の概念が日本で採用されたのは江戸時代以降とされている。名称は中国のものをそのまま引き継いだ。
しかし大陸中国日本の気は必ずしも一致しないため、日本を制定するにあたっては「雑節」という独自の季節区切りを追加で取り入れている。

二十四節気の区分は元々、均一の日数で区切る気法を用いていた。しかし地球転軌は楕円形であるため、地球から見た際の太陽速度は一定ではない。そのため地球から太陽の見た度の変化を元にした定気法が考案された。
日本の旧においては寛政までが気法、で定気法が採用されている。

二十四節気の一覧
一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月
節気 啓蟄 清明 芒種 小暑 白露 寒露 小寒
中気 雨水 春分 小満 夏至 大暑 処暑 降霜 小雪 冬至 大寒

七十二候

二十四節気を更に三分し、季節を72分にしたものとして七十二候がある。季節の変化をより細かく感じられるようにしたものといえ、気の変化や動物の動きをし示す短文となっているのが特徴である。

二十四節気が古代中国のものをそのまま取り入れたのに対し、七十二候については中国日本いずれでも幾度となく定が試みられている。

今日日本で知られている七十二候は、1874年(明治7年)の「略本」に記載されたものである。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AF%80%E6%B0%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二十四節気

1 tongariP
2015/01/25(日) 01:06:25 ID: WA0N9vmUES
紹介して下さってありがとうございます

急上昇ワード