今注目のニュース
「危ない仕事かも…」 会社名を教えてくれない彼氏の勤務先とは
祖母の葬儀で『仲の悪い兄』と再会 「やはり私の兄は…」
ギャルママ、反抗期迎えた中3息子の行動に涙 「ふと見ると…」

Vampire Killer単語

ヴァンパイアキラー

掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Vampire Killerとは、悪魔城ドラキュラシリーズの関連用の1つ。大きく分けると

  1. ヴァンパイアハンター」の一族、ベルモンドに代々伝わるの名前。
  2. シリーズを代表する楽曲の1つ。本稿で解説。
  3. 1994年に発売されたメガドライブゲームソフト。こちらはバンパイアキラーの表記が多い。

概要

初出は初代「悪魔城ドラキュラ」のステージ1のBGM作曲FCグーニーズサウンドを手掛けた寺島里恵氏(初代悪魔城サウンドを手掛けた山下絹代氏の海外インタビューexitにてStage1のBGM寺島氏が作曲したとっている。)
それ以降のシリーズでも幾度となくアレンジされてステージBGMに使われており、「Bloody Tears」と並ぶシリーズを代表する楽曲となっている。(→ドラキュラ三大名曲

特に有名なアレンジ悪魔城伝説の「Dejavu」であろう。ゲーム後半の悪魔城に突入するステージでこのアレンジが流れるのだが、主人公ラルフ悪魔城に行くのはこの時が初めてである。だがプレイヤー達だけは100年後の戦い(初代「悪魔城ドラキュラ」)と原曲の「Vampire Killer」を知っているのだ。その曲のタイトルが「Dejavu」、これほどまでに完成されたシチュエーションが他にあるだろうか。

悪魔城ドラキュラ Vampire Killer
1451
悪魔城伝説 Dejavu -Vampire Killer-
4341

どちらも極めて忠実に原曲再現されているのだが、悪魔城伝説の方が格段に音が良い事がお分かり頂けるだろう。同じファミコンなのになぜこんなにも音が違うのか?その秘密はコナミが開発したVRC6と言う音チップにある。関連動画メドレーがあるので、色々聴きべてみるのも良いだろう。

音楽ゲームへの展開

シリーズの1つある「ジャッジメント」にアレンジされたバージョン(編曲浅田靖)は音楽ゲームGuitarFreaksV6」&「DrummaniaV6」に移植された。クリップも「DEATH NOTE」などでおなじみの小畑健氏によるものが使われている。
当時の解禁条件が特殊で、「悪魔城ドラキュラ The Arcade」のデータがあればプレイだった。しかし同作が稼働してる店が少なく、プレイできなかった人が大勢いた。後に条件で解禁された。
ジャッジメント版は後にBeatStream アニムトライブにも収録された。クリップ小畑健による物からQrispy Joyboxによるファミコンディスクシステム版初代のプレー動画に差し替えられているが、ジャケット担当の「く帰れるはずだったもとこ」から察するにムービー収録をく終える予定だったかも知れない。また、ビースト以前はjubeat plusGITADORAパックで配信されており、AC版ではQubellの期間限定QUBE「掘りすぎ!dig Rush」にて収録された。

アーティスト 浅田
BPM 128
ムービー(BS) スクロールならオハコQrispy Joybox
ジャケット(BS) く帰れるはずだったもとこ
譜面難易度 GuitarFreaks & DrumMania
Vシリーズ以前 GITADORA Matixx
BASIC ADVANCED EXTREME BASIC ADVANCED EXTREME MASTER
Guitar 24 51 82 3.95 6.70 8.10 -
Bass 22 50 - 3.50 5.70 6.55 -
OpenPick 26 54 83 - - - -
Drum 22 39 73 2.65 4.80 7.45 -
BeatStream jubeat
LIGHT MEDIUM BEAST NIGHTMARE BASIC ADVANCED EXTREME
3 8 10 - 3 7 9

Vampire Killer scar-ed Pf rmx

アーティスト fu_mou
BPM 130
難易度 NOVICE ADVANCED EXHAUST GRAVITY
2 6 12 -
ジャケット制作 晩杯あきら -
譜面制作 Megacycle -

SOUND VOLTEXでは、fu_mouによるリミックスが収録された。ジャケットイラストの担当は、「紅魔城伝説」のキャラクターイラストレーションを務めた晩杯あきらこっちくんな元祖ツマミ放置譜面だが、鍵盤でも現行のLv12では適正にはやや厳しい配置がある。

登場当初、EXH譜面は解禁条件が厳しく、gentle stress wobble rmxADV譜面AAAクリアしなければプレイ出来なかった。同譜面がLv9局所難のため、当時苦労したプレイヤーも多いはず。現在は大幅に安いBlcで購入できるほか、TRACK LIBERATIONによってタダで解禁することもできる。

この他にもpop'n music 15 ADVENTUREに収録された「悪魔城ドラキュラメドレーハイヴリッド・ヴァージョン~」では1曲の楽曲として登場。同曲は近年のシリーズ作品の多くの楽曲を手掛けている山根ミチルによるアレンジが施されている。

関連動画

原曲


初代「悪魔城ドラキュラ」からシリーズ代々のVampire Killerが聴ける。

上記メドレーには含まれていない物をいくつか。

BEMANIシリーズ 

二次創作

関連商品

 悪魔城ドラキュラ Harmony of Despairexit

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/15(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/15(日) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP