今注目のニュース
iPhoneのアラームが電車で鳴り響く…一瞬で音を小さくする裏ワザ
『デレステ』開発スタッフに聞いてみたいことを緊急募集!
筧美和子、5年務めた「JJ」専属モデル卒業

青天井単語

アオテンジョウ

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

青天井とは

  1. 青空天井に見立てていう)青空。野
  2. 青空は果てしなく高いことから)物価の値段や数値などが制限に上がること。
  3. 2項に関連する、麻雀の特殊ルールのひとつ。本記事にて解説

※ 1・2項は広辞苑より引用

青天井ルール

身も蓋もなく言ってしまえば、満貫とか跳満なんてなかった。 である。

従来の麻雀には得点がインフレし過ぎないように満貫といった一種のリミッターが存在している。
最高役の親役満でも48000点と、理屈の上では逆転も可というに調整がなされているワケである。

で、青天井ルールとは、このリミッターを外し延々と低得点時に使用される計算式を適用し続けるルールである。
念のため、その計算式も記載しておく。

符点×2(翻数+2)×n  (下2ケタ切り上げ)
※翻数+2の"+2"はバンバン・場ゾロなどと呼ばれているもの。そういう物として加算しよう。
※"×n"は子ロンで4倍、親ロンで6倍。子ツモは対子1倍・対親2倍、親ツモ全員に対し2倍。

……べき算の要素が強いのでちょっと暗算は難しい。かといって表にすると……。

とりあえず、1役増えるごとに点が大体2倍になると覚えておけばある程度は大丈夫である。

さて、カンのいい人は上の数式で気がついたかもしれないが、倍満・三倍満あたりになると点数がヤバイ
倍満のラインの8翻。仮に40符、親ロンとして上の数式に当てはめると40×210(=1024)×6≒245,800。
三倍満の上限、12翻で50符親ロンなら……? 50×214(=16384)×6=4,915,200。これはひどい

じゃ、役満は……?

役満の扱いには2通りのルールが存在する。

1. 固定点

上の数式の×nを除いた部分を2,500,000に固定。収入は親1500万点、子1000万点である。
非常に簡単ながら、下記の13翻役扱いをした場合とべると大体の場合は下回る。詳しくはそちらで。

2. 13翻役

役満を13翻役として扱い、さらにドラ重複役を加算するまさに青天井というルール
得点は非常に大きくなるが、役満の前提になる役を加算するか否かという点が大きな問題となる。
分かりやすい例を挙げれば、九蓮宝燈清一色は含むか否か。仮に含めば実に19翻役となる。
まずないと思われるが、実際にプレイする場合は一応決めておいた方が難である(記事下部に一覧表を記載する)。

先ほど『固定点』で述べたが、13翻役ルールで固定点ルール役満点をえるライン40符14翻。
つまり、国士無双重複役規定が厳しでなければまず突破できる。
ちなみに国士無双の符点は特別な決めがない限り30である(面子の符点が0。門前前提の手なので30符が約束される)。

麻雀にある、高点取りの原則をここでも採用して最低でも固定点は保するというケースもある。

実際にやりたいんだけど計算が……

ノートパソコンExcel(などの表計算ソフト)で解決できます。

A B C
1
2 (符点を入してください) 場ゾロ抜きの翻数を入してください)
3
4 ロン =ROUNDUP(B2*(2^(C2+2))*4,-2)
5 ツモ =ROUNDUP(B2*2^(C2+2),-2) =-(ROUNDUP(B2*(2^(C2+2))*2,-2))
6 ロン =ROUNDUP(B2*(2^(C2+2))*6,-2)
7 ツモ =ROUNDUP(B2*(2^(C2+2))*2,-2) ALL

こう打ち込めば(コピペすれば)簡単に青天井計算機の出来上がり!(26翻までは楽々対応)
三人麻雀の時は北分の点の扱いを考慮してカスタマイズしてください。
※ "-"は1000-2000といった表記にするための疑似ハイフン。左寄せ推奨。

付録 役満・重複一般役表

基本的には、一般役の複合可否を単純に役満まで拡したものを考えていく。
すなわち、以下のような考え方に基づいて一般役が役満に対して独立的であるかどうかを分類していく。

  • 「役Aの状況ならば必ず役Bの状況も発生する」場合、役Bはカウントしない。
    例:二盃口成立時の一盃口
  • 「役Aであって役Bでない状況が存在する」場合、役Bが成立していれば役Bもカウントする。
    例:タンヤオピンフの関係、一般的な状況における立直
    • (補足)「役Aの状況ならば役Bか役Cのいずれかが選択的に発生する」場合、役Bと役Cのうち発生した方をカウントする。
      例:混老頭成立時の対々和七対子

この考え方を採用すると、青天井以外でも例えば「役満数え役満によるダブル役満を認める」などといった緩いルール正にも合理的に対応できる。是非活用していただきたい。

各役の役満との独立性は○×で示したが、これらのうちどれを複合役として認めるかどうかは各々の取り決め(ソフトウェア実装とも言う)を尊重したいので、敢えて「複合する?」という問いに答える形での断言はしないこととする。
なお、×(従属する役)と(他の取り決めによって○か×になる役)についてはある程度一般的な範囲で網羅しているはずだが、○については見落としやすそうなものを挙げるに留めている。 

役満 一般役 独立している?
天和
地和
門前清自摸和 × 1巡の門前ツモがこれに相当するため、下位と見なせる。
国士無双 混老頭 × オチュウのみを用いるため、下位と見なせる。
チャンタはそもそもホンローの下位なので考慮外。 
大三元 各種三元 × 」「」「中」がそれぞれ大三元の下位と言える。
四暗刻 三暗刻
対々和
× それぞれ全下位。
門前清自摸和 四暗刻単騎ツモ四暗刻を異なる役と捉える場合、後者に門前ツモが必ず従う。
字一色 混全帯幺九 × はヤオチュウの部分集合なので、チャンタ字一色の下位互換と言える。
各種役牌 どの役牌が乗るかが確定していないため、各種役牌上位互換ではない。 
対々和
七対子
2択でどちらかが発生する。
緑一色 混一色 緑一色を認めている場合は「ホンイツじゃない緑一色」が存在する。
認めていない場合は必ずホンイツ形になるため、全下位になる。
断幺九
清一色
し限定でこの2つも同時に成立する。
役牌() しを認めているかどうかにかかわらず、が刻子でないパターンが構成可
清老頭 純全帯幺九 × 全下位。
対々和
七対子
七対形の4枚使いを認めている場合は2択になり得る。
認めていない場合は必ず対々形になるため、トイトイ全下位になる。
小四喜 各種 どのが刻子になるかが確定していないため、各種上位互換ではない。
混一色 面子が数であれば成立。字であれば字一色が成立する。
大四喜 各種 × 大三元と同じ考え方で、「場」「自」が必ず従うとすれば下位と見なせる。
対々和 × 全下位。
混一色 頭が数であれば成立。字であれば字一色が成立する。
九蓮宝燈 清一色 × 全下位。
一気通貫 1または9が4枚になるケースでのみ成立する。
四槓子 三槓子
対々和
× それぞれ全下位。
大車輪 二盃口
清一色
× それぞれ全下位。
平和 1~7や3~9を認めている場合、3や7が辺になる可性がある。
2~8のみしか認めていない場合はどので待っても必ず両面になる。
断幺九 1~7や3~9を認めている場合、2~8のみがタンヤオの要件を満たす。
2~8のみしか認めていない場合は必ずタンヤオ形になる。
四連刻 三連刻
対々和
× それぞれ全下位。
清一色 頭も含めて数字が連続した同色数でなければならない場合は必ず複合する。

関連項目

掲示板

  • 23ななしのよっしん

    2015/07/11(土) 09:08:26 ID: uXZV4onMyi

    >>22

    ごめん、なんかいろいろ勘違いしてたわ
    少なくともこの形だとダブリーは成立出来ん

  • 24ななしのよっしん

    2016/08/21(日) 15:14:55 ID: YpjqvIwpE0

    >>18
    なんか桁が多すぎてCookie Clickerを思い出した
    麻雀の点数には見えねえww

  • 25ななしのよっしん

    2017/11/20(月) 23:21:23 ID: sR8EuYuIxU

    四暗刻=13翻・大四喜=26翻として扱い、どっちの役にもトイトイを加算しないという取り決めの場合
    四暗刻大四喜」の複合役満完成させたら、何翻になるのだろう?

    四暗刻は「トイトイを含んで13翻」大四喜は「トイトイを含んで26翻」なんだから、単純に13+26で計算すると、トイトイが二重カウントされてるように見える。
    ダブった分を引いて13+26-2=37(+他ドラ等)で計算するのが合理的か?

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP