メタゲーム単語

メタゲーム

概要

メタゲーム[Metagaming]とは、ゲームデザインの制限や環境の範囲をえた戦略、ゲームの外部要因に応じて起こり得る結果の分析から導かれる意思決定のこと。

これはたく言えば"ゲーム外で(もしくはゲームが始まる前に)行われる駆け引き"のことである。戦略という意味での"ゲーム"については下記の記事で丁寧に解説されているのでまずはそちらを読んでみよう。

メタゲームは政治経済における戦略的意思決定だけではなく、競技や遊戯としての卓上ゲームビデオゲームゲームプレイでもこの概念は広く用いられていることもあれば、意図せず発生していることもある。


卓上ゲームビデオゲームにおける"メタゲーム"は以下のような例が該当する。

特にカードゲームにおける"相手の構成を予測して自身の構成を考慮する"というメタゲームの概念は有名であり、一対一の相性が発生する他の対戦ゲームでもその戦略概論が引用されることも多い。この今日カードゲームにおけるメタゲーム概論はマジック:ザ・ギャザリングの生みの親、リチャード・ガーフィールド氏によって1995年に雑誌のコラム上で提唱されたものが発祥元である。

以降本記事では、このカードゲームや対戦ビデオゲームにおける"メタゲーム概論"を中心に解説する。

ローカルルール

ゲーム前の戦略そのものを意味する"メタゲーム"と、メタゲームによって形成された構成を呼ぶ俗称の”メタ”と、構成選択を呼ぶ"メタゲーム"と、それらのどれかを単に略した”メタ”という呼び方を前説明く同じ文章中に並べてしまうと文脈での判断が難しく、閲覧者や編集者に誤解や混同を招く可性があります。現にこの記事の過去の版では何だかあやしい文章もありました。

この記事では便宜上、ゲーム前の駆け引きそのものは「メタゲーム」(略記はしない)、安定した構成は「メタ構成」、カードゲームが由来の構成戦略は「メタゲーム概論」と、それぞれを区別した表記を使用します。

カードゲーム

ここでいう"カードゲーム"とは、自分の山札と手札を用いて一対一で対戦を行う卓上ゲームとそれを元にしたビデオゲームのことである。


カードゲームはどのようなデッキの構成でも(強い、弱いという評価の振れ幅はあっても)何らかの弱点が出来るように設計されていることが多い。一部には例外もあるが、特定カードや構成が突出しまうと相性のカードや相性の悪いカードが陳腐化してしまうため基本的にはゲームの面みを損なわぬよう修正される傾向にある。

そこでプレイヤーデッキの流行りりから相手プレイヤーが使用するデッキの構成を読んで、流行ってるデッキを投入するか、それとも流行ってるデッキの弱点を突いたデッキを用意するか、それとも意表を突いて誰も知らない、あるいは使われないデッキをあえて投入する…といったように、実際に試合を行う前にデッキの相性を考慮した戦略を立てるのである。

これがカードゲームにおけるゲーム外の駆け引き、メタゲームである。

以上のことを考慮して、デッキサイドボードサイドデッキ)を構成すること、対策をすることは日本国内のコミュニティ間ではメタゲームという言葉を動詞化して「メタる」とも呼ばれている。なお、"メタる"という呼び方は日本独自のものであり、英語圏で該当する言葉は「Hate」である。

トーナメント試合におけるメタゲーム概論とメタ構成

例えば、トーナメント形式での大会試合で前情報が何もなければプレイヤーカード枚数の調整やプレイングを鍛えたり戦略の練り直しを行い、ほとんどのデッキに対して強いデッキ持っていくことが試合で勝つことの最適解となる。

ここで、ある程度大会で使用されるデッキの傾向がわかっているとしたらどうだろうか?

どんなデッキが来てもそこそこに戦えるデッキも悪くはないが、例えば大会参加者の中に「A」というデッキを使用している人がど居なかった場合、「A」を対策するカードは全くの駄になってしまう。「A」が居ない事が予め分かっていれば、駄になるカードを抜いてより有効なカードに差し替えることが出来る。逆もまた然りで、「B」というデッキが多数を占める大会環境であると予測出来るなら、「B」への対策カードが存分に使える。

大会で使用されるカードデッキの傾向を予測し、より有利な選択ができていれば、何人もの相手と戦う際に勝率を上げることができるのである。

事実マジック:ザ・ギャザリングをはじめとしたカードゲームの試合では、このメタゲーム概論によって大会を制した例は数多い。トーナメントという大会形式だからこそともいえるが、それだけに連戦連勝のためにメタゲームが大きく作用していることを徴していると言える。

メタ構成の一巡 (すくみ関係の発生)

プレイヤー間で流行して使用者の多い安定カードや構成は「メタ」「トップメタ」「環境トップ」とも呼ばれる。しかし、カードゲームにおけるデッキ構成のメタゲーム概論は流行に左右される要素が大きいために、時期によって安定したメタ構成がぐるぐると入れ替わることもしくない。メタ構成が入れ替わった結果、 場合によっては再び似たような状況に戻ってくることもある。この現は俗に「メタが一周する」「メタが一巡する」とも呼ばれる。

  1. デッキ特定カードAが流行、他のデッキ駆逐
  2. Aに強いBが開発され、環境を支配
  3. アンチBとしてCが台頭
  4. 増加したCに有利なDが台頭
  5. ここまで来ると、DAへの対策を考慮していないためAが復権
    (1に戻る)

また、こうしたメタ構成の変遷をしっかりと読み取り、構成変遷の中にあるデッキを使用せず、その変遷の外にいるデッキを敢えて構築することで、いわゆるダークホースとして好成績を収めることも出来る。このような、メタ構成を逸脱したデッキは「地雷デッキRogue Deck)」と呼ばれていて、相手に情報アドバンテージを与えにくくデッキも個性的になるという利点がある。

メタ構成戦略以外のメタゲーム

以上で解説したカードゲームにおけるメタゲーム概論とはトーナメント(競技レベル)で行われるカードデッキの構成の駆け引きのことではあるが、カジュアルプレイ仲間内などでの気軽な対戦)においてもメタゲームという概念がないというわけではない。

例えば、友人や知人のカードデッキの好みと傾向がわかっていれば、相性上でより有利な環境を構成することもメタゲームだったりする。ただし、これは戦略というよりはソーシャルエンジニアリングに近い行為でもあって、このように特定の対戦相手をターゲットにした戦略は「対人メタ」「身内メタ」と呼ばれ、嫌われがちな行為でもあるので注意。友人は大事にしよう


MOBA

MOBAとはリアルタイムストラテジーRTS)から生したゲームジャンルで、プレイヤーごとに特有の効果やスキルを持ったキャラクタージャンル内では発祥元に由来して"ヒーロー"とも呼ばれる)を選択して6人前後で構成されたプレイヤーの2チームで対戦を行うオンラインゲームである。

プレイヤーが使用するヒーローは、ロール(近接戦闘、遠距離戦闘、回復…などの役割)に基づいて設計されており、MOBAというゲームの試合は自分のチームのロールやスキルの構成、そして相手チームヒーローとの相性が大きく影する。この構成はロールの人数で分けて「1-1-1-2」「2-2-2」といった数字で表されることもある。

MOBAは試合開始前にヒーローを選択しチームの構成を決める時間が設けられており、この間に行われるチーム間の戦略がMOBAにおけるメタゲームである。構成を作り上げることは「Build」と呼ばれ、その中で現在環境で安定した構成は「メタMeta)」とも呼ばれている。


ポケットモンスター

ポケモンもまたキャラクターを選択して対戦を行うゲームであるため、相性に基づいた戦略とメタ構成、そして構成戦略が発生する。流行のポケモンとその構成をいかに撃破するかは常に要されるものであり、育成方法や使用技も様々なが研究開発されている。

2014年に開催された大会の優勝者はメタ構成とは縁だったポケモン、"パチリス"を起用という奇策に出た。大会参加者は当時の環境で強いとされていたメタ構成、いわゆるガチ編成のミラーマッチを想定して各選手達が訓練する中、まさかのパチリス1匹を止められないという事態が発生した。

この出来事はコミュニティ間でミーム化してニコニコ大百科にも個別記事が作られている。詳しくは該当記事を参照。


その他対戦ゲーム


※この項特定ゲームタイトルの内容を解説する文章が不足しています。専門用ミームを並べるだけではなく、対ゲームタイトルや当時の環境を知らない閲覧者と編集者でもゲームプレイの内容が伝わるよう解説された文章を書くこと、解説記事に誘導することが望ましいです。みなさまの加筆修正をお待ちしております。

格闘ゲーム

格闘ゲームキャラクターの性にはそれぞれ個性がある。対人対戦格闘ゲームでは、相手プレイヤーや選択するキャラクターへの対応をする「マッチアップ」や、プレイヤー個人の戦法を予測するというメタゲームが発生する。

複数人のタッグチームを組む大会では、相性の良いキャラクターマッチングするようチーム間でオーダーの采配と読みあいが発生するところもメタゲームとして楽しまれる一面であるとも言える。


最強の戦略とは…?

あらゆる対人対戦ゲームには強い定石、強いデッキ、強いキャラ、強い構成…といったこれさえあれば勝てるかも、というお手本のような戦略が存在している。

そのような安定した強い戦略はゲームルールが最初に作られたときからあったというわけではなく、多くのプレイヤー達が試合と"駆け引き"を積み重ねたことによって形成されたものであり、形成され続けるものである。

例え今日最強の戦略や最強の構成があったとしても、それがゲーム(試合)で使われる前に行われるゲーム(戦略)によって常に最強は崩されようとしている。メタ構成のカウンターメタ構成、メタゲームのカウンターはメタゲームだからだ。

ゲームの研究はカードゲームにおけるメタゲーム概論、学問におけるゲーム理論が登場するよりもはるか昔から行われてきた。数多くの偉人たちによる研究やゲームに関する格言が残されており、歴史を遡れば旧約聖書倭人伝にもそうした逸話を見ることができる。

最強への道のりはかなり長いようですね。

関連記事

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メタゲーム

75 ななしのよっしん
2017/10/25(水) 17:26:32 ID: rEFsIeJYqt
>>74
あれ?一応確認したつもりだったんだが……すまん

ただ、それが用として定着していたというには記述があまりに少なすぎて(だから読み飛ばしてしまった、すまん
他の新にもよくあるように、(MtGで)普及してから探しをした結果、昔の例を出してきたように見える
繰り返すようだがmetaもgameも単としては一般的なので、別の用例で使っている事もあり
そこのページにも曖昧さ回避という形で他の用法についてリンクがされている

ひとまずMtGメタゲームという単が普及した発端は、おそらくこれだと思われる
http://regiant.diarynote.jp/201102050434584649/exit
元は95年、リチャード・ガーフィールドによって書かれたコラ
和訳は当時されてなかったと思うが、単海外情報の伝播とともに徐々に日本でも広まったと記憶している
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
76 ななしのよっしん
2017/10/25(水) 18:48:50 ID: ijccGXvXLX
ですよね
出典元というかメタゲームいう概念と理論はその書籍の著者が60年代に発案したようです
https://en.wikipedia.org/wiki/Metagame_analysisexit

もちろんカードゲームという分野においてはMTGが起というか発祥元だとは思います
ただ、他のゲームジャンルに関しては必ずしもそうとは限らないのではないしょうか

該当記事曖昧さ回避の用法や多言版のページを見ての通り
テーブルゲームTRPGストラテジーでもメタゲームという概念は(当然MTGの登場以前から)用いられていたことがわかります
それらのゲームジャンルの発展形である現在ビデオゲームRPGストラテジー、その発展のMOBAでは
MTGにおける定義とは異なり、それ以前からある方の概念が用いられていると解釈するのが適切だと思います
77 ななしのよっしん
2018/01/13(土) 09:04:57 ID: JmiY5Yk3cV
適切ではないですね
過去はどうあれ、MtG登場後はあらゆる場合においてMtGにおけるメタゲームの概念が用いられている事実が存在するので
まあ解釈すること自体は自由ですが、間違った解釈は自分の中だけに留めていただきたい
78 ななしのよっしん
2018/01/17(水) 05:41:18 ID: ivX6X6dE2V
>>76
現在の使い方を見ると明らかリチャード・ガーフィールドが提唱した「メタゲーム」の使い方から生してるからコレでいいと思うよ
気に入らないなら「metaもgameも単としては一般的なため他の用途としても使われる場合があるが、ニコニコ内で普及している使われ方のとしては、リチャード・ガーフィールド氏が使ったものが元になっている。」的に書き換えてもいいとは思うけど…
というか記事が全体的にごちゃごちゃして来ているから手直しするべきかもね
79 ななしのよっしん
2018/04/04(水) 01:07:22 ID: B1gGJdy6D1
MtGにおけるメタゲームの例としてよく取り沙汰される「ネクロ
結論としてネクロデッキに強いウィニーが優勝したって所が引用されるんだけど
実際は決勝ではネクロ側もネクロディスクは性質上デッキに弱いってことを見越して
に強いカードを取り入れた言わばメタデッキメタったネクロディスクだったのも重要な点。

なお悪い意味で並び称される「MoMA」は別の意味でメタゲームの説明に便利。
80 ななしのよっしん
2018/08/05(日) 22:59:09 ID: 37jEVCQHSu
ソーシャルゲーム
一部の突出した強キャラに対して
運営が次回からそいつに不利な敵やステージ構成をやってくるのを
メタとか言ってる人がいる
81 ななしのよっしん
2018/09/10(月) 22:27:55 ID: I8xA2GBY4K
言葉ってのは時代に合わせて変化していくものだからそれが多数になるならそれが有る意味正しくもある

という大前提を置いといてそれはメタでは有るよ。メタゲームではない。
そのキャラとその相手だけを見た時はその相手はメタで、その場合のメタゲームは、強キャラを不利にする環境の中で別のキャラや編成等が台頭していき、またそういったことが繰り返される流れ全体を

上にあるメタ構成の一巡一部分だけ切り出せばBはAに対するメタなわけ
82 ななしのよっしん
2018/12/07(金) 23:14:20 ID: hDMuA44QX7
グリコじゃんけんは、メタゲームが煮詰まっていく様子が分かる

1. グーのリターン少なすぎね?あまり出す意味なくね?
→グー:チョキ:パー=2:4:4

2. グーが少ないぞ?チョキで無双できるやん!
→グー:チョキ:パー=2:5:3

3. チョキ増えてきたなあ。パーの代わりにグーをもっと増やさないと
→グー:チョキ:パー=3:5:2

4. パーが減ってきたからグーが更に使いやすくなったぞ!
→グー:チョキ:パー=4:4:2(ナッシュ均衡)
83 ななしのよっしん
2019/01/01(火) 21:21:01 ID: HknDO6kpBC
が絡む以上純な良心に基づいた正な調整なんて・・・
84 ななしのよっしん
2019/05/26(日) 14:26:54 ID: S4/4qjLhf5
数年前にニュースに出てたが、柔道ルール正(悪)で
特定の選手が得意とする技を狙い撃ちで禁じ手にしていくのは
運営の色眼鏡(他選手による運営への忖度含む)による対人身内メタおk
対人身内メタの類は学校のいじめでよく見かける。自分も同じに遭った。
間違ってるかもしれないが特定人物に対する言葉狩りも対人身内メタかな?