MIDI単語

ミディー
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

MIDI(ミディMusical Instrument Digital Interface)は、電子楽器データ規格の一種。

また、MIDI規格に準規した機器(MIDI楽器MIDI音源)やデスクトップミュージックDTM)のことをしてMIDIということもある。

概要

日本のMIDI規格協議会(JMSC、現在の社団法人音楽電子事業協会(AMEI))と際団体のMIDI Manufacturers Association (MMA) により制定された、電子楽器演奏データを機器間でデジタル転送するための規格である。物理的なインターフェース、通信プロトコルデータ形式、ファイルフォーマットなどからなる。

1981年に計6社によって規格案が整理され、初版スペックができあがった。その後、3年を経て協会(MMA: MIDI Manufacturers Association)も設立。

また MIDIの1ファイル形式である、Standard MIDI File (SMF)についても、MIDI初案から10年後の1991年、「MIDIファイルの推奨例」として協会が正式に推奨する運びとなった。

GM(General MIDI)

MIDIは「○番の音色を番の音階で鳴らす」といった演奏情報の集まりなので、音が変わると全く違う音色で演奏されてしまう恐れがある。このために行われた音の標準化で生まれたのがGMである。

SMF(Standard MIDI File)

PC上で扱われる「.mid」、「.midi」の拡張子ファイルSMF(Standard MIDI File)と呼ばれ、音階や発音タイミングなどのデータの羅列(シーケンス)である。これを時系列順に出するのが「MIDIシーケンサー」(PC上のメディアプレーヤーも「再生専用のMIDIシーケンサー」とみなせる)、MIDI信号を受け取って実際に発音するのが「MIDI音源」である。これらの関係は「楽譜」、「奏者」、「楽器」の関係と言えるだろう。

SMFはいわばデジタル楽譜に過ぎず、鳴らすべき音の波形などは個々のパソコンが搭載している(もしくは接続されている)MIDI音源にゆだねられる。ゆえにMIDIによる演奏は、

という特徴を持つ。当然ながら、MIDIファイルを作成した者のMIDI音源と、視聴する側のMIDI音源の機種が違えば、最悪のケースでは演奏が破綻してしまうこともある。MIDIデータはあくまで「どう演奏するのか」を記録したもので、どのように演奏されるかは再生側の環境に左右される。かつてMIDIデータがやり取りされていた全盛期においては、「SC-88Proより上位の音で聴いてください」などの注意書きが多く見られた。

MIDIに疎い者からは「MIDIは音がしょぼい」といった意見が散見されるが、データの不出来によるものか再生環境の貧弱さによるものかの判断が付いていない為であろう。近年のパソコンOSに標準搭載のソフトウェアMIDI音源MSGSQuickTime Music等)を用いるのが常態化しているが、これらは実用上最低限の波形・機しか備えず、工夫を凝らしたMIDIデータに対する再現性に難があることを念頭に置かなければならない。

一方でMP3などのPCM「どう演奏されたか」を記録したものであるため、製作側と視聴側との環境の差で音質劣化は発生しうるものの、内容が破綻することは起こらない。ちなみにニコニコ動画もMIDIデータの配信機は盛り込まれておらず、MIDI演奏動画はすべてMP3AAC等のPCMによるもの(演奏結果を録音したもの)である。

代表的なソフトウェアMIDI音源

Microsoft GS Wavetable SW Synth (MSGS) / Microsoft Synthesizer

何となく興味を持ってMIDIファイル再生してみた初心者をがっかりさせる事に定評があるWindows内蔵MIDI音源ことMSGSゲイツシンセとも呼ばれる。音色は微妙エフェクトはほぼ効と散々だが、Roland社製品だけあって音色間のバランスなどはしっかりしており、とりあえずは聞けるけど、本当にとりあえず聞けるだけという代物。MIDIドライバーとして機してくれるので使い勝手は悪くないのだが。Microsoft SynthesizerMSGSとほぼ同一の音DirectX版。フリーゲームなどでMP3やMIDIが見当たらないのに何かしら音が鳴ってるとしたら、おそらく正体はこれ。また、MSGSの音名 (= MIDI デバイス名) は Windows Vista 以降、 「Microsoft GS Wavetable Synth」 に変更されている。

QuickTime

アップル社メディアプレイヤーに付属のMIDI音源WindowsユーザーでもiTunesなどをインストールした時にMIDIファイル再生がこちらに定されている事もあるかも。音質Microsoft Synthesizerよりはましな程度。何よりMIDIドライバーなどとして機してくれないので、QuickTime再生を想定したMIDIが作りにくく、制作側からはスルー状態。

YAMAHA MidRadio Player

YAMAHA社がフリー提供しているメディアプレイヤーの内蔵MIDI音源カラオケ用に音色が調整されているようだが、 Roland VSC-88Pro や後述する YAMAHA S-YXG50 用に作られた音もそこそこきれいに再生してくれて、現在入手可MIDI音源としては入手の手軽さと性バランスが最良とのこと。聞き専門ならとりあえずインストールしても差し支えない。もっとも、こいつもYAMAHA社製品に対してVSTiとして機する以外は、MIDIシーケンサーなどから直接呼び出せないため、作り手からは微妙な存在。ちなみに、現在開されている最新バージョン(7.2.1)と旧バージョン(6.0.0)とでは、内蔵MIDI音源の音色が違う。バージョン7.2.1では、カラオケサービス「パソカラホーダイ」や歌本サービスネットで歌本」向けに音色が変更されている。
DLLファイル非公式パッチを当てることで、他社製品でもVSTiとして一応は使用可

YAMAHA MidRadio Player ダウンロードexit

YAMAHA S-YXG50

YAMAHA社がかつて提供していたソフトウェアMIDI音源YAMAHA社製のチップを積んだサウンドボードの付属品などとして大量に出回っていたため、これを用いてMIDI制作を行う人は多く、Roland VSC-88Pro とともにMIDI黄金期を築き上げた。残念な事に配布・サポートともに終了…したはずだが、実は未だにWindows Updateに転がっていたりする(もっとも、Windows仕様変更によりVista以降のWindowsでは動作しない)。MP3の台頭前はゲームミュージックなどもMIDIで演奏されており、その際のMIDI音源として定される事も多かった。

他:インターネットにおけるMIDIファイルの歴史

インターネット上でのMIDIファイルの扱われ方としては、その容量の軽さやデータ自体の製作の手軽さから、庭用インターネットの回線速度均がまだくなかった頃には最もスタンダード音楽ファイルであった。ウェブサイトBGMとして使用されたケースも少なからずあった。

さまざまな楽曲が各所で製作され、専門に扱うサイトなども多数存在したが、そういった楽曲の中には、転載が繰り返され、製作者不明のまま出回った物も多数存在した。

また他方では、有名な既存楽曲を打ち込み原曲作者に非許諾なまま開しているサイトも数多く存在したが、これらの場合もまた、無断転載の果てに製作者不明のまま出回ることが多かった。


~これより下は、既存楽曲の打ち込みデータをMIDI形式で非許諾開していたサイトのその後について書かれています~

しかし、2000年8月インタラティブ配信の利用規定の文化庁認可を基に、著作権の消滅したクラシック音楽や自らが著作権を持つ自作メロディ以外のMIDIファイル開が著作権法違反となった。

それまでは、二次著作物の扱いについてはグレーゾーンであったが、著作権法正で、明確に二次著作物の開には一次著作権者の許諾が必要となった。そのため、著作権が切れていない音楽については、MIDIデータによる開が難しくなった。

CD等で流通している音楽についてはJASRAC著作権を管理しているため、JASRAC著作権利用許諾と著作権料の徴収にあたることになった。このことにより、JASRACによる圧と勘違いされてしまった。また、ゲーム音楽については、多くの曲がJASRACに信託されていないため、ゲーム会社(または作曲者)の許諾が必要となる。実際は、JASRACのように監視を行うセクションが存在しないので放任状態となっている。

これを機に、MIDIファイル開していたサイトの多くは閉鎖かMIDIページ削除を余儀なくされた。

一昔前までは大量に存在していたMIDIサイトだが、現在まで残っているのはほぼ少数。

現在ではインターネット回線の高速化に伴って大容量データの送受信が容易になったため、MIDIファイルとしての配布はせず、製作者自身が最適と考えているMIDI音源再生されたものをMP3などオーディオデータ化して配布することが流となっている。

また、現在ではIEを除くブラウザWindows Media Playerプラグインの対応を打ち切っており、ウェブサイト上でMIDIを直接再生できなくなっている。このため、インターネット上でのMIDIは時代の移り変わりとともに使い勝手が悪いものとなってしまった。

MIDI検定

MIDI検定とは、MIDIの規格内容を認識し、活用できるを問う日本の検定試験で、一般社団法人音楽電子事業協会が催している。検定試験ではパソコン、音音楽楽器どMIDIに関連する内容が出題され、中でも1級、2級は音楽製作現場において実務レベルの人材を対としている。1級から4級まであり、1級と2級はデータを作成する実技試験が含まれる。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目・外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/midi

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

MIDI

141 ななしのよっしん
2021/01/07(木) 01:15:59 ID: GQFbN5Kwfz
GM上位互換GSだって聞いたから、GMデータGS音源データ通りに再生できるのかと思ってたら違うのね。
XGもGM再生理なのかな。
142 ななしのよっしん
2021/01/10(日) 03:51:45 ID: GQFbN5Kwfz
MIDIデータの形式をめてみた。
矢印で結ばれた左の規格内ならば、右の規格の音データ上は正しく再生できるっぽいけど、にわかなので間違ってたら直して。
MIDIデータ形式
タイトル:MIDIデータ形式
Twitterで紹介する

143 ななしのよっしん
2021/01/10(日) 03:54:15 ID: GQFbN5Kwfz
……XG liteの分岐元間違えた……
もうドット打ちたくねーよ……
144 ななしのよっしん
2021/01/10(日) 04:02:10 ID: GQFbN5Kwfz
正しくはXG liteGMから分岐していないとおかしいっぽい。
よって横幅も再定義しないといけない。つまりドット全面打ち直し。

もうやりたくないです。
嫌です。
ごめんなさいorz
なんで試作で気付かなかった。それが一番悲しいよ……
145 ななしのよっしん
2021/01/11(月) 17:27:02 ID: GQFbN5Kwfz
拡大して貼る用として作成。画像なら機種依存性は低いだろうからね。

矢印の先に行く程上位の規格であり、手前のデータを正しく再生できると思われる。けど素人なので自信は全くない。

GSGMは違いがあるが、共通部分もあるらしい。その部分だけを使えば両方で規格上正しく再生できると思われる。それをGS/GMと表現している。

なお、規格を満たした上で特定の音に特化した調整は考慮していない。あくまでもデータ上の規格のみを分類している。

と言うわけで専門の校閲お待ちしてます。
MIDIデータの規格と互換性
タイトル:MIDIデータの規格と互換性
Twitterで紹介する

146 ななしのよっしん
2021/02/22(月) 17:15:35 ID: GQFbN5Kwfz
ローランド株式会社 GS
最初に生まれたMIDI規格。ローランド株式会社 サウンドキャンバス MIDIサウンド・ジェネレーターSC-55で初めて採用された。
的な対応機種はローランド株式会社の物がどだが、一部例外がある。
初期はゼネラルMIDIと一部異なっていたとされるが、元々拡性を備えていたためか、後発機種では規格内でゼネラルMIDIを正しく再生できると明言している。
ローランド株式会社 RolamdED サウンドキャンバスSC-8850の後期パート数などのスペック上最も高性とされる。但しそれを活かすには専用のドライバソフトウェアUSBシリアル接続が必要で、ドライバウィンドウズビスタ64bit版とマックOS X v10.5までしかなく、それ以降の機種はドライバへの後方互換性に頼ることとなる。
対応するソフトウェアX68000悪魔城ドラキュラ等。
147 ななしのよっしん
2021/02/22(月) 20:58:33 ID: GQFbN5Kwfz
日本MIDI評議会・MIDIマニュファクチャラーズ・アソシエーション ジェネラルMIDI
略称GMローランド株式会社GSを元に機を縮小、一部拡して完成した。ローランド株式会社が後にGS全な上位互換性を宣伝していることから、ジェネラルMIDI独自の仕様GS逆輸入された様だ。
ローランド株式会社 サウンドキャンバス MIDIサウンド・ジェネレーターSC-55(ジェネラルMIDI対応版)で初めて採用された可性がある。
スペック上の最高機種もGSと同じなので割愛
対応するソフトウェアX68000悪魔城ドラキュラ(裏技によって対応する、らしい)、ウィンドウズ95ファイナルファンタジーVII等。
148 ななしのよっしん
2021/02/22(月) 22:57:15 ID: GQFbN5Kwfz
ヤマハ株式会社 XG
1994年登場のMIDI規格。ジェネラルMIDIを基に独自に拡された規格であり、ヤマハ株式会社の製品が対応する。
ヤマハ株式会社 トーンジェネレーターMU80で初めて採用された。
最高性かつ最終機種はヤマハ株式会社 トーンジェネレーターMU2000エクステンディッドエディションR1である。USBシリアル接続でなければ最大性を発揮出来ないが、生産終了品ながらウィンドウズ10用ドライバも存在する。
対応ソフトウェアウィンドウズ95ファイナルファンタジーVII等。
149 ななしのよっしん
2021/02/23(火) 05:11:51 ID: GQFbN5Kwfz
ローランド株式会社 MT-32(2代目)
ローランド株式会社のLA音を採用したシンセサイザー良版。
仕様が変更された為に先代MT-32向けデータ再生若干不向きで、正しくない音が出る場合がある。
規格を拡した後継機が発売されており、カタログスペック上最高性の物はCM-64。ここから更に15種類の拡カード1枚を挿すことも可で、それを前提にしたソフトウェアも存在した。
採用ソフトウェアX68000専用ソフト人。CM-64と拡カード2種に対応していたとされる。X68000悪魔城ドラキュラにも対応しており、対応ソフトX68000には数多く存在する。
150 ななしのよっしん
2021/02/23(火) 07:42:01 ID: GQFbN5Kwfz
ヤマハ株式会社 XGライト
XGの仕様だと高級製品にしか載せられない、という欠点を解消した簡易版XG。1997年登場だが初採用不明。
ローランド株式会社製品にも一部採用されており、実質的にこの2002年が初採用という説すらある。
最高機種はヤマハ株式会社 トーンジェネレーターMU2000エクステンディッドエディションR1である。

MIDIマニュファクチャラーズ・アソシエーション ジェネラルMIDIレベル2
略称GM2。メーカーえた汎用規格として、ジェネラルMIDIを発展させ誕生した、
最高機種はローランド株式会社 RolamdED サウンドキャンバスSC-8850の後期

E-muシステムズ・创新科技有限公司 サウンドフォント
PCサウンドカードサウンドブラスターAWE32用として開発された規格。音のデータセットであり、自由に音の設定が可再生に対応するソフトウェアも存在する。
ハードウェアとしての最高機種は创新科技有限公司 サウンドブラスターX-fiチタニウ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド