今注目のニュース
水着姿で無防備なカバさんチームをあなたのもとに!『ガールズ&パンツァー 最終章 抱き枕カバー 「カエサル」/「エルヴィン」』 予約受付開始
オール巨人さんがUFOを撮影!? 公開した写真にTwitter上で大きな反響
くさいニャ! ミカンに興味津々なネコちゃん、においに驚きすごい顔に

ドミニク・サン・ピエール単語

ドミニクサンピエール

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ドミニク・サン・ピエールDominique Saint-Pierre)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。
CV.平野文石黒監督版)、園崎未恵Die Neue These

概要

フェザーン市民帝国489年時に27歳前後。
色のを持つ女性美人でもあったものの、群を抜くほどの美貌ではなかったという。

フェザーン自治領アドリアン・ルビンスキーの情人であり、そのために各方面に大きな影を持った。フェザーン帝国に占領されたのちもルビンスキーの逃避行(というには勢だが)に付き添っている。

経歴

若い頃のドミニクは歌と踊りの才社会最上層にのぼりつめんとする野心の持ちで、歌手ダンサー女優などを経験した。躍動的な踊りや量豊かな歌、その利発さで評価を受けていた彼女は、自治領府の書記官であったころのアドリアン・ルビンスキーに見そめられ、その情人となる。その後、ルビンスキーフェザーン第五代自治領に就任した。

出会いから8年が経過した帝国489年、ルビンスキーの足はすでにドミニクのもとから遠のいていたが、シープスホーン地区の壮とした邸宅に住む彼女宝石店とクラブの経営者、貨物船数隻のオーナーといった立場にあり、なおルビンスキーの情人として政治家や大商人に影を有していた。

この当時のドミニクは、ルビンスキー打倒の野心を燃やす自治領補佐官ルパート・ケッセルリンクと交友があった。ルパートは実のであるルビンスキーに対抗するためにドミニクの協あおいでおり、彼女はその頼みによって地球教宗教デグスビイを堕落させるのに協している。しかしドミニクはいまだ本来どおりルビンスキーの味方であり、同年の帝国軍のフェザーン侵攻を受けてルパートルビンスキーを殺しようとした際には、彼女からの情報によってルビンスキーは難を逃れルパートを返り討ちにすることとなった。

以降のドミニクは、秘密シェルターに潜伏するルビンスキーに同行している。帝国の内務安全保障局も彼女を認識しており、ルビンスキー愛人にして各種の陰謀の従犯としてその行方を捜索していた。新王成立後、新帝国2年なかばには、内安全保障局長ハイドリッヒ・ラングに接触を試みたルビンスキーのため、自身の名前で内安全保障局に通信文を送っている。また、この時期のドミニクは、ルビンスキーの陰謀に供する的もあって、オスカー・フォン・ロイエンタール元帥との子を生したエルフリーデ・フォン・コールウシュを保護していた。

その後、ルビンスキー健康悪化を見届け、その死の直前まで付き従っていたが、彼が逮捕された際にはその場にはいなかったようである。しかし彼女は新帝国3年6月惑星ハイネセンで発生した大火の際、不審人物として検挙されたなかにはいっており、憲兵隊の取り調べを受けることとなった。ことが事犯に類するため、取り調べは厳重なものとなったが、ドミニクは冷静沈着、淡々として尋問に応じ、憲兵たちに強い印を残している。このときのドミニク情報提供により、この大火が皇帝ラインハルト暗殺を狙うルビンスキー最後の挑戦であったことが判明し、後世”ルビンスキーの火祭り”と呼ばれることとなった。

そして最後に、ドミニクは大きな情報帝国政府にもたらした。旧フェザーン自治政府地球教団、ヨブ・トリューニヒトの三者が秘密裏に繋がった相互利用関係にあったことが明らかとなり、ルビンスキー健康悪化がこの関係にもたらした変質をも緻密に追うことができたのである。この供述は、後世の歴史学や政治学に大きな研究課題を与えることとなった。

ドミニク自身は二ヶの勾留ののち、起訴猶予処分となり釈放されている。以後、消息を絶ったという。

他の人物との関係

アドリアン・ルビンスキー

情夫であったアドリアン・ルビンスキーにはフェザーン占領後ながく付き添っていたが、けして盲信的な関係などではなかった。互いに情がなかったとも言い切れないが、かなり複雑な関係が築かれていたことは疑いないところであろう。彼女ルビンスキーの陰謀を醒めきった視線把握しており、次第に気が小さくなっていくその内容を強に皮ることも多かった。彼女が病状の悪化が進んだルビンスキーにかけた言葉は、その最たるものだろう。

あんたが死んだあと、あんた皇帝ラインハルトにたいしてどうふるまったか、戦ったのか、それとも足をすくおうとしただけか、他人が決めてくれるわ。そして、あんたは、その評価に抗議することもできないのよ。

のちに受けた憲兵隊による尋問でも、ルビンスキー竜頭蛇尾についてわたしは同情しません。同情されても喜ぶような人ではありませんでしたから」るなど、アドリアン・ルビンスキーという陰謀の人となりをもっとも理解していた人物のひとりであった。

当のルビンスキーのほうはというと、全般的にドミニクの利発さを高く評価していたようで、しばしば自身の陰謀の内容について会話を交わしている。一応は情人関係とみなされていたにもかかわらず、(少なくとも潜伏後については)そのような情緒とは縁であった。いちどだけ、潜伏後のルビンスキーが何を考えたのかドミニクに自分の子を産まないかと提案したことがある。かつてルビンスキー息子殺しに加担させられたドミニクによる返答は、

あなたに殺させるために?ごめんこうむるわ

という、簡潔かつきわめて辛辣なものだった。

ルパート・ケッセルリンク

パート・ケッセルリンクに協してはいたが、のちのドミニクによるルパート評は「自分だけがりこうだと思っていて、鼻もちならなかった」というものだった(ただしこれは、実ルビンスキーに似て、という情夫への皮でもあった)。ドミニクもルパートに積極的に加担したわけではなく、あくまで打算的に有利なほうを選んだだけだったこともあって、ルパートの死には後味の悪さを感じていたようである。のちには、「ルパートは彼なりに正面から戦って死んだわ。あんたはどうかしら」と、陰謀を巡らせるうちに衰弱していったルビンスキーと対する言も残した。

生前のルパートからは、帝国フェザーン占領に際して「ルビンスキー地球教の関係を知る人」としてデグスビイを脱出させるよう示を受けており、ドミニクはルパートの死後もその示どおりにしている。この行動自体はルビンスキーも知るところだったが、そのきっかけとなったルパート示については、彼女ルビンスキーに黙していたことのひとつだった。

エルフリーデ・フォン・コールラウシュ

保護したエルフリーデ・フォン・コールウシュに対しては意外な憐の情があったらしく、子に医師をつけたうえ、ハイネセンに赴任していたロイエンタールに会わせるため商船を手配している。このために、ロイエンタール元帥叛乱事件に敗れて末期を迎えたロイエンタールは子のを見ることを得、その子はフェリックス・ミッターマイヤーとして親友ウォルフガング・ミッターマイヤー元帥に託されることとなるのである。

ルビンスキー行方を追っていた軍務尚書パウル・フォン・オーベルシュタイン元帥は、どこかの時点でドミニクによるエルフリーデの保護を察知していたらしく、ハイネセンでの尋問中にその行方ドミニクに尋ねたという記録がある。ドミニクは驚いた様子だったものの「知らない」と返答し、オーベルシュタインも追及はしなかったという。

石黒監督版OVAにおける登場

原作での初登場は正伝4巻策謀篇第三章、ルパートドミニクの館を訪ねたときであるが、OVAではよりく、正伝第一期から登場している。

最初の登場は第一期12話で、同盟軍の帝国領侵攻作戦に先立ちルビンスキーが駐在帝国弁務官ヨッフェン・フォン・レムシャイド伯爵を招いた山荘のとしてである(この時点では台詞し)。原作一巻ではこの場面で「所有者はルビンスキーの数多い情人のひとりだった」とあるのみだが、OVAではこの所有者をドミニクとして設定した格好となる。その後も14話で登場し、ルビンスキーフェザーンの思惑を披する会話相手を務めている。

第二期以降での初登場は原作での初登場場面と同じルパートが館を訪れるシーン(38話)で、以降、おおむね原作に沿ったタイミングで登場している。とはいえ、(原作同様)基本的にはルビンスキーを飲みながらオトナな会話を交わしているばかりである。

最後の登場も原作と同様で、109話において勾留ののちに釈放された時であった。

「Die Neue These」での登場

Die Neue These」でも登場が前倒しされ、展開上では石黒監督版よりわずかにい第9話「それぞれの」から登場。ドミニクの私邸らしき室内でルビンスキーフェザーンの姿勢について思いを巡らすシーン明篇第六章-Ⅴに相当する場面)にて、身支度を整えつつルビンスキーと会話し、にこまらなくなっても、ステージに立つのはやめないかという皮げな問いかけに自由を売ったおぼえはないわ」と返している。

次の登場も第10話と原作よりく、石黒監督版初登場シーンに相当する場面となった。ただし、こちらでは山荘の持ちかどうかは明確にされていない。こちらでも、ルビンスキーから同盟による帝国領侵攻に対応するフェザーンの思惑をられている。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2018/06/30(土) 15:05:21 ID: +GWXqjF9fn

    この人、原かつみ版では結局出てこなかったんだっけ?
    ルビンスカヤとどういう間柄になるか見たかった

  • 10ななしのよっしん

    2018/11/17(土) 00:01:38 ID: zgMraZQtSP

    ドーモ。ドミニク=サン。ピエールです

  • 11ななしのよっしん

    2018/12/24(月) 04:39:49 ID: gGgyuJcSQb

     細かいけど、エルフリーデ子はヒルダの案で施設(病院)に送られた時点で、ラング(軍務尚書)の手から離れていたのでは?

    それよりも、ルビンスキーは何を思ってこの子を連れて来るよう示したのかよくわからん。今更切り札にもならないだろうに
    特に子供フェリックス)。別に養子に出された後でエルフリーデのみでも良かったろうに

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP