今注目のニュース
アイドル・奥津マリリ 芸人・クロちゃんに勝利で「220枚でお願いします」とCD大量購入を要求
電車で座ろうとしたら… 後ろから来た女性にされた行為がトラウマに
逮捕のマホト、人気ユーチューバーから人間性を酷評されていた 「ほんまに気持ち悪い」

始祖鳥単語

シソチョウ

掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

始祖鳥とは、現在知られている中で最古級の鳥類のひとつである。

概要

脚亜
エルサウルス下
アルカエオプテリクス科
アルカエオプテリクス属
 Archaeopteryx
A.リトグラフィカ
 A.lithographica

基礎データ

学名はArchaeopteryx lithographica。「石版画(リトグラフ)用の石材から発見された祖先の」を意味する。カタカナではアルカエオプテリクス・リトグラフィカ、アーケオプテリクス・リソグラフィカなどと表記される。
ジュラ紀末(約1億4500万年前)のヨーロッパに生息していた。
最初の化石が発見されたのは1860年ドイツバイエルン州ゾルンホーフェンの採石場(学名にあるとおり石版画用石材の名産地)でのこと。
ここではランフォリンクスやプテロダクティルスといった翼竜や、魚類昆虫などの化石が多数発見されている。

全長は最大でも50cm程度。もっと巨大な怪鳥イメージしていた人も多いのではないだろうか。
全身を覆う羽毛空気力学的に適格な形状をした切羽、それによりとなった長い前肢軽量化された全身の格(特に頭)、大きななど鳥類としての特徴を数多く持つ。
しかし基本的には、走行に適した長い後肢と長い尾を持つ小恐竜の体形をしている。また口には、手には癒合していないと鉤が残っている。
このような恐竜鳥類の特徴はに近縁な恐竜の多くが多少は併せ持っており、恐竜鳥類の差はかなり埋められてきている。
化石の詳細な検討により、後肢にも切羽があったことが分かった。これはトロドン科のアンキオルニスやドロマエオサウルス科のミクロラプトルなどとも共通する。
また羽毛化石に残されたメラノソームの跡を電子顕微とX線で分析することにより、少なくとも初列覆というの一部分を形成する羽の先端はかっただろうと報告された。また内側は外側とべ薄い色だったようだ。

進化論上で果たした役割、鳥類の祖先探し

「失われた環(ミッシング・リンク)」

始祖鳥が論文に記載されたのは、折りしもチャールズダーウィンの「種の起」が出版され大いに物議をかもしていたっ最中であった。
当時は始祖鳥と同じような大きな分類群同士の中間の性質を示す生物が知られておらず、それが進化論の弱点として攻撃されていた。口に並んだ牙と手に備わった鉤、長いの通った尾という爬虫類的な特徴を鳥類アイデンティティーであった羽毛で覆った始祖鳥の姿はあまりにも出来すぎた援護射撃であり、論戦の火に油を注ぎまくった。
始祖鳥をとは認めず奇怪な爬虫類に過ぎないとする学者が、「グリフサウルス(グリフォントカゲ、混合的な怪物の爬虫類、の意)」という名前を理矢理付けようとしたりもした。また化石に残った羽毛跡は後から細工したものではないかという疑いもかけられた。今でもジュンク堂書店の地質学・化石鉱物の棚には、フレッド・ホイルチャンドラ・ウィクラマシンジが捏造疑惑を一冊に書き上げた「始祖鳥化石の」という本が並んでいる。まあぶっちゃけ言いがかりに過ぎないのだが。

「祖先の翼」の祖先は誰か?

時が経つにつれ始祖鳥が爬虫類鳥類の中間であるということは疑いなく認められるに至ったが、どの爬虫類から生じたものであるかは議論の余地があった。
当初から始祖鳥と体形のよく似た恐竜であるコンプソグナトゥスが見つかっていたため、恐竜鳥類の祖先であるという説はい段階からあった。しかし鳥類には左右の鎖骨が癒合した叉というがあるが恐竜鎖骨は知られていなかったため、恐竜を祖先とする説は長らく非常に不利であった。進化の過程で失われた器官と同じものが再び現れることはないとされているためである。
このため、恐竜ワニの祖先である槽類(現在では偽類と呼ぶ)、初期のまだ軽快な体つきをしていたワニなどを祖先とする説が流となっていた。
1970年代恐竜は単なる大爬虫類ではなく非常に活発な動物であったという認識の広まる「恐竜ルネッサンス」のさ中、ジョン・オストロムが恐竜にも鎖骨のあるものがいたこと、他にも恐竜脚類)と鳥類には様々な共通点があることを示した。これにより恐竜鳥類の祖先とする説は再び脚を浴び、活発な議論が喚起された。
恐竜祖先説を決定的なものとしたのは、1995年シノサウロプテリクス以来中国で相次いだ羽毛跡のある恐竜化石の発見と、最も鳥類に近縁な恐竜であるドロマエオサウルス類の研究の進歩である。

恐竜は絶滅していない

以下、初期に獲得した形質から順に、恐竜鳥類の共通点を挙げていく。カッコ内はその形質を獲得した分類群の名前である。カッコのないものは前のものに準ずる。

  • 肺に付随する気嚢を持ち、肺の中の空気を常に一方向に流してよどませないことで高い呼吸を得る。(類)
  • 二足歩行。(恐竜形類)
  • 盤に大腿頭がはまるがあり、前から見ると後肢ががに股にならず体の下に伸びる。(恐竜類)
  • 首がS字を描く。
  • を持つ。
  • 胴体が柔軟性を欠く。
  • 羽毛を持つ。(ただの毛のような羽毛脚類、羽軸のある羽毛:マニラプトル形類、切羽:エウマニラトラ)※鳥類と類縁関係のない盤類の恐竜でも原羽毛らしき繊維が見つかっている。
  • を持つ。(脚類)
  • が軽量化されている。
  • 尾が曲がりにくい。(テタヌラ類)
  • 前肢は三本
  • 肩が羽ばたくように上下に動かせる。(マニラプトル形類)
  • 深くカーブした鉤を持つ。
  • が細長い。
  • 手首がを畳むように左右に動かせる。(エウマニラトラ
  • が後方を向く。

尾端のある短い尾、後ろを向いた足の親突起のり出した大きな胸全に一体化した盤、全く曲がらない胴体、重心が前進したため常に膝を深く曲げていること、のないクチバシは鳥類になってから恐竜独立に獲得したものと考えられる。

残された疑い/始祖鳥は始祖ではない?

羽毛を持った鳥類的な恐竜はほとんどが始祖鳥より後の亜紀の地層から発見されている。
これは矛盾しているとする摘があるが、化石により全ての生き物が保存・発見されるわけではないので反論としては弱い。またジュラ紀中期頃にはすでに鳥類に近い恐竜がいたという拠が集まりつつある。
また同じ三本の手でも、化石からの推測で恐竜は親から中の三本とされるのに対し、発生過程の観察により鳥類は人差しからの三本とされていた。
失われたがまた発生することはありえないから両者は似て非なるものではないかと摘され、また実際には一方がもう一方と同じなのではないかと考えるにしても不明な点が多かった。
しかし最近、東北大学大学院生科学研究科で行われたより詳細な発生学的分析により、結局は鳥類も親からの三本であると判明した。
始祖鳥自身はアウロルニスのようなさらに前の時代に現れた鳥類の生き残りで進化流から外れており、現生鳥類の直接的な祖先ではないとされている。またヴェロキラプトルをはじめとするドロマエオサウルス科やトロドン科の恐竜姉妹群であり恐竜そのものであると位置づける意見も出てきた。しかし学名が変更されない限り、「始祖鳥」という呼び名も変わることはおそらくない。

始祖鳥の運動能力と生活

飛行に有利な点、不利な点

始祖鳥は発達したを持ち、飛行の制御には充分である。また切羽は洗練された断面形状をしており、羽の形状を見ると的な性は優れていたといえる。
しかしその切羽を支える手は癒合しておらず、強く羽ばたくには強度的に心もとない。手羽先の、がっちりと組み合わさったを思い浮かべてほしい。生前はあの部分が羽を支えている。
切羽の羽軸は現生鳥類が直径3mmほどで体重の10倍前後のに耐えられるのに対し、始祖鳥では直径0.75mmしかなく強度は体重の半分程度だった。このことも強い羽ばたきを行わなかったことを示している。また切羽同士が2枚だけではなく複数枚重なり合っていて、強度を確保するにはいいが、今の鳥類が羽ばたく時のようにを上げるときに空気を通して下向きのを減らす作用はなかったようだ。
また現生鳥類では盤と同じかそれ以上に大きい胸の「軟」に当たる)は始祖鳥では未だ突起も発達していないささやかなもので、羽ばたき続けるのに必要な巨大な筋肉の胸やささ身である)が付くスペースがない。
胴体も現生鳥類のような丈夫で全く曲がらないコンパクトカプセルになるには至っておらず、羽ばたきの筋に加わる揚を受け止めるには頼りない。重心もである前肢より後肢に寄っているため、長い尾の羽に働く揚によるバランスが不可欠である。
後肢はドロマエオサウルス類の恐竜に劣らず発達しており、走行は高かったと考えられる。以前言われていたのと違って足は全て前を向いていたため、枝をつかんで止まるのは上手くなかった。

生活の推定

以上のことから、飛行したといっても滑であり、四肢の鉤で木に登って他の木に渡るか、起伏やぬかるみで走りづらい地形を走行とジャンプと滑を組み合わせて移動するなど、足だけでは面倒な高低差のある移動を滑を交えることで楽に行っていたと思われる。程度の差こそあれ、他ののある小羽毛恐竜も同様だっただろう。
森林で生活していたとする説と、発見された地層が生層であることからチドリのように辺で暮らしていたとする説がある。前者なら昆虫を、後者なら甲殻類やゴカイなどを食としていたと考えられる。よく図鑑の挿絵にあるのと違い、中でトンボに追いつくのは難しかっただろう。

関連お絵カキコ

全体像
最初はこのお絵カキコを記事に用いていた。後に羽毛が少なくとも一部はかったと判明し修。

コンカベナトルシノサウロプテリクスナノティランヌスオヴィラプトルアンキオルニススカンソリオプテリクス類
羽毛恐竜。原始的なほうから順にコンカベナトル(従来は羽毛があると考えられていなかったアロサウルス類)、シノサウロプテリクス(コンプソグナトゥス類)、ナノティンヌスの幼体(ティラノサウルス類・「亜紀恐竜奇譚 ユタ」からの模写)、オヴィラプトル(オヴィラプトル類)、アンキオルニス(トロドン類)、スカンソリオプテリクス類。

孔子鳥♂
亜紀の鳥類である孔子(コンフシウソルニス)のオス。尾に飾り羽のないメスの化石も見つかっている。手に注意。亜紀にはこのようなエナンティオルニス類のが栄えていたが、亜紀の終わりに絶滅した。

関連動画

関連商品

この項の参考文献でもある。

関連項目

掲示板

  • 19ななしのよっしん

    2015/05/12(火) 20:52:09 ID: CvlYAcKny9

    >>17
    今じゃ脚類恐竜の大部分が羽毛持ちだからなぁ

  • 20ななしのよっしん

    2015/10/05(月) 16:11:53 ID: FITkHb77q0

    ものそい記事が充実してて笑った。書いた人も描いた人も

  • 21ななしのよっしん

    2016/03/21(月) 07:55:40 ID: mv0D8rqftl

    それは、になれなかったのように見えた

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP