紀信単語

キシン

紀信(きしん)とは、古代中国末期の人物である。

概要

前漢の初代皇帝劉邦の部下。項羽(正確にはその軍師の范増)が鴻門の会で劉邦を暗殺しようとした際、樊噲やと共に劉邦を護衛し、事脱出させた。このことから、樊噲らと同じく、劉邦が旗揚げした頃から付き従った古参の部下と考えられる。

やがて劉邦項羽の間で楚戦争が始まり、滎陽に立てこもった劉邦項羽に追い詰めらると、自ら影武者となり項羽に降伏したふりをしてを明け渡す間に、裏口から劉邦を逃がした。騙されて激怒した項羽は紀信を火あぶりにして処刑し、戦後劉邦を立てて身代わりの犠牲となった紀信を弔った。

以上が「史記」に記された彼の活躍だが、作家司馬遼太郎歴史小説項羽劉邦」で彼をクローズアップさせている。本作の紀信は、劉邦と同郷の生まれで、周りの人々がろくに働きもせず遊び回ってる劉邦の悪口を言うため、かえって劉邦ファンになってしまう。しかし当の劉邦本人が紀信のことを知らなかったことにを立て、今度は自分が劉邦の悪口を言いふらし始める。この評判が劉邦に届くと、劉邦が自分のことを認識してくれたことを知り、喜びのあまり倒するという、ひねくれすぎていささか危ない感じもするキャラクターとなっている。その後は、友人の周苛の紹介で劉邦に仕え、たびたび憎まれ口を叩きつつも、最期はその劉邦のために命を投げ出すという史実通りの結末を歩むこととなる。なお、紀信の最期を聞いた周苛もまた、項羽に敗れると投降を拒否し釜ゆでの刑で殺されている。

一方、横山光輝漫画項羽劉邦」では、張良と陳劉邦に容姿が似ている人物を吟味して、紀信に白羽の矢が立つという筋書きになっている。屈折した司馬遼太郎版と異なり、本作では自分が劉邦のために働いて死ぬことを誇りに思い、選ばれたことを喜ぶなど、忠実で実直な人物として描かれている(これをで見ていた、や周勃は自分の方が君の似ていると、人選に漏れたことに不満げだった)。また、劉邦が彼の老を自分のとして扱い、紀信の家族をわが一門同然に遇すると言うと、これ以上の感謝はないとさらに感した。もっとも、劉邦が子を投げ捨てたり、父親を釜ゆでにされそうになってもそのスープを分けてくれと項羽に言うなど、身内には結構厳しいのだが・・・。項羽に捕らわれると、項羽を「冠をかぶった」と罵倒して、火刑に処せられた。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B4%80%E4%BF%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

紀信

1 ななしのよっしん
2015/05/09(土) 22:21:37 ID: OGA2lPOrNf
てっきり、日本人の名前の記事かと思った
といっても、この名前の著名人は、篠山紀信くらいだが。
2 ななしのよっしん
2016/03/21(月) 17:38:16 ID: UVXrv/S5wj
司馬項羽劉邦が大傑作なのはこのエピソードがあるから
紀信キャラクターとかやっぱすげえよ