今注目のニュース
ホームレスを避難所が受け入れ拒否 「当然の判断」「差別だ」とネットで賛否両論
楽しいはずの修学旅行 若い女性は「行きたくない」と思った人が多い?
「増えすぎたサルが、クマを囲んで威嚇している」白山のクマ猟師が語る“狩猟文化”の現在地

エリザベス・F・ビューリング単語

エリザベスビューリング

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エリザベス・F・ビューリング(Elizabeth F. Beurling)とは、「ストライクウィッチーズシリーズの登場人物である。

スオムスいらん子中隊シリーズキャラクターCV.行成とあ

プロフィール

概要

モデル

モデルイギリス軍のエースパイロットジョージ・フレデリックバーリング(George Frederick Beurling)。
冬戦争の際、フィンランド側に義勇軍として参加しようとしたものの断念。のちに第二次世界大戦が始まると、マルタを守備して多くの戦果を上げた。戦後カナダ軍を経てイスラエル軍に参加したが事故死。撃墜数31
偏差射撃を得意とする優秀なパイロットだったが、少尉任官を拒否するなど変人ぎみの厄介者でもあったという。

容姿・人柄

のなかに銀色が透き通った長ライダージャケットを着込み、氷色の眼からどこか近寄りがたい厭世的でクールな雰囲気を漂わせる少女

マイペースで偏屈な変人なのに加えて反までも併せ持ち、断外泊や門限破りなど入隊以降幾度とく問題を起こしてきたブリタニア軍随一の問題児で、「スクリューボール」と呼ばれていた。にもかかわらずウィッチとしてのは一流で、「たぐいまれなる見越し射撃の名手、戦場コントロールするソリストと評されるほど。ただし、その勇戦敢闘が行き過ぎて日常的に命違反・連携視を繰り返してきたきらいがある。スピットファイアへの導入後も旧来のハリケーン機としていたのは、射撃の安定性から爆撃ネウロイの迎撃に有利だからであり、また履きなれており信頼できるためでもある。

ちなみに、リベリオンからのレンリースで送られてきた「地にい丸のマーク」入りのパッケージタバコを好むヘビスモーカーかつブリタニア系にもかかわらず紅茶嫌いのコーヒーブリタニアではオートバイブラフシュペーリss100として乗り回していた。パブに向かっているあたり、飲酒運転上等である。ちなみに、その縁で退役後には一度オートバイメーカー広告モデルを務めたこともある。

経歴

リベリオンの北に接するブリタニア植民地ファラウェイランド、モントリオールの出身で、ブリタニア軍に入隊。
二次ネウロイ大戦直前から中欧オストマルクに半年任期で派遣され、同地のネウロイ監視航空団でネウロイの大挙侵攻を迎撃、持ち前の敢闘精で多くの命視と大きな戦果をあげた。しかし、ネウロイの侵攻による戦線の後退、泥沼化した撤退戦の経験は、彼女にその厭世的でどこか投げやりな性格を芽生えさせることになる。

その後、ブリタニアへ帰還したが問題児ぶりはまったく変わらず、しかし優秀なウィッチであるため強い処罰を下すことも出来ず(といっても、軍法会議どころか銃殺刑寸前が複数回ある)に本の基地をたらい回しにされていた。この頃、中尉昇進を命じられ「自分に指揮官は務まらない」と拒否したが、時を同じくして北欧スオムスに義勇独立飛行中隊の設立が浮上。上層部が中尉昇進かスオムス派遣かどちらかを選べという条件を提示したところ、ビューリングはなんの抵抗もなくスオムス行きを選択した。

こうして参加したスオムス義勇独立飛行中隊で、ビューリングは強気でワンマンぎみな”扶桑巴御前穴拭智子をはじめ、弱気なドジっ子エルマ・レイヴォネン、”壊し屋”キャサリン・オヘア、教条義的なウルスラ・ハルトマン、落ちこぼれの迫水ハルカといった個性的な「いらん子」ウィッチたちに出会う。そして彼女たちとの交友を通して自身の性格を軌修正した彼女は、リーダーである智子を佐して機をえる”部隊”撃墜数を挙げるようになっていった。

その後、ブリタニアからの帰要請を蹴ってスオムスで戦い続けたものの、1941年からは飛ぶことも減り、翌1942年には戦線に余裕ができたこともあって本へ戻った。しかし昔の上官に「私のの届くところには絶対に入るな」と叫ばれるほど嫌がられ、当時危機にあった地中海マルタ派遣される。この時、便乗していた空母イーグル>がネウロイに攻撃で撃沈されているが、母艦ウィッチでなく客にすぎないビューリングの乗機は梱包されていたため出撃できずに終わっている。

ともかく辿り着いたマルタでは、フェデリカ・N・ドッリオ中尉揮下に入り、<イーグル>とともに失われた乗機の代わりとして現地で手に入れたスピットファイアマルタの防衛に従事。各ウィッチの連携でネウロイの拠点を破壊し、マルタの奪還に貢献したのち、三度へ召喚された。その後もしばらく軍籍のまま世界各地を回っていた模様。

交友関係

オストマルクからの撤退戦中、戦果を競い合っていたライバル的戦友がいたが、敵中に孤立したビューリングって戦死している。これ以降彼女が世をんだような性格となり、自身の戦死すら望んでスオムスにやってきたのも、戦友への贖罪の意思によるものだった。ちなみに、スオムス派遣時のハリケーンはその戦友のもの。

彼女のそういったな性格は、スオムス義勇独立飛行中隊の面々と出会い「いらん子中隊」として活動していくにつれて変化。もとよりビューリング同様連携を視しがちで、辺に送られた劣等感も相まってひとりで突っ走る穴拭智子の認識を変えるきっかけを作っている。

マルタでは、フェデリカと同じロマーニャエンリーカ・タラントラカールスラントののエディタ・ノイマンヴェンデリーン・シュレーア、そして同じブリタニア軍のパトリシア・シェイドナタリア・F・デュークといったウィッチたちとともに戦っている。ちなみに、このうちデュークがでは実に有名なウィッチとビューリングをみなに紹介しており、やはりいろいろと悪名高かったことがえる。

その他、第501統合戦闘航空団リネット・ビショップが初期の公式相関図で「同僚の」と紹介されており、ウィルマ・ビショップと面識がある可性がある。

登場

初登場はノベルスオムスいらん子中隊シリーズ。死に場所をめていた心情を変化させ、智子と和解し戦友となる過程が1巻『スオムスいらん子中隊がんばる』にて描かれている。

同作の刊行が止まって以降は長らくストーリー媒体には登場しなかったが、ノベルアフリカの魔女 ケイズ・リポート』第3巻にて、「いらん子中隊」より数年後にマルタの救援に駆けつけたところで久々の登場となった。イラストコラ企画ワールドウィッチーズ」にも、スオムス義勇独立飛行中隊で登場している。

スオムスいらん子中隊』をフルリメークした『サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!』プレミアム特装版同梱ドラマCDでは行成とあが演じる。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/07/22(金) 12:41:52 ID: ciXneqJA+p

    おー、記事立て

    2009年4月はもう来ないかもしれない
    それでも待つのみ

  • 2ななしのよっしん

    2018/10/07(日) 20:27:34 ID: ab1iRHH2kM

    来たぞ、2009年

  • 3ななしのよっしん

    2018/10/13(土) 14:30:39 ID: 9SGBOFoJqo

    2009年が9年遅れでやってきた、々は空白の時間を過ごしこの時を待った。

    いらん子再始動

    あとアニメ3期やらなんやら

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP