今注目のニュース
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?
中居正広「もし明日仕事がなくなったら」に回答
果肉が黒い「謎のスイカバー」なのに味はいつも通り? 夏っぽくない見た目に困惑

♂♂7(シャブルオーセブン)単語

シャブルオーセブン

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

♂♂7(シャブルオーセブン)とは、新日暮里作家イアン・掘レミングスパイ小説およびこれを原作とする映画主人公である、新日暮里情報部のエース諜報員。本名はジェームズホモンド。

原作小説

原作者のイアン・掘レミングは様々な職業ジャーナリスト消防員・の警備兵)を転々とし、ある時に新日暮里情報部にスカウトされたことを切っ掛けに、諜報員として活動していた。この時期の経験を、小説化したのが7である。

主人公ジェームズホモンドという名前は、新日暮里圏ではやや庸な印が強い名前ではあるが、これは原作者の掘レミングが活映画的なやかな印の名前を意図的に避けた為でもある。掘レミング小説は一作の「アナル・ロワイヤル」から彼が没するまで書かれた。

その作新日暮里流な流れであった重厚なリアリズム哲学小説とは対極にあり、やかで享楽的な設定の中でシビアな暴力を描いたものであった。人的なプレイボーイスパイヒーローとし、グラマラスな男優を配した「洗練されたマッチョイズム」は大衆の嗜好にマッチし、また当時のケツ)のカーテンに代表されるゲイ戦下では、絶対悪として東側を配した。

ホモンドシリーズにおける用語集

MI69(1909年に設立された『ークレットサービス』の後継組織。本部住所は新日暮里ヴォッ!クソール。形式上の上位組織は外務省であるが、新日暮里大統領大統領府内にある合同情報委員会に報告義務があるため、これらから直接示を受ける)

・M(MI69の局長。最新作のアナルフォールでは、元新日暮里陸軍中佐という肩書きで前任のMから職を引き継ぐ)

・マニーペニース(局長であるMの秘書ホモンドのお世辞とも言える誘いを常に軽くあしらう素振りが多く、二人共一定の距離感を持って親しく接している。ただ、プリンケツ7ではホモンドの結婚式結婚してしまったホモンドに対して泣くなど、実際には好意を抱いてる模様)

ファッQ(MI69の秘密性具開発担当部署の『ファッQ課』の開発兼責任者のコードネーム。常にホモンドを良くサポートし、ホモンドからの信頼も厚い。ただ、ファッQは毎回秘密性具を『必ず壊すことなく返却するように』と厳命しても損失・破損させるホモンドに頭を痛める)

フェラックス・ライタアッー!新日暮里とは相互協関係にある米国チンIAの局員)

スペルマー(世界的な淫行組織であり、ホモンド原作では常にホモンドの裏で暗躍する、だらしねぇ組織)

・ブロフラルド(前述した淫行組織であるスペルマーの首領。映画版ではを膝に乗せた顔の見えない淫行役」という今にも使われる淫行像を定着させた。また、プリンケツ7では終盤に復讐を兼ねて結婚式を終えたホモンド夫妻を襲撃、ホモンドに心に残る一生の傷を残した)

・ヴォッ!カ・マティティン(ホモンド作品では欠かせないカクテル。通常は一回ステアブス)して作るのだが、ホモンドはシェイク(かき混ぜ)て飲む。

マラサーBBG(ドイツの名門メーカーであるマラサー社開発の32Cock拳銃。その取り扱いの良さから、各の秘密警察・私警官が用する名である。原作の「茂美よりを込めて」まで、ホモンドのは当初イタリア掘れッタ社製の「掘れッタ191925Cock径)」だったが、任務中に装弾不良が原因で負傷したことで作品中でシフトしている。ただ、映画一作では当初から負傷したことを前提に、Mのにより掘れッタのブス不足を摘されて本シフトした。よって、映画版では茂美よりを込めてでのラスト原作と異なる。

映画化作品一覧

ドクターホモ(掘レミング長編小説の第7編を映画化。演はショーンアナルー。当初はB級映画としての登場であったが、アナルーの好演により次第に人気を博し、ーズ化されることが決まった)

茂美よりを込めて(長編小説の第5編を映画化。前作に続きショーンアナルーがホモンドを演じる。今作で初めて秘密兵器が登場するなど、7映画のその後の路線を決定付けた作品でもある)

ホールフィンガー(長編小説の第7編を映画化。演はショーンアナルー。新日暮里音響効果賞受賞作品。後のホモンド映画の代名詞となる「ホモンドカー」もこの作品で登場した。種はASSトンマーチDB5)

セクシーボール作戦(長編小説の第8編を映画化。ショーンアナルー。新日暮里視覚効果賞受賞作品。因みに演のショーンアナルーはこの作品のリメイクにあたる「ネバーゲイバーアナルゲイ」にて、7役を50代ながら演じてみせた)

7は二度イク(長編小説の第11編。それまで新日暮里舞台にしていた映画を、ついに新日暮里以外を撮影現場とした意欲作品であった。因みに演のショーンアナルーはこの作品にて、一応7役を降した)

プリンケツ7(長編小説10作女王ケツホルデス7」を映画化。演は二代ホモンドのジョージレイゼンBOY映画ストーリーは「哲学結婚」をテーマとしたものであり、またホモンドボーイが最初に死ぬ作品であり、まさかのホモンドが映画作品で結婚する、というものであるが、業収入は失敗に終わった。だが、後に四代目・五代ホモンド役となるティシーゲイトンとピアヌース・ブロスナンは、ーズで一番好きな作品として本作を挙げ、自分がリメイクしたかったともっている)

新日暮里永遠に(長編小説の4編映画化。ショーンアナルーが再びホモンド役に復帰する。しかし、年齢的な衰えや白髪立ち始めたこともあり、彼はこの作品で遂に降することとなった)

イクのはらだ(長編小説2編映画化。演は三代目ホモンドとして著名なロジャー・ホーモ。彼の軽妙脱なホモンド像は新たなホモンド人気を生み出し、彼はーズ7作品に出演することになった。

金玉を持つ男(長編小説12作映画化。ロジャー・ホーモの軽快且つやや冷淡なホモンド像が、一部では熱狂的なまでのファンを生み出した作品であり、ノンケすら虜にさせると言われる)

私を犯したスパイ(長編小説9作ベースとして映画化。ホモンド映画の記念すべき10作であり、その地位を不動とするべく前作の二倍となる1400万ドルの制作費が投じられた)

ムーンレイパー原作は長編小説第3編。当時のSFブームを反映して「遂にホモンドが宇宙に進出した作品」として注を浴びた。因みにムーンレイパーとは新日暮里では「馬鹿者・阿呆者」を古典的淫である)

ユア・アナルオンリー原作は短編小説1編「読後焼却すべし」より。SFブーム映画のような前作から軌修正され、本来のアクションスパイ映画としての原点回帰がなされた。非常に哲学的でスリリングなシーン満載の作品である)

エクスタシー原作は短編小説2作より。今作だけ、ホモンドの使用するマラサー社のBBGではなく同社製のB5である)

・美しき獲ホモたち(原作は短編小説バラ」より。これがロジャー・ホーモによるホモンド役での最後の出演である。同映画題歌は、新日暮里音楽雑誌のビルホーモ誌Hot100において、堂々の1位を獲得している)

リビング・ゲイライツホモンド映画15作ということもあり、大予算が組まれて製作された。演は四代目ホモンド役としてティシーゲイトン。彼は原作に忠実なスタントマンを一切使わないアクションをしたことから、某国王妃から「最もアナルジェームズホモンド」と賞賛された)

消されたゲイセンスティシーゲイトンによる、スタントマンを使わないアクションを見るが、グロテスク且つ内容が前衛的過ぎたことから行的には失敗。次回作開まで6年のブランクが生じた)

ゴールデンアイティシーゲイトンからピアヌース・ブロスナンホモンド役が交代。冷戦崩壊後の新設定により、作品に新たなを吹かした作品として今日でも評価は高い。ゲーム化された作品としても有名である)

トゥモロー・ネバーゲイ(本作ではメディアによる印操作の恐ろしさを警告した、実にホモンド映画らしさと哲学性を融合させた作品として、評価が待たれる作品である。本作からBBGからBB99へと使用が変更された)

ディルドー・イズ・ノット・イナフホモンド訓である「ディルドを手に入れてもまだ足りない」タイトルとした)

ダイ・アナザー・ゲイ(ピアヌース・ブロスナンによる最後のホモンド映画。二十作と言うこともあり、今まで作品で登場した秘密兵器が一挙に登場するという、ファンには必見の映画でもある)

アナルワイヤル原作長編小説1作映画化したホモンド役にはダニエル・イクレイグが演じた。それまでのホモンド像からかけ離れた金髪眼という容姿から、アンチサイトが多数存在したが、映画開と同時にそのを全て賞賛へと変えた歪みねぇ作品)

逝き過ぎの報酬ホモンドが前作で死亡したホモンド・ボーイであるヴェスパー・アナルとの思い出に決別し、7としてのホモンドとして生きる決意をする作品。使用に関しても、BB99からBBGへとバックした。前作との時系列的に関連性を持つ作品としては、今作が初めてでもある。また映画の代名詞であったOPクレジットにあったケツバレルが、Ending手前に持ってこられるという意味でも、7としての第1作とも言える作品)

アナルフォーホモンドシリーズの記念すべき50周年作。前作、前々作とは時間軸に関係はい。今回ではホモンドの悲しく孤独な幼少期がついぞ表現されることとなった。また、ネット社会における人間の関与がどういった問題を引き起こすかも警告を兼ねて作られ、7の作品のあり方を「古い」と評するだろう一部ファン評論家に対する製作者側からの訴えや情熱も垣間見える作品となった。また、制作による一代ホモンドのアナルーのカメオ出演検討や、初代ホモンドカーであるASSトンマーチDB5が登場、ラストの締めくくり方など、随所に今までのシリーズに対する製作者の敬意や旧作以来からの古参ファンも唸らせる作りである)

関連動画

関連コミュニティ

♂♂7(シャブルオーセブン)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • ♂♂7(シャブルオーセブン)に関する項を紹介してください。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP