MG42単語

マシーネンゲヴェーアツヴァイウントフィアツィヒ
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

グロスフスMG42(以下MG42)とは、ドイツグロスフス社が開発し、第二次世界大戦の最中である1942年に制式化された汎用機関銃である。
発射速度や威から「ヒトラーの電動鋸」とも呼ばれて恐れられ、第二次世界大戦中に連合兵士を恐怖のどん底にたたき落とした、

その完成度の高さから、弾薬変更による室回りの設計を経てMG3となり、戦後未だにドイツ連邦軍などで現役である。

概要

MG42は、東部戦線アフリカ戦におけるラインメタルMG34(以下MG34)の良点を盛り込んで作られた汎用機関銃である。MG42について記述する前に、その前身であった機関銃MG34について説明する必要があるだろう。

MG34は、ベルサイユ条約下における「冷式機関銃の保有禁止」を逃れるため、冷式機関銃MG30をより進歩させた、ラインメタル社にて開発された機関銃であった。
継続的な連射を行うと発生する身加熱による異常摩耗などの問題を、身を交換可とする事によってとっかえひっかえ冷えた身で連続発射する事によって解決。通常時は2脚の軽機関銃として小隊と共に進撃可弾幕る時は専用の三脚(ラフェッテ34)によって重機関銃化し継続的な弾幕支援が可と、1丁で軽機関銃にも重機関銃にもなれるという世界初の汎用機関銃であった。

おまけにこの専用三脚ラフェッテ34は、パイプフレームで軽量かつ揺架で振動を吸収しつつ同時に射界を前後に自動的に振り分け、しかも姿勢変更による高さ調節が可学照準器による遠距離攻撃もおまかせ!という至れり尽くせり仕様であった。ラフェッテ34MG34の組み合わせによる射界は3kmにもおよび、遠距離では弾道の影で頭上から弾が降ってくるなど大戦前半においては猛威をふるった。

しかし、東部戦線アフリカ戦線では機関部に巻き込んだ砂や泥による動作不良が頻発、に寒くなりすぎると油が凍って発不能おまけドイツ人の悪いクセである精密で手間ヒマかかる仕様になっていたので機関銃が足らねー!という事になり、設計が行われる。こうして、プレス製作を多用し作りやすく多少の汚れにも強い、MG34の後を継ぐMG42が誕生する事となった。

MG42は、ドイツの敗戦後も、作りやすく強機関銃でなおかつナチスドイツ占領地にまとまった数があった事からほとんどの地域で使われ、戦後連邦ドイツ軍を始めイタリアスウェーデンを始めドイツ兵器と縁のある設計されたMG3が現役であるほど息の長い機関銃である。

さらにMG34やMG42が作り出した”汎用機関銃”というコンセプト戦後機関銃の中心たる考え方になり、いつもは2脚、3脚装備で重機関銃化、身交換可が当たり前となった。
最近では分隊支援火器に喰われつつあるが、威がある為車載機関銃などで今後とも使われていくであろう。

スペック・詳細

スペック
開発 ドイツグロスフス社
全長 1,220mm
重量 11,600g
身長 533mm
機構 ローラロック
(ショートリコイル)
口径・弾薬 7.92x57mm モーゼル弾
ベルト給弾式
ドラムマガジン
有効射程 1,000m

MG42をMG42たらしめているのはその発射速度だろう。

MG34で毎分900発だった発射速度を、MG42では毎分1200発に引き上げ、さらにリコイルブースターの設定しだいでは毎分1500発まで発射可と、すさまじい弾幕を展開可であった。

間20発、弾薬ボックスの装弾数である250発を撃ち切るのに12.5というバケモノであった。もちろんこの発射速度では個々の発音を聞き分けることはできず、繋がったVoooooo!という独特音をとどろかせる事から「ヒトラーの電動鋸」と呼ばれ恐れられた。

おまけにこれまた専用の三脚架である「ラフェッテ42」使用時には3km先まで有効射程であるため、頭上からショットガンのように弾が降り注ぐわ、突撃すればハチの巣にされるわと、くらう側は堪ったものではなかった。
射撃音が布を引き裂くような音と言われていたが、実際まともに食らった兵士を上半身と下半身に引き裂くほど強であった。

さらにMG34の弱点であった、リロード時の身交換時に被筒を回転させて抜き出し・セットするため時間がかかる欠点も、MG42では側面レバーを起こせば横に身が飛び出すので、引っこ抜いて新しい身を挿してレバーセットすれば即了!と、熟練射手だと3で再発射可仕様になった。

でもなんで戦争に負けたの?と言われれば、敵が戦車を出してきて機関銃地を攻撃したり支援で狙われたりといった対抗手段によって機関銃地が排除されていったためである。いくら生身の人間に対して強機関銃を持っていようとも、装甲に覆われ高い攻撃を誇る戦車や、そもそも機関銃地からは見えない敵である榴弾や迫撃撃の前にはであった。

おまけドイツ軍戦車火力が少ない為、対戦車に多少難を抱えていた点も原因に含まれるであろう。戦闘とは個々の兵器ではなくトータルの戦によって勝敗がきまるのである。[1]

関連動画

関連静画

MMDモデル

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ただし、こういった機関銃に対する対抗火力がない状態で突破する場合は、文字通りの地獄絵図と化した。

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/mg42

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MG42

32 ななしのよっしん
2017/05/04(木) 07:37:46 ID: cRX8GKV0Ek
>>28
黄色い救急車がお待ちですよ
33 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 22:35:05 ID: YYfIBZcekf
この帝国陸軍だとどう使うのかな?

・・・・まさかウッドペッカーみたく狙撃銃にはしないだろうな。
34 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 11:20:52 ID: GX7zWdNHLk
>>33
重すぎるのと省資のため、機関部や身のを薄くして、さらに未熟なプレス加工のせいで、信頼性がグダグダになる
ZB26を参考に、62式機関銃を作り上げただぞ
35 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 21:43:02 ID: CCVPm8saCz
>>34
いくらなんでも理論が飛躍し過ぎているとしか言えんわ君
帝国陸軍が」といっているのに、戦後自衛隊帝国海軍企業の日特導の62式に行き着くのか…
機関銃開発の要技師の南部もその時期はとっくに亡くなっているんだが
海自ほどじゃないけど少数の陸軍OBはいたがそれにしたって陸軍そのものではないんだが

そもそもZB26の参考を引き合いに出すなら車載の九七式という実例があった事ぐらい割と知られた話なんだがな…

弾薬欠乏で補給線弱い帝国陸軍が、射撃精度落とす細身の身を良しとするわけがないってのは九九式軽機なんかの実例を見れば分かるよね
身と違って弾は消耗品なんやが
ましてや莢や添加鍮などの実包の質の悪さや室形状や寸法差の不利からただでさえチャンバーへのり付きに悩まされて分厚い身(チャンバーも)に辿り着いた陸軍がなんで安易に細身な身に走ると考えるのか…
36 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 13:21:43 ID: EK74AuxEX+
MG42は見たも性ロマンも全部盛りで好き
近年のMG4やミニミのような同寸LMGとは違うかっこよさがある
37 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 21:44:48 ID: GX7zWdNHLk
>>35
現実見ようぜ
62式機関銃は、実在してる
38 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 22:05:47 ID: D5ZUdR7bPf
いや別に62式は銃器開発技術が怪しくなってた時期に割と独り善がりな開発で作られただしZB26較するなら九六式や九九式軽機関銃だろ。ベルト給弾だって九九一号とかもあるわけだからそうなものにはならないと思うけど。たとえ初期モデルが出来が不味かろうと自衛隊と違って旧軍は良予算はつけれるだろうし。
39 ななしのよっしん
2019/07/12(金) 22:46:48 ID: GX7zWdNHLk
>>38
常識的には、いい線いったとして、そういう想像になるよな

でも、事実は往々にして想像の斜め下を行く
62式機関銃を実際触ってみるまで「いくらなんでもそこまで酷いものを採用するわけない、話を盛りすぎだろ」って思ってたよ
日本陸軍でも例えば九四式拳銃とか、想像を絶する代物だろ
でも、良もせずに何万丁も製造されてんだよ
40 ななしのよっしん
2019/11/10(日) 13:54:54 ID: f/1AKBeSpx
>>34
62式機関銃は、消耗品である身にクロム加工なんかして、丈夫すぎて損耗更新出来ないって自衛隊が悲鳴上げてるくらいなんだから、身のを薄くして々っていうのは的外れでしょう。
どちらかというと、発射速度が速すぎて弾を消費しすぎるから発射速度を遅くするために余計な機構を組み込むことで芸術的な設計をウンコに変え、さらに未熟な工業が部品精度を悪くして機関銃のような形をしたガラクタができる・・・って感じじゃないかと。
41 ななしのよっしん
2019/11/10(日) 22:30:08 ID: GX7zWdNHLk
>>40
62式の身が損耗更新しなかったのは「トラブル続発で、損耗するほど撃てない」せいなんだが
どっかで64式小銃と取り違えてないか?

急上昇ワード

2020/02/29(土)07時更新