アーマード・コアVI ファイアーズ・オブ・ルビコン 単語

アーマードコアシックスファイアーズオブルビコン

8.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
シリーズ

この記事はACシリーズを扱っている記事です。
シリーズ全体については以下の記事をご参照ください。

アーマードコア6
火を点けろ、燃え残った全てに

『アーマード・コアVI ファイアーズ・オブ・ルビコン』とは、2023年8月25日発売のアーマード・コアシリーズの新作である。

概要

ゲーム情報
ジャンル アクション
開発 FromSoftware Inc.
販売元
機種
発売日 2023年8月25日
価格
(税別)
通常版:7,900円
¥ 8,690 (STD/Steam)
¥ 9,680 (DX/Steam)
年齢 CERO:C
15歳以上対
その他 --
ゲームソフトテンプレート

フロム・ソフトウェアバンダイナムコエンターテインメントが共同開発した、約10年ぶりとなるアーマード・コアシリーズ

対応プラットフォームはPlayStation 5・PlayStation 4・Xbox Series X|S・Xbox One・PCSteam)。

フロムバンダイがこれまで手掛けてきた様々なタイトルエッセンスを取り入れた、新しいアーマード・コアコンセプト確立した一作になっている。

開発惑星ルビコン」で見つかった新資を巡り、各勢がそれぞれの思惑を胸にルビコンで暗躍を初め、その渦中に傭兵たちも飛び込んでいく……というのが大まかなストーリー

アセンブルで自分好みのメカを組み立て、行きのあるステージ三次元立体機動で自由に駆け巡り、ダイナミックな動きで多アクションを駆使し、ごたえのある敵に挑もう。

2017年頃から検討が始められ、2018年頃からプロトタイプ開発に着手し、2022年12月9日に正式発表に至る。身体は闘争を求めるアーマードコアの新作が出る」ネタが散々擦られた末の久々の新作ということもあり、発売後はSNS上で大きな盛り上がりを見せた。

ルビコン」は古代ローマ将軍ユリウス・カエサルえたに由来し、「一線をえる」や「禁忌」、「後戻りできない場所」などの意味を持つ。ちなみに宝石の「ルビー」とも同であり、コーラルPVでも舞っているい粒子)の産地であることにもかけているのだろう。

商品

通常版(Standard)とデラックス版(Deluxe)がある。デラックス版は「ゲーム本編」と「デジタルアートブックサウンドトラック」のセット仕様で、本編内容は通常版と全く同じ。

動作環境

最低環境 推奨環境
OS Windows 10 Windows 10
Windows 11
プロセッサー Intel Core i7-4790K
Intel Core i5-8400
AMD Ryzen 7 1800X
AMD Ryzen 5 2600
Intel Core i7-7700
Intel Core i5-10400
AMD Ryzen 7 2700X
AMD Ryzen 5 3600
メモリー 12GB RAM 12GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1650, 4 GB
AMD Radeon RX 480, 4 GB
NVIDIA GeForce GTX 1060, 6GB
AMD Radeon RX 590, 8GB
Intel Arc A750, 8GB
ストレージ 60GB 利用可 60GB 利用可
DirectX Version 12 Version 12
サウンド Windows Compatible Audio Device Windows Compatible Audio Device
その他 --- ---

あらすじ

惑星ルビコンにて、多き新物質「コーラル」が発見された。

次元エネルギーとして人類の文明を飛躍的に向上させることが期待されたが、破壊的なエネルギーを秘めたこの物質は惑星と周囲の々を焼き払う大災害を引き起こしてしまう。

それ以降、汚染と破壊により周辺宙域は厳重に監視され、ルビコンは封鎖惑星となった。大災害を生き残った僅かなルビコンの人々は残骸から物資をかき集めながら、か細い生を繋いでいた。

災害から半世紀後。ルビコンで例の物質が再度発見され、企業利権のために秘密裏に侵略を開始し、これに反抗する勢と衝突を繰り広げ、両者の争いは本格化の様相を見せ始めていた。

そして今、独立傭兵たちもまた、その渦中に身を投じようとしていた。

用語

登場人物・勢力

C4-621

主人公プレイヤーが操るアーマード・コアパイロットルビコン3現地で不正入手した「独立傭兵レイヴン」の名義を名乗ることになる。

個別記事を参照 → C4-621 / レイヴン(ACⅥ)

ハンドラー・ウォルター

C4-621の使役者。621を始めとする独立傭兵ハンドラー調教師)で、コーラルを獲得して一攫千を狙っている。

で手段を択ばない人物ではあるが、621を酷使しつつもその人間性には敬意を払い、さりげない気遣いを見せる老アウトロー

個別記事を参照 → ハンドラー・ウォルター

エア

C4-621ルビコン3で出会う。恐らく女性。本作のヒロイン

621にしか聞こえない、内部への「交信」でり掛けてくる。一人のルビコニアンとしてコーラル利権紛争の行く末を案じており、初めて交信に成功した621に協し、行動を共にするようになる。

個別記事を参照 → エア(ACⅥ)

ベイラム・インダストリー

ルビコン系外から進駐してきた企業の一つ。コーラルに関する利権を巡ってアーキバスと争っている。企業大豊核心工業集団が存在し、直属のAC部隊として「レッドガン」を擁する。

物量による制圧を得意とするが、惑星封鎖機構に妨され大規模な戦を持ち込めないルビコン3では思うように勢を拡大できていない。

製造ACパーツばった「質実剛健」デザインなものが多い。武装は実弾兵器

アーキバス・コーポレーション

ルビコン系外から進駐してきた企業の一つ。コーラルに関する利権を巡ってベイラムと争っている。企業シュナイダー社が存在し、直属の強化人間部隊として「ヴェスパー」を擁する。

先進技術開発ではベイラムに先んじており、企業軍の練度も高いが、反面人的資が不足している。

製造ACパーツは流線形のデザインが多い。武装はエネルギー兵器

ルビコン解放戦線

ルビコン3の土着民たちによって組織された武装勢ルビコン各地の要衝を占拠し、コーラルを奪おうとする企業の活動に抵抗している。

兵器の質・量では企業に及ばず、苦しい戦いを強いられているが、単純な勢規模と資は決して侮れない。

ルビコン土着勢力

軍需企業としてBAWS社とエルカノ社が存在する。BAWSベイラムアーキバスにも見なく兵器を販売しており、ゲーム中に登場する雑魚敵はベイラムアーキバス解放戦線も、基本BAWS製である。

「ドーザー」と呼ばれる流れ者の不法居住者たちも、各地で勢を築いているぶっちゃけ、ほぼヤクザ。その中でも「RaD」は高い技術を持ち、BAWSエルカノとも協してACパーツの独自生産を行っている。

ゲーム内容に関する要点

ストーリー、ミッション関連

武器関連

アセンブル(機体構築)

オンライン要素

その他ゲームシステム

関連動画

トレイラー時の反応

プレイ動画

関連静画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

メカニック

作中組織

作中登場事項

※項50音順で整列中

キャラクター

二次創作・その他

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/18(木) 00:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/18(木) 00:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP