今注目のニュース
「太陽の近くでは磁場がよじれている」人類史上初の太陽を間近で調査する探査機が新発見を報告
観月ありさ(42)現在の劣化した画像が出回り伝説の少女の面影が全くないと話題に
都内のマンションは「東京五輪後に暴落する」説を検証してみた

ブラックオックス単語

ブラックオックス

  • 2
  • 0
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ブラックオックスとは、鉄人28号ライバルロボットである。

概要

不乱拳博士製作したロボット。元は「知を持つ、鉄人駕するロボット」というコンセプトだったが覆面の怪人らの介入から対鉄人メカとして誕生した。

当初の思想通り、不全ながらも自立回路を搭載し、プログラミングをすれば一定の任務を遂行することが出来る。
催涙ガスを噴出するほか、内蔵された電波装置で鉄人リモコン電波を妨し、先からは熱線を放つ。
この熱線はロビーが放った戦闘ロボ軍団を時に壊滅させ、強固な装甲を持つギルバートすら溶解しているが、
鉄人に向けて発射されたことはい。多分、発射されていたら鉄人全に破壊されていた

なども鉄人と同等であり、正しく鉄人28号では到底勝てない敵のようなロボットである。
実際、鉄人オックスとの戦闘全に敗北し、リベンジを果たすこともかった。
鉄人に劣るのは飛行を持たないことくらいだが、これがオックスの敗因になることは考えにくい。 

不乱拳博士及びそれを支援するスパイ団と共に破壊活動を繰り広げ、遂には正太郎から鉄人すら奪取してしまうが、自衛隊の総攻撃を受けた末、偶然発生したデリンジャー鉄人ともども暴走してしまい、その隙にスパイ団が鎮圧された事で、ようやく事件は解決している。

事件解決後は警視庁によって鹵獲され、鉄人ピンチの際に登場する助っ人ロボとなった。

名前のオックスとはす単であり、直訳するととなる。
俗に「猫耳」と呼ばれている頭部の突起は、を意識したものとされている。

背気味の前傾姿勢や、シンプルながらも完成されたデザインから放たれる魅伝説的な人気を誇り、後世に大きな影を与えている。
パトレイバーグリフォンはその最たる例と言えよう。

ちなみに初代アニメ版では玉が描かれている。

その他のブラックオックス

太陽の使者 鉄人28号

鉄人べるとその面影を強く残しているが、顔は全に別物(原作ではのっぺらぼうだった顔が精巧に作られている)。 当初は不乱拳博士の頭を電子頭コピーされる予定だったが、不乱拳が殺された為に知は幼児並になってしまっている。本作では飛行を備えているうえ、から電磁線を放って敵を攻撃する事が可

原作同様、当初は敵として登場するが、不乱拳博士が殺された為に敷研究所にて引き取られ、鉄人の味方となって活躍する。最期は敵の催眠装置に操られて鉄人を攻撃した事に責任を感じ、単独で敵基地に攻撃を仕掛けるも、敵基地の自爆に巻き込まれて破壊される。この際、顔面のパーツ墓標の如く大地に突き刺さるシーンになっている。

超電動ロボ 鉄人28号FX

フランケン博士クローンフランケン・シュタイナーが開発した初代オックスの後継機だが、面影は色以外ど存在しない。正に現代のスーパーロボット的な外見であり、原点のシンプルさとは対照的。
飛行形態に変形可な他、両腕にはビームバルカン砲、背部には分子破壊ジェノサイドバスターを備える。

ネオブラック団ロボットとして金田探偵事務所鉄人28号FXを苦戦させるが、心したフランケンによって三郎に譲渡される。金田探偵事務所解散後はインターポール長官、金田正太郎直属の遊撃部隊として鉄人28号FXタッグを組んで全世界で事件を解決していく。本作のオックス物語の最後まで破壊されることはかった。

鉄人シリーズから奪った電動チップを内蔵している為、鉄人シリーズ兄弟機「鉄人29号OX」と呼ばれている。 他の鉄人と有線接続することで合体ダブルパワージェノサイドバスターを使用可であり、その威地球に飛来した巨大彗星を跡形もく消滅させてしまうほど。正直、役の鉄人28号FXより立っていた

2004年アニメ

上記の二体とは違い、ほぼ原作通りの登場。何かを引っ掻いたような特徴的な鳴きを放つ。
はほとんど元祖と同じで、電波によって鉄人化してしまう。しかし熱線は持っていない。
このにより、鉄人には二度も勝利を収めている。 

後にビッグファイア博士が敷重工のを使い量産化に成功。ダム編ではブラックオックス軍団が登場した。
この描写から、監督今川泰宏超兵器大量生産伝説が定説となる。

劇場版白昼の残月には登場しない。これは実写版含めオックスが出演しないしい作品の一つである。

皇帝の紋章

皇帝の紋章」争奪戦にアメリカ代表として参戦。建造者はフランケン博士
中世界初の人工知能を搭載しており、人が操縦せざるを得ない他のロボットとは格段の反応スピードの差を誇る。
またお染みの電波装置も搭載、先からは熱線を放射するなど、最強ロボットとして登場した。
初戦では鉄人を容易に撃破するも、再戦では正太郎の機転により未熟な人工知能の僅かな隙を突かれて敗北した。

新たなボディを得て復活した後はアリスドラネットが操縦、鉄人と共闘をしている。
この作品では、未熟な人工知能(5歳児程度)であるため迷子になっては困るとの理由から、いたとの説明がなされている。

DocomoCM

オックスが出演している。こちらのオックスは原典に近いデザインであるが、を飛んでいる。
ただし飛行鉄人には劣るようだ。 

オックス鉄人勝利するというしいが見られる作品の一つ。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2016/05/30(月) 23:57:46 ID: neWD+8ivcy

    >>22
    味方になる所もいいよね

  • 26ななしのよっしん

    2017/03/24(金) 20:59:55 ID: c9HdoX0OGs

    ブラックオックスシリーズ...完成していたの」
    的なやつ好き

  • 27ななしのよっしん

    2017/09/09(土) 18:41:33 ID: 4ED7fHSyxc

    鉄人関連の記事でガオ!が視されてないか

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP