今注目のニュース
舐めても決して舐められたくはない猫、クレアの場合
「野生の猫に椅子を取られた」 職場の同僚とキャンプに行ったら猫ちゃんが合流→たき火が一気に和やかに
完全に喋ってる!食事の時間になると「食べる!」と喋って猛烈アピールしてくるパグが可愛すぎると話題に!

OUYA単語

ウーヤー

  • 2
  • 0
掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
さがさないでください さがさないでください
まあ、そっとしておいてやんな。

OUYA! – The revolution will be televised.
(革命テレビ放送される)

OUYAとは、アメリカOUYA社の据置ゲーム機である。

「OUYA」と書いて「ウーヤー(発音 /ˈuːˌjɑː/)」と読む。

概要

2013年6月25日に発売された据置ハードで、「Wii U」「PlayStation 4」「Xbox One」と同じく第8世代のゲーム機として数えられている。

OUYAの大きな特徴はAndroid (Jelly Bean) をベースに開発されているオープンラットフォームという点である。

ソフトウェア開発ライセンス料は無料、そしてソフトウェア開発キット(SDK)も無料開と、技術さえあればでもゲームを開発、開することが可なのである。 課金システムの採用は自由だが、ソフト提供は「無料」が義務付けられており、ユーザーは基本的に無料ゲームを楽しむことができる。 ソフトオンライン配信であり、OUYA内蔵の専用マーケットからダウンロードする。 ドライブは有していない。

“Hackers welcome.” を掲げており、本体のAndroidルート化したり、本体のUSBポートやBluetoothを経由して独自のソフトインストールするのもOKとしている。 さらに本体も普通ネジで簡単に開けられるなど、ハードソフトもハック認という今までに例を見ないオープンゲーム機である(販売されるソフト論ハック不可)。

The revolution will be televised.” のスローガンには、近年スマートフォンブラウザゲームに押され気味な「テレビゲーム」復権の思いが込められている。

予定されている本体価格はコントローラー込みで99ドル(日本円で約8000円)と非常に安価なのも特徴。

また、AndroidOS向けにNintendo64エミュレータを開発しているデベロッパによると、OUYAにも対応予定で、すでにOUYAの承認を得ており、公式ストアに陳列される予定だという。

この他にも、NESSNES(スーパーファミコン)のエミュレータ公式ストアで配信予定で、往年の名作を遊ぶ用途での活躍にも期待がかかる。ゲームROMの入手方法は、購入者の良心に委ねられるが。

発売後は・・・

2013年11月23日にはストレージ容量を倍にし新コントローラーを同梱したホワイトVer($129)が発売された。また、2014年1月31日にはホワイトスペックを引き継いだブラックVer($129)が出ている。

また、2013年10月には「新しいコンソールのイテレーション(ソフトウェア開発サイクル)が2014年には利用できるようになる」ことが、プロジェクトを率いるCEOのジュリーウルマン(Julie Uhrman)より示された。

しかし、ユーザーメディアからの評価は芳しくなく、「Tom's Hardware」では「ぬるい(lukewarm)」と感想をまとめておりexitブログサイト「TechCrunch」では2013年ガジェットのワーストに挙げられておりexitアメリカフォーブス誌においては「死んでいる(Basically Dead)」などと酷評されているexit

買収・終了

2015年7月PC関連製品の企業Razer社によって買収されたことが明らかになった。[1] [2]

Razer社はOUYAが保有する全てのソフト資産などを取得しており、またOUYA側の従業員なども受け入れることを表明。ただしCEOであったジュリーウルマンは退社することとなり、これでOUYAはRazer社のもとで展開されていくことになる。

……かと思いきや、Razer社はすでに自社の家庭用ゲーム機として同じくAndroidベースの「Forge TV」を販売・展開しており、買収の対にOUYAのハードウェア部門は入っていない。また、Razer社が表明した今後の方針も「OUYAのユーザーをOUYAから自社のForge TVへ移行させること」だった。つまりゲーム機のOUYAはサービス終了とされ、全に終わる形となるようである。[3]

購入について

日本ではゲーム機が販売されておらず、日本語ローカライズも行われていない。また、通販エリアからも外れている。

購入したい場合はAmazonなどから並行輸入品として買うしかない。※関連リンク参照

仕様・スペック

公式サイトexitにある仕様は以下のとおり。 

OS Android 4.1 (Jelly Bean)
CPU NVIDIA Tegra3 クアッドコア(4コア)
メモリ 1GB RAM
内蔵ストレージ フラッシュメモリ 8GB / 16GB
映像 HDMI端子、1080p HDサポート
通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n、イーサネットBluetooth LE 4.0
接続端子 USB 2.0 x1Micro USB x1
コントローラー 線接続、アナログスティック x2, D-pad、8ボタン式 + メニューボタン x1タッチパッド対応

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ゲーム周辺機器メーカーの“Razer”が、Android家庭用ゲーム機“OUYA”のソフトウェア資産買収を発表 (ファミ通.com 20150730)exit
  2. *約10億円もの出資を集めたAndroidベース家庭用ゲーム機の「OUYA」が買収される (GIGAZINE 20150728)exit
  3. *あくまでRazer社の的は、ゲーム機のOUYAではなく、OUYAの顧客とユーザーアカウント情報およびソフトウェア資産などが欲しかっただけだと思われる。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/06(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/06(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP