伊予灘ものがたり単語

イヨナダモノガタリ

伊予灘ものがたりとは、2014年7月から土休日を中心に松山伊予八幡浜間で運行されているJR四国観光列車である。

概要

四国初の本格観光列車として登場。

伊予市伊予間は予讃線線とも呼ばれる瀬戸内に沿った美しい色を楽しめる愛ある伊予灘線経由で運転される。

レトロモダン内では事前に予約すれば併食サービスを受けられるほか、アテンダントと地元住民の暖かいおもてなしを受けることができる。

特に地元住民の歓迎は伊予灘ものがたり号がやってくると野球なども一時中断して手を振ってくれる。

なお、全席グリーン車定席である為、普通列車ではあるが青春18きっぷでは乗できないので注意。

松山伊予間の便、大編。伊予松山間の便、双海編。松山八幡浜間の便、八幡浜編。

八幡浜松山間の後編の上下合わせて4本運行されている。

停車駅

松山伊予八幡浜のみ。

これに加えて全便、下灘駅で運転停し、ホームに出ることができる。

このほかに双海編では伊予長浜伊予八幡浜編では伊予平野で運転停中にホームへ出ることができる。

車両

改造となったのはキハ47形寒冷地仕様トップナンバーキハ47 501キハ47 1501。

2011年となり長らくの間、解体されずに留置されていたが、寒冷地仕様の乗り心地の良い空気バネ台車を履いていたこともあってか、籍を復活し、多度工場にて改造されキロ47 1401+キロ47 1402として甦った。

キハ47形では初めてのグリーン車格上げであり、1400番台伊予にかけている。

内は向きのカウンター席と2人用対面席、4人用ボックス席で構成され、どの席からでもが見えるように山側は座席が一段高く設置されている。

落で落ち着くその内装はまるでホテルのロビーラウンジを思わせる。

前面スカートにはスピーカーが内蔵されており、到着時と出発時、徐行運転時にはミュージックホーンが流れる。

大音量のメロディーを流しながら走る姿は連想させなくもない。

このように大規模な改造が行われいるが、エンジンは原DMF15HSAのままであり、少しずつ数の減ってきた独特なエンジン音を楽しむこともできる。

八幡浜側の車両であり、キハ47 501が生まれ変わったもの。

伊予クライマックスである夕日イメージした塗装

装甲写真を撮ろうとするとにこちら側が順になる為か、パンレットなどでは下灘駅と合わせて、こちらの車両が登場することが多い。

様式便所と洗面所付。後に女性便所が増設された。

松山側の車両であり、キハ47 1501が生まれ変わったもの。

太陽柑橘類きを表す色に塗装されている。

上記の通り、パンレットなどの写真ではキロ47 1401側がに採用されており、こちらの写真は少ない(売りの一つである瀬戸内と伊予灘ものがたり号を絡めて撮影しようとすると撮影場所の都合上、キロ47 1401が先頭になること、また運行時間的にもキロ47 1402が先頭の場合、順で撮影できる場所が限られる為と思われる)

端部にアテンダントが常駐するダイニングカウンターが設置されており、お土産や飲食物の購入が可

記念スタンプもこちらの車両に設置されている。

沿線

伊予灘ものがたりの始発松山運転所が併設されており、到着列車のスピーディーな引き上げや入れ替え作業、列車の縦列停など眺めていて楽しいが松山駅高架化の為、そのが眺められる日はそう長くはない。

伊予灘ものがたり到着前には伊予灘ものがたりのテーマ曲がホームに流れ、出発時はJR四国社員とグループ会社社員が手を振って見送ってくれる。

双海編では運転停中にドアが開きホームへ降りることができる。

のリセ駅長トラ駅長挨拶をしよう。

ふたみシーサイド公園(道の駅ふたみ)も当から徒歩で約6分ほどでアクセスできる。

言わずと知れた日本一に近い実際は国道378号線がの前を横切っているのでそんなことはない。

伊予灘ものがたりのハイライトであり、全便ともに8~10分程こので停するのでゆっくりから絶景を楽しむことができる。

開業時からのこじんまりとした可らしい舎の前には二人で座ると体が必ずくっついてしまうV字の“ラブラブベンチ”が設置されている。決して男同士で座ってはいけない。

なお余談ではあるが近年観光客が急増した為、下灘駅周辺での路上駐が問題となっている。

駐車場が満の時は隣の伊予灘駅からほど近い“道の駅ふたみ”にを止め、伊予灘駅から列車で来よう。

本数は決して多くはないがホームでのんびり瀬戸内を眺めて列車を待つのもこの醍醐味だ。

なにより下灘駅の持ちであるJR四国の収益にもなり路線維持にも繋がる。

を通過するとすぐに青春18きっぷのポスターにも採用され、撮影地としても名高い本村梁に差し掛かる。速度を落としゆっくり渡るので沿線の人々に手を振ろう。

ホームの途中で伊予市大洲市をまたぐ。

アテンダントさんが描いた特製の看に設置されており、通過ではあるがで一旦停してくれる。

2面3線のだがん中の2番線は信号設備が撤去されており列車が入ることはない。

双海編では運転停中にドアが開き、ホームへ降りることができる。

ここで瀬戸内に別れを告げ、列車伊予まで肱に沿って進む。

出発後すぐに現役では日本最古の道路長浜大橋」を見ることができる。

かつては内子線との分岐であった1面1線の小さな

内子線起点であった面影の2,3番線ホーム跡が残る。

通過であるが名物のたぬき駅長と地元住民がお出迎えし、ホームから手を振ってくれる。

運がよければ子たぬき駅長も見ることができるかも?

編はこの双海編となり折り返していく。

伊予を出発してすぐに差し掛かる肱梁は八幡浜編のハイライトであり、撮影地としても人気が高い。

ミュージックホーンかせゆっくりを渡っていく。

山側車窓からは大を望むことができる。

住宅と田んぼに囲まれた2面2線の

八幡浜編では運転停中にドアが開きホームへ出ることができる。

八幡浜編の終着であり到着後、後編となって折り返していく。

伊予灘ものがたりのデザインに合わせた待合室が設置されている。

九州への玄関、八幡浜フェリー乗り場へはで約7分、徒歩で約23分。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BC%8A%E4%BA%88%E7%81%98%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊予灘ものがたり

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 伊予灘ものがたりについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード