俺ら東京さ行ぐだ単語

オラトウキョウサイグダ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(78)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「俺ら東京さ行ぐだ」とは、吉幾三の楽曲である。

概要

1984年11月25日発売。作詞作曲、歌いずれも吉幾三が担当。

当時の邦楽としては画期的なほどに韻を踏んだラップテイストで、都会に憧れる田舎若者ストレートに歌い上げる自虐的な歌詞が特徴。

歌詞の内容を一言でいえば、「自分の住んでる村には何もないので上したい」というものである。
リズム良く繰り出される、田舎のかっとんだ様子が笑いを誘うが、「東京に出てからを飼う・を引く・銀座の山を買う」と結局田舎者の発想から抜け出せないあたりも面白い

発表当初、吉幾三の出身地である青森県木町(現在の五所川原)などからは「そこまで酷くない。馬鹿にしているのか」と非難々であったという(確かに1980年代ともなればここまで極端な田舎日本にほぼ存在していない。しかし、吉幾三の若い頃=1960~70年代であればまるっきり冗談というわけでもない)。
また、「レーザーディスクは何者だ?」というフレーズがあるが、これを受けてパイオニアよりLDプレイヤー一式とソフト吉幾三に贈られたというエピソードがある。これを受け、一時期この部分が「レーザーディスクはバケモノだ!」と変されて歌われていたことがあった。

曲名からして訛りで書かれているため、表記ゆれしい。
正しい曲名は「おら」ではなく、「俺ら」と書く(おら、と読む)。
また、「いくだ」ではなく「行ぐだ」である。漢字が用られ、東北訛りで「ぐ」にも濁点がついているのが正しい表記。 

ニコニコ動画では

ニコニコ動画ではこの楽曲を使用するMADは以前から存在していたが、特に注されるようになったのは2008年4月頃で、この曲と他の曲とのマッシュアップ人気を博し、この頃ヒットした動画現在でも吉幾三タグ付き動画再生数上位を占めている。

なお、吉幾三自身はこのマッシュアップブームに対して歓迎的であり、ブーム当時ニコニコ運営が謝罪に訪れた時には「権利関係はクリアにした方がいいが、その上で面白いことをするのは良い」「どんな形であれ、歌が歌い継がれるのは良いことだ」と応答している。

関連動画

オリジナル

マッシュアップ

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/24(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/24(木) 02:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP