SEALs単語

シールズ

3.8千文字の記事
掲示板をみる(84)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

SEALsシールズ)とは、アメリカ海軍特殊戦コマンドに所属する特殊部隊である。
正式名はNavy SEALs(United States Navy SEALs/ネイビー・シールズ

ここではSEALsより生したDEVGRUについても記述する。

概要

アメリカ軍には「アメリカ特殊作戦軍(USSOCOM)」と呼ばれる、陸軍軍、および海兵隊のそれぞれの特殊部隊を統合揮する部署がある。そのうちの「アメリカ海軍特殊戦コマンド(U.S.NAVSPECWARCOM」の管轄部隊で、2つの特殊戦グループ、8つのチームで編成されている。

もともとは第二次世界大戦中の水中破壊工作部隊(UDTから発展しており、ベトナム戦争中に河川や沼沢地域での活動を的に発足した。

SEa()、Air)、Lands(陸)文字を取られてSEALsシール = アシカダブルミーニング)と呼ばれているように、あらゆる地形での作戦が可とされている。

その成り立ちからして特に路からの潜入や際での作戦、艦上油田などの上施設での対テロ作戦定評がある。最近ではイラクアフガニスタンなどの内陸部においても長期の展開が行われているとされている。

特殊部隊そのものとして歴史アメリカ軍でももっとも古い。そのため数多くの戦いに参加しており、また作戦で失った人員数も数多い。特殊作戦を理解しない海軍上層部の理解も多分にあるともいえるが
グリーンベレーをはじめとする陸軍特殊部隊とはある意味ライバル意識があり、作戦環境や軍種の違いなどから、異なった組織文化が養われている部分がある。

現在、SEALsは以下の編成となっている。

海軍特殊戦グループ1:太平洋方面担当
├ チーム1 : 極東アジアを除くアジア太平洋全域担当
├ チーム3 : 中東地域担当
├ チーム5 : 極東アジア担当(北朝鮮情勢にかんがみて韓国に常駐)
├ チーム7 : アメリカ西海担当
└ SEAL輸送チーム1 : SEAL輸送潜艇専門部隊

海軍特殊戦グループ2:大西洋方面担当
├ チーム2 : ヨーロッパおよび地中海担当
├ チーム4 : アメリカ本土担当
├ チーム8 : アフリカおよび地中海担当
├ チーム10 : アメリカ東海担当
└ SEAL輸送チーム2 : SEAL輸送潜艇専門部隊

チーム9は欠番チーム6は後述するDEVGRUとして独立(したとされている)。

輸送チームSEAL輸送潜艇(SDV)と呼ばれる小の潜艇を操作するが、密閉式ではなく、長時間にわたる水中での作業をめられる。その為、高度な水中訓練を受けたSEALs隊員でなければ搭乗できない。

SEALsの選抜は「基本水中爆破訓練(BUD/S)」によって行われるが、これは数ある特殊部隊の中でも極めて過酷な選抜試験と言われている。毎年志願者は100名前後だが、予備試験後に80名前後に落選、その後約6ヶに渡るBUD/S期間中に7割~8割程度が落選する。そのあまりの過酷さっぷりは驚きとしかいいようがない。特に「ヘルウィーク」と呼ばれる期間のすさまじさは有名で、5日間を通じて睡眠時間は僅か4時間。チーム対抗戦によってチームメイトとの協が強くめられ、体限界まで追い込まれる事で心身に異常を来たす者さえいるという。これは、極限状態において本性を見せ、仲間を見捨てて自分を優先させる志願者を見つけて排除する為である。

その後も訓練は続き、晴れてSEALs隊員になるにはおよそ2年6ヶを要するという。

SEAL Team Six / DEVGRU

SEALsのチーム6は対テロ専門部隊DEVGRU(デヴグルー)として独立しており、海軍特殊作戦コマンドではなく、JSOC(統合特殊作戦コマンド)の揮下にある。正式名称は「United States Naval Special Warfare DEVelopment GRoUp:海軍特殊戦開発グループ」で、公式には陸での戦術や技術の試験・開発を行なう部隊とされているが、実際には対テロ作戦のみならず誘拐や暗殺といった秘密作戦も行なうといわれる。[1]

※DEVGRUという名称は1987年に付けられたものだが、ビンラディンを排除する作戦Operation Neptune Spear海神作戦)」を遂行した部隊として有名になってしまった為、今は表記名を変更したといわれている。[2]

アメリカ軍特殊作戦史上の痛恨事、「イーグルクロー作戦 [3] 」の結果をうけて誕生。SEALsの中でも、特に優秀な隊員を集めて編成された。現在に至るもアメリカ特殊戦海軍では存在がおおやけに認められていない部隊でもある。その為、情報が伝聞形になるのはご容赦を。

ただでさえ精鋭のSEALsの中から選り抜きの隊員を引き抜いて編成されるという性質上、その訓練は上記の過酷な訓練を上回るものだという。訓練も年間を通じて休みなく、特に射撃訓練では、9mm弾の消費量および経費が1年間でアメリカ海兵隊全体のそれを上回ったらしい。

任務内容は対テロ大量破壊兵器拡散阻止のほか、敵国内における高価値標の奪還ないし暗殺とされている。

SEALs/DevGruが登場する作品

作品名 種類 内容
ネイビーシールズ 映画 SEALsそのものを描いた作品。
脚本を手がけたのは元SEALs隊員。隊員役には俳優キャスティングされる予定だったが、現役隊員が役を務めるというガチっぷり。
ザ・ロック 映画 難攻不落の要塞・アルカトラズに侵入する主人公達と共に突入するチームがSEALs。また、元DevGru隊員がSEALs隊員役で参加している。
ティアーズ・オブ・ザ・サン 映画 主人公達のチームがSEALs。最初はダイハード4.0になる予定だったが、「アフリカ民族浄化虐殺)」というテーマが重く、別映画になった。
G.I.ジェーン 映画 SEALsの訓練課程に参加した女性兵士主人公。女であるが故によりも厳しく当たられるが、自ら女を捨てて根性を見せ、周囲が徐々に仲間として認識していく過程が描かれる。
キャット・シット・ワン'80 コミック 擬人化ならぬ擬獣化されたキャラクターによる、戦場群像劇アメリカ陸軍の偵察チームCat Shit One隊長パッキーウサギ)がかつてSEALsで訓練を受けている。
ヨルムンガンド コミック 欠番「9」を名乗る極秘部隊、通称「ナイトナイン」が登場。夜戦を得意とし、その強さから主人公達に「今まで見た中で最強の連中」と言わせる。
メタルギアソリッド2 ゲーム プラント編の敵役「デッドセル」はSEALs内の秘密部隊と言う設定。その他やられ役としてもSEALsが活躍(?)する。
Civilization4
(Civ4)
ゲーム アメリカのUU(固有ユニット)で海兵隊代替ゲーム的な使いやすさは微妙
Call of Duty: Modern Warfare 2
(CoD4:MW2)
ゲーム キャンペーン「Only Easy Day...Was Yesterday(日本語タイトルオンリーイージー・デイ)」でNPCとして登場する。マルチプレイヤーでも登場勢の1つとして登場。
Call of Duty: Modern Warfare 3
(CoD4:MW3)
ゲーム キャンペーンHunter Killer」で主人公フロスト達とともに行動する。
Call of Duty: Black Ops Ⅱ
(CoD:BO2)
ゲーム 主人公デイビッド・"セクション"・メイソンの所属がSEALs。ただしいくつかの海外サイトではU.S.Navy SEALs Team6と書かれれており、DevGruの可性もある。マルチプレイヤーの登場勢としても登場。
レインボーシックス ゲーム トムクランシーの同名小説原作とするシリーズ世界規模のテロ活動に対応する為、や組織の垣根をえた精鋭を集めた部隊「レインボー」の活躍を描く。最新作「シージ」においてSEALsから2名の隊員がオペレーター(プレイアブルキャラクター)として参戦。
スプリンターセル ゲーム トムクランシー監修のステルスゲームおよびシリーズ主人公のサム・フィッシャーはSEALsチーム3出身で、NSA秘密部隊「サードエシュロン」の工作員スプリンターセル」として作戦に参加する。またサムの友人でありPMCを経営するヴィクターコステもSEALs時代の同僚であり、サムにとっては命の恩人でもある。
PAYDAY2 ゲーム ピエロマスクをかぶった4人組の強盗となって様々な犯罪をこなすFPSオリジナルメンバーChainsが元SEAL(ゲーム中ではsを削除して実在のSEALsに配慮している)隊員という設定。トレイラーでは警察に追われるも、高度な水泳・潜スキルで生還するシーンが見られる。

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *最強 世界特殊部隊図鑑」坂本学研プラス 2014 p.68
  2. *解説 特殊部隊ホビージャパン 2017 p.99
  3. *1979年テヘランで起きたアメリカ大使館人質事件をうけて1980年アメリカ軍が行った人質救出作戦。四軍全て投入されたが失敗し、12名の死傷者を出す大惨事となった。 → イーグルクロー作戦(Wikipedia)exit
この記事を編集する

掲示板

  • 82ななしのよっしん

    2021/10/17(日) 20:40:54 ID: wjQk6+OqKA

    クラス234のボート訓練で言ってる「ほめい訓練」って何?

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 83ななしのよっしん

    2021/12/05(日) 14:39:25 ID: jsJGOaqUZ6

    SOCOMの統合運用と四軍との手柄争いのために苦手じゃないにしろ別部隊の得意分野である地上作戦にも駆り出されてる印

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 84ななしのよっしん

    2022/04/13(水) 18:02:21 ID: B5TVsIVZ2a

    >>81

    参考もなにも、決まった装備なんかなくて全部自調達だから、使いやすいのを適当えるのが正解。
    そもそも彼ら、作戦中はパッチや階級章や星条旗さえ着けないから、一見してどこの部隊かわからない。

    >>83

    アフガンで山岳部隊と一緒したら、すぐバテたとか。
    カッパを陸に上げてしかも空気が薄いところに行かせるなんて、動物虐待じゃねーか。

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/30(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/30(月) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP