項羽単語

コウウ

項羽とは、古代中国の武将である。紀元前232年生まれ、紀元前202年没。
ちなみに姓が項、名が籍、字が羽というので「項籍」と記す場合もあるが、
一般には項羽の名で知られている。よって、本項も下記以降は「項羽」で統一して記述する。

生い立ち

始皇帝中国を統一した時、に滅ぼされた楚の将軍項燕の孫。両親をくに亡くしたため叔父の項梁に養われていた。
文字剣術を覚えようとせず兵法を学ぶ事を好んだり、始皇帝行列を観て「いつかあいつにとって代わってやるぞ」と叫んだという逸話で知られる。

挙兵

紀元前210年に始皇帝が死んで各地で反乱が勃発すると、項梁と項羽は会稽(浙江)の太守を殺し打倒の兵を挙げる。項梁は楚の王族の末裔に「懐王」の称号を奉り戦いの大義名分を得るが、将軍の反撃に遭い討死にする。その後の楚軍の揮は義という将軍がとったが積極的に戦おうとしない義を項羽は殺し、楚の全軍を揮しての都咸陽(陝西咸陽)をす。

鹿(河北邢台県)で章率いる20万を寡勢で撃破し章を降した項羽はその後も連戦連勝したが、咸陽は既に別働隊の劉邦に落とされていた。項羽はこれを怒り劉邦を攻めようとするが劉邦が慌てて謝ったためこれと和した(鴻門の会)。紀元前206年のことである。

西楚の覇王

項羽は咸陽の都を落とすと討伐に功のあった者に論功行賞を行い自身は「西楚の覇王」を名乗り(江徐州)を本拠とする。
かしこの行賞は咸陽に一番乗りしてを滅ぼした劉邦中(陝西)に左遷する等を欠いていた。やがて旧斉(山東)で反乱が起きると項羽は斉及び他の反乱軍の討伐に明け暮れるようになる。その際、かつての君だった義(懐王)を地に追いやりこれを殺している。

劉邦との戦い

ここに来て中に押し込めたはずの劉邦も挙兵し、劉邦は各地の反乱軍と合流して項羽の本拠地の彭を落とす。項羽は取って返して劉邦を一敗地に塗れさせる程さんざんに打ち破る。だがその後も項羽劉邦との戦いに度々勝利しつつも、逃げては何度も勢を盛り返す劉邦、群雄の彭越、かつての配下だった韓信や英布らの活動のためその勢を減退させていく。

項羽の如く戦争には強く、怪力をもって知られていた。
しかし敵には峻で過酷な態度で臨む一方、情に弱い所もあり、衆心をあまり得ていなかった。また部下を全面的に信じることができず懐の范増の離反を招く等、戦争が長期化するに従いその勢を弱めていった。

最期

紀元前203年、項羽劉邦と一時的に講和を結ぶが劉邦軍の不意打ちを食らい、下(安徽蚌埠)という所に追い詰められる。
この時大敗した楚軍が防塁にこもり、軍に包囲された。になると四方のから故郷である楚の歌が聞こえてきた為、項羽は今や自軍が孤立している事を知り、大いに嘆いた。これが敵に囲まれて孤立することを表す熟四面楚歌」の由来である。
項羽は部下と共に別れの宴を開き、である虞美人(ぐびじん)、である騅(すい)との別れを惜しみ、「下の歌」と後に呼ばれるを読んだ。

氣蓋世(は山を抜き気は世を蓋ふ)
時不利騅不逝(時利あらず騅逝かず)
騅不逝可奈何(騅の逝かざる奈何すべき)
奈若何(虞や虞や若を奈何せん)

は山をも動かし、が気迫は世を覆うほどに強い
しかし時勢は不利であり、の騅は進もうとしない
騅が進まないのに一体何が出来るだろうか
虞よ、虞よ、そなたに何をしてやれるだろうか

宴の後、項羽は僅かに残る兵を連れて包囲網を脱出、南へと向かう。
追いすがる軍との戦闘により兵は数を減らし、長江の渡し場である(安徽へと至った。出迎えた亭長(役人)は項羽を匿い、この地で王になるよう申し出た。
しかし項羽は「かつて私は江東の若者八千を率いて江を渡ったが、今は一人も帰る者がいない。そなたらが私を再び王にすると言ってくれても、どのような顔で彼らに会う事が出来ようか」と笑って断り、亭長に騅を与え、部下と共に軍に向けて最後の突撃を行った。

項羽は獅子奮の戦を見せ、一人で数人の兵を殺したが、自らも負傷した。そこに旧知の呂童がいるのを見つけると「お前に手柄をやろう」と告げ、自ら首をはねて死んだ。
大な褒賞がかけられた項羽の遺体を軍の兵士は殺し合いをしてまでも奪い合い、その亡骸は5つに千切れてしまったという。その後劉邦項羽の礼で手厚く弔い、呂童をはじめとした5名に対して領地を五等分して渡した。

その評価

『史記』の著者司馬遷は項羽の評価を手厳しめに書いてはいるが、劉邦と同じ「本紀」に載せて彼を下人として扱うだけでなく様々なエピソードを盛り込んでいる。
四面楚歌」に見られるような滅びの美学は彼を悲劇の英雄として昇させ、劉邦とは対照的な人物として、今なお多くの人にその印を焼き付けている。

後世の創作

司馬遼太郎「項羽と劉邦」

自身に逆らう相手には容赦のないほどの残虐さで攻撃するが、身内や部下に対しては限りなく優しいという二面性をもって描かれる。

の甲冑を身にまとい、圧倒的な武勇でもって敵対勢をたびたび粉砕する。章の大軍に挑む際、小山から一気に駆け下り敵を一撃で切り裂く描写は圧巻。しかし咸陽落後の論功行賞で身内ばかりを優遇し諸侯に反感を持たれてしまう。

また自身の根拠地を戦略的に有利な中を選ばずにあえて故郷の彭を選んだこと、劉邦父親と不仲であったのに対し項羽は礼儀を重んじ、身内の項梁や項伯をあくまで立てたことなどから懐古的な義を持つ人物として描かれる。

光栄「項劉記」

項羽劉邦を題材としたこのゲームでは、当然の如く項羽最強戦闘力を持つ。戦闘・体共に100戦闘力ナンバー2の黥布が91だからそのは圧巻である。ただし一騎打ちは結構ランダム性が高く、劉邦にすら負けてしまう姿も一度だけスタッフ撃されている。(項記事典にて)

コーエー「三国志」シリーズ

「いにしえ武将」という隠し武将として三国志より登場。武はもちろん100であり戦闘の評価は呂布よりも高い。特に三国志11では列伝の冒頭でいきなり「中国史最強の武将。」と言い切られておりその凄まじさを物語る。固有特技「覇王」は全ての攻撃がクリティカル(2倍ダメージ)になるというまさに西楚の覇王にふさわしい最強である。
隠し武将だからか残念ながら呂布のような一騎討ち補正は存在しないことが多いが、11における決戦制覇モードでは……

京劇「覇王別姫」

中国伝統芸能劇において『覇王』にて項羽と虞美人物語が描かれる。
1922年に名女形・芳によって演じられた人気で、する男に貞節を近い、また足手まといになる事を拒んで自害する美と、覇王と呼ばれた男の悲劇的な最期を描いている。
また演に仮託し、清代末期俳優と葛を描いた映画さらば、わが/覇王』(チェンカイコー監督)が1993年開。レスリー・チャンが妖艶な女形を演じ、話題となった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A0%85%E7%BE%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

項羽

455 ななしのよっしん
2019/03/07(木) 10:23:14 ID: qJfTb7tG17
>>454
その状況だと、強くならない以前に強さが判断できる場所がいからな
周りも本人も、項羽の才を知らないまま終わる
その場合、強調されるのは部下に優しく礼儀正しい人柄の方だと思う
となると項の良将として難に終われるのかもね(歴史にはただ名前が記録上残る位だろうけど)

ifを考えると項梁が定陶で死ななかったら、だな
この場合、項梁は政治に優れた人物だったので項梁が仕切る下で項羽が活躍できれば理想だが
項梁は相当慢心していたそうだし、
当時既に戦後を見据えて項羽の高すぎる武名を疎んじ始めていた節があるので
結局上手く行かなそうではある
456 ななしのよっしん
2019/03/09(土) 21:11:05 ID: abwst6RiAP
>>451
平和な時代だったら、武人だったら広や陵みたいになっていたような感じ。皇帝に生まれたら武帝永楽帝みたいになっていたように思えるが、環境が違い過ぎて、よく分からないな。

>>455
>当時既に戦後を見据えて項羽の高すぎる武名を疎んじ始めていた節がある

そういった記述はあったかな? よかったら教えて欲しい。
457 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 13:33:06 ID: qJfTb7tG17
>>455
>そういった記述はあったかな? よかったら教えて欲しい。
推測の範囲だけど、
今まで項梁は前線は項羽らに任せ、本隊を率いるにも部隊令官として急いては居なかったが
定陶ではしく令官として積極姿勢を見せている事から
項羽由を撃破した時点で、既に戦後を睨んで武勲を欲したのだろう、とね

ましてや項羽らが手強いとし回した定陶を敢えて攻略した事とか、
どうにも功を競っていたように思えるのよ
458 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 23:46:47 ID: QXUETWVvJl
恐れるほどかね?
中国史上まれに見る化け物」としての項羽デビュー戦は鉅鹿で、項梁時代の項羽って探せばぎりぎり替えが効くレベルだし
459 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 13:01:10 ID: qJfTb7tG17
いやいやそんな小さな出来事な訳いから。
季由の撃破は丞相斯が一発で失脚するレベルの大事だぞ?

しかも中国史レベルの問題じゃいからね、
今話してるのは楚、もっと言えば項梁営、項レベルの話だから
そんなが幾らでも居る訳なんていんだよ
460 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 00:48:10 ID: 4yPzuc8UL2
まぁ、英布とかでもギリギリ出来るかもしれないけど、
配下の一武将が巨大な武勲を立てるのと、
同じ一族の者が巨大な武勲を立てるのでは、
意味合いが違うわな。


それに、この時点でも項羽、降兵数千人生き埋めとか、
この時代の倫理でもやべー事既にやってるから、
恐れるのはしょうがない気がする
461 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 00:53:59 ID: abwst6RiAP
>>457
なるほど。確かにありえる可性だな。ありがとう。
多くの創作では、項羽は項梁の後継者に名されているが、史実では項梁に息子がいるかもしれないし、項羽ぐらい年長であったかもしれないしな。戦死したか、項荘あたりになったか分からないけど。

項羽は、項梁死後、おじの項伯やおそらく年長の項氏がいるにも関わらず、項一族の代表者に推戴され、懐王の次将に任命されているんんだな。督で揉めているような気配があれば、義たちがつけこんだろうし、鉅鹿以前にすでに圧倒的な名望があったのだろう。

>>460
の数千人生き埋めは、項梁が怒ったり、とがめたりした描写はないので、項羽が項梁が恐れられるような要因だったかは不明。恐怖心を与えて、他のでの降伏をうながすための行為だったのかも。

他の人物にしても、を落とす時に「屠」という文字がある時は同じことをしていたのかもしれない。
462 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 12:09:33 ID: qJfTb7tG17
>>460
項梁死後、当初は名義が総大将になったので(すぐぶっ殺されちゃったけど)
なら問題ない、と言う訳ではないのだろうけど
それでもやっぱり項内での長を脅かされるとキツいからね

ただ、生き埋め々は関係ないと思うし、
まして当時の情勢だと数千人生き埋め程度一時の話題になるか程度だろう
この間まで農民だった皇帝になって数十万の軍を率いて暴れるような
当時の中華でそんな事いちいち気にする人は居ないと思うよ
463 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 21:50:09 ID: h0iy9NVs4G
鴻門之会では項羽おじさんの項伯を通じて項羽命乞い
後の登山では冒頓単于の妻を通じて冒頓命乞い
結果・・・両方とも助かる
劉邦命乞いの達人だった?それとも並外れた強運の持ちか?

冗談はさておき
鴻門で劉邦殺してれば項羽下の支配者になれた可性が高いことは確か
仮に劉邦が宴会に来ずに戦いを挑んだとしても当時の戦差は歴然としてた
項羽の連合軍は50万で劉邦軍は10万
あの時に亜の進言通りに劉邦殺しておけばと考えると項羽は悔やんだだろうね
464 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 12:59:26 ID: qJfTb7tG17
>>463
当時の中国の群雄なんて面子第一だろうに
臆面もプライドを放り投げて命乞いが出来る、
しかもそれでいて組織内で地位を失い寝首をかかれたりしない、と言うのは
劉邦の立ち回りの高さを示す事柄だろうね
気前が良く褒めちぎる点ばかり注されるが、粗暴でよく人を面罵するとか統一後の容赦さとか
どこまでが素性が偶然噛み合った運によるのか、悧な計算なのか判断しにくいね

生存戦略より浪漫を優先しちゃう気があった項羽よりは考えていたんじゃなかろうか
ただ、不利になれば家族を捨てても逃げる位逃げる気満々なのに
勝ち負け以前に単に捕虜にされてしまうと言うのは、皇帝としては現場人間過ぎるかな
(統一後に粛清し過ぎちゃった弊大将軍任せられるが居なかったのかもしれないが)