グレートマジンガー 単語

469件

グレートマジンガー

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

グレートマジンガーは、1974年から1975年にかけて放映された東映動画制作テレビアニメ、またはそこに登場するロボット、またはその主題歌

原作 永井豪ダイナミックプロ
脚本 高久進
藤川桂介
安藤
音楽 渡辺宙明
制作 東映動画
製作 東映動画
話数 56話

概要

マジンガーZの続編。永井豪マジンガーZを長く続けたかったが、ポピーが新しい玩具を発売したくなったので製作された。しかし売り上げでマジンガーZを越える事はできなかった。

マジンガーZ最終回劇場版マジンガーZ対暗大将軍で鮮デビューを飾る。

最終回ではマジンガーZの方が立っていたがボスの助けもあり最後は決めた。

主人公剣鉄也戦闘のプロの名でしまれておりプロ関連の動画も多い。

氏によれば、本来は「グレート・マジンガー」とナカグロが間に入るのが正しいらしいが、番組のタイトルロゴからして間違ってるので「グレートマジンガー」でも問題はいと思われる。

主な登場人物

剣鉄也 - 野田圭一
主人公孤児で幼いころから過酷な戦闘訓練を受けて育てられた。グレートマジンガーに搭乗。戦闘のプロも参照。ジュン共々放送中に年齢設定が変更され、22歳から18歳となった。小遣いは1000円
ジュン - 中谷ゆみ
同じく孤児戦闘訓練を受けている。ビューナスAに搭乗。
- 柴田秀勝
科学要塞所所長。事故死したと思われていたがサイボーグとして復活していた博士兜甲児

主な楽曲

おれはグレートマジンガー - オープニング
歌:水木一郎コロムビアゆりかご会 / 作詞小池一雄 / 作曲渡辺宙明
勇者マジンガー - エンディング
歌:水木一郎コロムビアゆりかご会 / 作詞小池一雄 / 作曲渡辺宙明

主なロボット

グレートマジンガーの派生機・バリエーション

量産型グレートマジンガー
漫画雑誌『冒険王』に連載された漫画版に登場したグレート量産機
光子研究所製ではなく、設計図を奪われて他企業でつくられたいわば違法コピー品。
ゲームスーパーロボット大戦シリーズでも何度か原作再現で登場するほか、ザコ敵としても登場する事がある。
グレートマジンカイザー
漫画真マジンガーZERO VS大将軍』にて登場したグレートマジンカイザーバージョン
通常のグレートマジンガーに追加装備のグレートブースターを装備し、光子エンジンフル稼働して変身した姿。
終焉魔神ことマジンガーZEROに対しても短時間ではあるがまともに戦える凄まじい戦闘力を持つ。
マジンエンペラーG
ゲームスーパーロボット大戦V』に登場するゲームオリジナルマジンガー
真ゲッターのようにには瞳が入り、背中ウィングはいくつにも分れつつ足もとまで届くようになり、まるでマントのようにも見える。
2018年3月発売の『スーパーロボット大戦X』では同じゲームオリジナルとしての出自であるマジンカイザーとの共演が実現。合体必殺技まで披露している。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP