二条乃梨子単語

ニジョウノリコ

二条乃梨子(にじょう のりこ)とは、ライトノベルマリア様がみてる』及びそれを原作とするアニメの登場人物である。

担当声優清水香里

概要

第9巻「チェリーブロッサム」から登場する、福沢祐巳より1学年年下の新入生。おかっぱ頭がトレードマークで、時々市松人形に例えられる。三度の飯より像鑑賞が好きなマニア(今で言う仏女)で、これが原因で本命の高校に落ちてしまい、大叔母菫子推薦したリリアン高等部に不本意ながら入学する。元々リリアンに縁がかったため当初は校染めず孤立していたが、の木の下で藤堂志摩子と運命の出会いを果たす。マリア様宗教裁判など様々な事件を経て、志摩子と姉妹スール)の契りを交わし、白薔さまのつぼみ(ロサ・ギガンティアアン・ブゥトン)となる。

なしっかり者である上に、外部入学ながら入学式代表に選ばれるほどの秀才。そのため、山百合会のメンバーになってから即戦としてくから大活躍し、志摩子はもちろん島津由乃にとっても頼れる相談役となっている。普段は淡々としていてクールな性格だが、志摩子や後述の松平瞳子のためならば、がむしゃらなまでに懸命になる熱さも併せ持つ。

その瞳子とは、入学した時からの腐れ縁。当初は瞳子のれしい言動を陶しく思っていたが、彼女が次第にクラスから孤立し始めるようになると、その身を案じるようになる。瞳子が姉妹になることによって彼女が救われることをよりも望んでおり、瞳子にはがいないとダメと志摩子に打ち明けたり、事に姉妹の契りを結んだことを知った時は、大粒の涙を流しながら号泣した(いずれもここの原作絵は必見!)。マリア様宗教裁判で窮地に立たされた志摩子を助けた時もそうだが、いつもは冷静沈着な梨子が、大切な人のためならば情熱的になり、感情をさらけ出して泣く場面は、いずれも読者の心の胸を打って止まない。

こうした世話好きで献身的な梨子の言動は、かつての水野蓉子を彷彿させるところがある。彼女もまた佐藤聖のことをいつも気に掛けていたが、原作者が意図的に重ね合わせて描いたと思われる節もある。順当に行けば、たちが卒業した後、梨子・瞳子・有馬菜々が三薔薇さまとなる。紅白こそ逆だが、梨子(山百合会の中核)、→瞳子(やさぐれていた昔を)、江利子→菜々(顔からまで全て引き継ぐ)となり、もしかしたら祥子やの代を上回るオーラ格が出てくるのかもしれない。

全てはここから始まった

第9巻「チェリーブロッサム」の前半「銀杏の中の」は、リリアン入学したばかりの梨子視点で描かれるストーリーだが、元々「マリア様がみてる」はこの話を単独で発表した読み切り作品であった。そのため、実は梨子マリみての初代主人公だったのである。この作品では、要人物として詳しく描かれているのは梨子志摩子・瞳子の三人のみであり、小笠原祥子支倉令はまだ名前もく単に薔薇さま(ロサ・キネンシス)、薔薇さま(ロサ・フェティダ)と呼ばれていた。梨子を引き寄せて品定めするという今では考えられない行動を取ったのも、まだキャラクターが決まっていなかったためである(瞳子も後の作品とかなり印が異なる)。

この作品が好評だったため、話を一年前の志摩子がまだ1年生だったころまで遡り、新たに登場した主人公福沢祐巳薔薇さまになる前の小笠原祥子メインにした、俗に無印と呼ばれる第一作「マリア様がみてる」が誕生したのである。

しまのり

しまのりとは、藤堂志摩子と二条乃梨子のカップリングである。元々、マリみて第一作が梨子志摩子の出会いの物語であるだけに、その歴史はとても古く、様々なカップリングの中でも、トップクラス人気を誇る。

藤堂志摩子の記事にも記してあるが、一歩引いた志摩子の関係とは対照的に、しまのりは百合分が非常に濃い。も二人の関係を「初々しい新婚夫婦」と評しており、見てるこちらがもどかしくなるほどラブラブっぷりを見せてくれる。また、志摩子はシスター志望でもあるため、のようなある種の背徳感も醸し出している(実際、SSでは志摩子がへの信仰と、梨子との挟みになって悩む話がよく見られる)。

ビジュアル的にも、日本人離れした美貌の志摩子と和風美人梨子は対照的で絵になるのだが、アニメでも二期・四期のEDに描かれた志摩子と梨子イラストは、いずれもキス寸前のガチ百合仕様中嶋敦子女史GJである。

話が少しそれるが、梨子役の清水香里志摩子役能登麻美子は、アニメスクールランブル」でもそれぞれ高野晶・塚本八雲役で茶道部の先輩後輩を演じていた。中の人繋がりか、この二人をマリみてパロディ化したイラストもしばしば見受けられた(但し、先輩後輩の関係は逆になっている)。スクランマリみて二期(通称「」)の直後に放送されたが、共通する声優が非常に多いため、当時話題にもなった。

ファンからの扱い

初代主人公とは言うものの、多くの読者無印の単行本から入った人が多いため、生リリアンであるとは全く異なるタイプキャラクターである梨子の登場は、当時の読者にとって意外かつ新鮮だったらしい。先述の通り、普段はクール想なところもあるが、ここぞという場面でよりも情に厚い面を見せるギャップに惚れた人も多いだろう。

また、梨子と言えばやはり像絡みの話題が多い。しまいには、公式でも志摩子を観音様と思って拝み出したり、webラジオドラマでは校内に住む野良猫ゴロンタを師の運慶と命名するなど、ネタに事欠かない。公式非公式問わず、ツッコミ役としても定評があり、瞳子や島津由乃に対してジト目になるイラストもよく見られる。

しまのり以外にも、梨子は瞳子とのカップリングもよくにする。瞳子との付き合いも志摩子と同様に長く、二人の間にも様々なドラマが生まれた。当初梨子は、表面上はれしい瞳子を陶しく思っていたが、次第に孤独な瞳子の内心に触れて、彼女を手助けするようになる。第27巻「大きな 小さな鍵」で瞳子がを傷つけたことを後悔して絶望した時、救いの手を差し伸べたのがであろう梨子だった。梨子い段階から瞳子を呼び捨てで呼んでいたが、瞳子もこの時から梨子を呼び捨てで呼ぶようになり、二人は胸襟を開いて分かち合える親友となったのである。よって、この二人は百合よりも友情的な面が強く描かれており、二次創作もなかなかのコンビネーションを発揮している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E6%9D%A1%E4%B9%83%E6%A2%A8%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二条乃梨子

1 kemu
2012/06/17(日) 23:08:02 ID: VwFDl9XcRR
ニコ動梨子が「千葉狂犬」って呼ばれてるのは何故?
2 ななしのよっしん
2012/09/13(木) 15:03:37 ID: AAl7ea+7sc
梨子実家千葉なのと これでのヤンキー言動からじゃないかな

>>sm4696530exit_nicovideo

急上昇ワード