今注目のニュース
テトラサイクリン歯って?歯が灰色に見えるコンプレックスの解消法とは
都内のマンションは「東京五輪後に暴落する」説を検証してみた
北日本や北陸は雪や雨 北海道は暴風雪に警戒

今川泰宏単語

イマガワヤスヒロ

  • 12
  • 0
掲示板をみる(256)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

今川泰宏とは、ぶっ飛んだ演出でおなじみのアニメ監督である。大阪府出身。

中には度肝を抜かれたりドン引きする人もいるかもしれないが、それは今川だからしょうがない

またの名を原作クラッシャー

アニメ関係者一覧

座右の銘は「Don't dream it! Be it!夢を見ずに、夢になろう!)」

概要

ロボットアニメで重宝される人だが、御大の出世作は、かの有名な『ミスター味っ子である。
とはいえ、監督作品のほとんどはロボットアニメを占めているということに偽りはない。
なんだかんだ監督業をしていくうちに、とうとうガンダムマジンガーゲッターといったスパロボ常連御三家全ての作品を制覇してしまった。
さらに巨大ロボットアニメの元祖、鉄人28号リメイクまで担当しているのだから驚きである。
このおっさん、ただの妙奇摩訶不思議なアニメクリエイターではない。実はすっごい偉大な方なのである。

今川監督のやりたい様にやらせると……
登場人物が男ばっかりになったり…
何故か料理漫画アニメで食材が踊りだしたり…
ロボ空気になりがちなアニメになったり…
やたらバッドエンドになったり…
制作費が足りなくなって製作期間が数年単位で延びまくったり
制作費を使いすぎて降させられたとか噂されたり…
何が何だかよくわからない状況になる。

演出にを奪われがちだが、テーマ王道なものが多い。特に親子についてとか罪と罰というテーマが見られる。
あとやたらバッドエンドが大好きである。罪と罰というテーマにこだわるあまり、最後に主人公などが罰せられてしまうからなのであるが、そう見ると全盛期に作っていたGガンや味っ子は、異色中の異色であると言わざるを得ない。

1987年料理対決アニメミスター味っ子』で監督デビュー
料理を食べた人があまりの美味さに、口から怪線を出したり、入院患者がいきなり元気になったり、大阪城を破壊したり、「これは料理アニメなのか?」と思わせるぶっ飛び演出を乱発。意外にもこれが好評だった模様で当初半年の放送予定が延長を重ねて、2年間の長期シリーズとなった。ついでに賞までとった今川演出のである。

原作クラッシャーとしても有名であり、『ミスター味っ子』や『ジャイアントロボ』をアニメと同じテンションだと思って読んでもガッカリしてはいけない。
むしろの向こうの人達はジャイアントロボ実写版を見て内容が違いすぎたため、すごい激怒したとか。

近年は演出ではなく、脚本家漫画原作者としての活躍しており、むしろアニメ監督に収まることは稀。
脚本に回ると流石に今川色は薄めだが、何故かそういった作品で今川作品の常連声優が参加することが多い。
家弓家正麦人など) 

女の子が活躍しなかったり、あんまりにも酷い最期を迎えることがあるが、断じて今川ゲイではない。
そこのスタッフだからあの作品か」とか言わない。
その辺の相は今川女の子書くのが苦手だかららしいが、そんな彼が七人のナナ原作監督してしまったりする。

一見好き勝手やっているようにみえるが、クリエイターとしては非常に実な人である。
→LDにおけるGガンダムインタビューexit

ちなみに今川先生非実在青少年規制反対漫画家が名前を連ねる中堂々と名をあげ、反対表明している。

今川監督が出来るまで

少年時代月刊漫画ガロを好む、いささか渋い趣味を持つ子供だった。それにすらマンネリを感じてアニメ方面の趣味から離れていたが、やがて『ロッキーホラーショー』というホラーミュージカル映画と出会い、没入するようになる。
その映画には当時吹き替えはなく、英語ばっかりで何を言っているかわからなかったが、今川はそれに感動して涙し、「よし、もこんな作品を作って、かを泣かせてやるぜ!」と、クリエイターすようになった、
この作品の一節に登場する「夢を見ずに、夢になろう!」は、記事冒頭でも記したように、今川泰宏の座右の銘となっている。

その後アニメーターを志して上し、タツノコプロの研修生となるが、数奇な運命により隣に座っていた飯田史雄の絵を見るやいなや「アニメーターに向いてねぇ!」と、即座に志を断念
なんと研修1日にして「やっぱ演出になりたい!」と心機一転して、偶然出会った笹川ひろしにその旨を訴える。その直訴が通じて、今川笹川事務所へと入所することになった。こうした、まるでフィクション物語のような連鎖によって、稀代の演出が誕生することとなる。

その後、ヤットデタマンで演出補佐として研鑽を積み、翌年にはいきなりフリーとなる。そして今度は『戦闘メカ ザブングル』をはじめとして、サンライズロボット作品の演出を多く手がけることとなる。
恐らくこの頃に、今川の運命に大きな混沌を放り込むこととなる巨匠富野由悠季と出会ったと思われ、1980年代に作られた富野由悠季監督ロボット作品には、『機動戦士Ζガンダム』の途中まで今川が演出としてよく投入されているのがわかる。
この間、聖戦士ダンバインにおいて今川が発案したオーラバトラーハイパー化演出は、アニメファンにとって今でもになっている。

サンライズ富野由悠季の元を離れてからは、『プロゴルファー猿』の演出を担当、そして、やはり奇抜という言葉だけでは驚嘆を表現出来ないくらいぶっ飛んだ才を発揮。大きな反を呼んだ。だけど今川ファンの間ではあまりれられない……。

プロゴルファー猿が終わるとまたサンライズに戻って、今川泰宏という男の名前を世に広く知らしめることとなった快作、『ミスター味っ子』の監督に就任することとなった。
もちろんこれが監督デビューだった今川だが、アニメ制作の頭となったことでますますその演出止めが掛からなくなりが冴え渡り、演出・今川泰宏の才爆発。その結果どうなったかは、アニメファンには言うまでもないだろう。

それ以降は監督業を中心としつつ、その独特過ぎる才々に堪させ続けている。

趣味・趣向

大阪出身であるため関西弁を好むそうだが、時を経ていくにつれ講演会などをはじめとして、の場でコメントを残すことはどんどんなくなっている。そのため、今川泰宏の人柄を詳しく知る人は少ない。

の場に姿を現すことが滅多にいため、その貌もあまり有名となっていない。数少ない写真を参考に言うならば、「メガネ」「」「つぶらな瞳」が特徴である。また、自分の素顔をすことこそあまりないものの、作中で今川を模したキャラ像などが出てくることは多い。

香港映画などにも広く精通しており、Gガンダムでは香港映画空気融合させたドラマCDまでもリリースしてしまっている。Gガンダムにおける名称や設定はこれをモチーフにしたものが多い。

一方でスタートレックファン、すなわちトレッキーとしても有名で、かつては雑誌で連載コラムを持っていたほどの筋入り。自作品の担当声優スタートレック吹き替え声優が多いのはそのためであると言われている。
横山光輝ファンでもあり、ジャイアントロボ鉄人28号制作に関しては特に喜び勇んで取り組んでいたようである。特技として声帯模写があり、秋元羊介真似られるくらいのスキルを持つという。

師弟関係

今川節

  1. 「そんな………いや、まさか………、そんなはずは………」
    相を知る人間だけが独りよがりにする。これによって視聴者は恐ろしく焦らされる。この焦らしが快感になる人は立今川ファンである。いや、しかし、そんなファンが本当に……だが、本当にそうだとすれば…!
  2. 「そう!」
    後文を強調するためによく使用される台詞博士キャラや参謀キャラに見られる。敷呉先生アンタらだよ。
  3. 罪と罰
    『犯した罪は何らかの形で償われなければならない』という今川作品の多くに通ずるテーマ
  4. 親父の遺したツケを息子が払わされる」
    親父自身は、純世界全体の事を考えての行動だったりするから、よけいに性質(たち)が悪い。
    今川「すべての親子にぐ…」
  5. 視聴者「これがロボットアニメだ……と………?」
    生身の人間ロボットを翻弄する、殴る、あげくの果てにぶっ壊す、なロボット涙目アクションが多く盛り込まれる。
    その分ロボットは(特に味方)切り札的な扱いをされやすく、インパクトが強い。
    ただし鉄人では予算の少なさから「こんな枚数じゃアクション立たねーよ(’A‘)」と鉄人の活躍を投げてしまった。
    その分劇場版鉄人TV版では想像もつかないバトルを見せている。予算さえあれば驚異的なアクションが見られるということであろう。
  6. 「敵と味方が大逆転、大混戦」
    ジャイアントロボが良い例である。
    といった構成になっている。ただしヨミは劇中に登場しない。
    その他、闇の土主人公が敵である血連を従えているなど、もはや敵味方お構いなしである。
  7. 「発想のが狂ってる」
    ゲッターG、ブラックオックスロケットパンチ大量生産。
    ヒゲを蓄えたオッサンが凧でをとぶ。
    指パッチンっ二つ。
    マンモスカニガンダム
    ヒント今川だからしょうがない

主なアニメ監督作品

漫画脚本も手がけており、代表的なものに『ジャイアントロボ ~地球の燃え尽きる日~』、『七人のナナ』などがあげられる。アニメ脚本では『蒼天の拳』、『バーテンダー』、『義風堂々!!兼続と慶次』などを手がけている。というか最近はアニメ漫画原作や脚本がメインになっている気がするが気のせいだと信じたい。

真(チェンジ)今川監督ゲッター

OVA真ゲッターロボ 世界最後の日」の監督を務めることが一時的にアナウンスされていた。
アニメ雑誌などでもこのことは大きく取り上げられており、今川ゲッターへの期待が高まっていた機運もあった。
が、発売されたソフト今川の名前はクレジットされておらず、雑誌でも降アナウンスされた。
ファンの間では「を使いすぎたせいで3話でクビになったんだろう」「作が合わなくて降ろされたんだ」などと好き勝手噂されている。

結局これに今川が結局関わったのかは不明だが、後に野中剛が今川がこの作品に関わっていたことを示唆するような発言をうっかりしてしまったことで、参加自体はしていたという噂の信ぴょう性が高まっている。

ちなみに予算使いすぎ説を裏付ける内容として、 ゲッターの細かすぎるナノマシン式変形シーンがあげられる。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 254ななしのよっしん

    2019/06/13(木) 15:52:31 ID: 4vC/A7XNTG

    いいことを思いついた。
    島本和彦作品を監督してもらおう。

  • 255ななしのよっしん

    2019/08/13(火) 16:16:46 ID: IWLvwf3+gS

    >>254
    やるなら尺的にもアニメ逆境ナインだな!
    やべえ、想像したらすっげえ面そうw

  • 256ななしのよっしん

    2019/10/08(火) 22:21:16 ID: 5VcDOBibwj

    もしかしてだと思うけど、この人、物語の序盤書くことにすごいこだわり持ってるんじゃないか?
    ていうか、物語は序盤こそ一番面いと思ってそう。
    だからゲッターロボも自分から途中で降したんじゃない?

    また、何かアニメ監督しないかな・・・。
    今度はオリジナルか、マクロス監督してほしい。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP