今注目のニュース
「エサが謎肉でウケる」 カップヌードルの容器で作る「カッププードル」が話題に
大声で国歌斉唱しているか、騒音計アプリまで使って監視した学校が大炎上
福原遥「くぁwせdrftgyふじこlp」発音に反響

ギラヒム単語

ギラヒム

  • 7
  • 0
掲示板をみる(204)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ギラヒムとは、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』に登場する悪役である。

概要

ゼルダの伝説 スカイウォードソードに登場する悪役であり、リンクライバル的存在。
ダンジョンの一つ、望の殿に登場し、以後何度も戦うことになる。
これまでのゼルダに登場した悪役とは全く異なる雰囲気を放つ。
貴族的で余裕を持った振る舞いをするが喜怒哀楽の差がしく突然を荒げたりする。
魔族長とっており、ギラヒム様と呼ばれることを好む。
始めはリンク馬鹿にしているが、物語が進むに連れて本気になっていき様々な策を講じていくらしい。

ギラヒムとは3度戦うことになり、3度で本性を現す。正体はファイと同じ精霊であり、
その姿はファイを男にしてムキムキにしたような姿。最初の姿の面影は全くない。最初からやれ
終焉の者に仕え、ファイリンクを呼ぶように「マイマスター」と呼ぶ。

ネタキャラ要素

ここまでだと普通の敵キャラに見えるかもしれない。
だがE3 2011での体験版で多くのネタキャラ要素が含まれていた。

これらの要素、特にリンクの前で舌を出した行為によりニコニコ動画視聴者からは変態呼ばわりされている。
そして発売後。独特なセリフを喋り、自分のことを「美しい」と称する。やっぱり変態ネタキャラであった。
 

E3 2011

このようにネタっぽく解説してきたが、E3 2011で戦う時点でゼルダシリーズでもかなりの強さを持っている。
さらに変態と呼ばれるネタキャラとは思えないほど、一つ一つの動きが非常にスタイリッシュである。
このことから、ネタスタイリッシュを併せ持ったキャラであることがえる。 
(だからと言って自分のことを「美しい」と評するのはどうかと思うが・・・。)

戦闘終了時には、リンクを褒めると同時に意味深セリフを残し、余裕に満ちた表情で去っていく。
リンクの戦法を全に見切り、絶望させるような戦い方はかつてのダークリンクを彷彿とさせる。事実ファミ通インタビューで「イメージとしてはダークリンクに近い」と言されている。

 2011年9月21日に行われた任天堂カンファレンスでは、宮本茂氏が「私も随分懲らしめられました」と明かした。
社長が訊くによればどうやら相当ボコボコにされたようでスタッフに「強すぎる」と猛抗議弱体化の命を下したほどである。
 なお、その弱体化とは「どうしたら、倒せるようになるのか、もっと直感的にわかるようにしてほしい。」という非常に
ゼルダらしい物であった。

序盤のボス

 だが、こいつの本当に恐ろしい所は何と序盤のダンジョンボスとして出てくることである。
望の殿の一番にて待ち構えている。(ちなみにこの後、何度も出会うことになる。)

 この男には「ダメージの与え方さえわかれば簡単に倒せる。」というのが通用しない。アタック操作など、これまでのプレイで培われたプレイヤースキルで立ち向かうしかい。
 幸い、さすがに時オカリン冒ダークリンクのような理不尽な強さはない。ファイも相手をきちんと分析して相手の詳細、弱点を教えてくれる。
 ボコブリンを始めとするザコ敵相手に剣術練習を行い、などの装備品をきちんと用意し、ルピーやハートのかけらを集めれれば必ず倒すことが出来る。

「決して諦めるな。自分の感覚を信じろ!」

関連動画

ゲームPV。なおPVの時点ではネタキャラどころか悪役らしさすら感じさせず、キャラ扱いであった。

プレイ動画 彼のネタキャラ悪役街道はここから始まった。

ニンテンドー3DSカンファレンスと公式サイト。「全治年で許しておいてあげる」のセリフが確認できる。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/18(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/18(土) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP